充電器込みEV自動車リース
電気自動車の自宅充電にかかる電気代を解説

電気自動車の自宅充電でかかる電気代を計算

電気の力で走行する電気自動車(EV)は、充電用の設備があれば外に出なくても家庭充電でまかなえます。

電気代は料金プランのなかでの変動はあっても、ガソリン料金のように日常的にコロコロ変わることはなく、ガソリン車の給油代よりも経済的です。

電気自動車を自宅で充電する場合、どのくらいの電気代がかかるのでしょうか。

この記事では、電気自動車の自宅充電にかかる電気代とともに、自宅・外での電気代を抑えるポイントをご紹介します。

電気自動車の導入を検討されている方に役立つ内容となっていますので、ぜひ参考になさってください。

電気自動車を一般家庭で充電する方法

電気自動車の充電は一般家庭でも可能であり、簡単な工事で充電器を設置できます。

自宅に充電設備があればいつでも都合がよい時間に充電でき、充電のために外出する手間もかかりません

ここでは、電気自動車を自宅で充電する方法をご紹介します。

自宅で充電する場合は普通充電器が主流

電気自動車の充電設備には、大別して「急速充電器」と「普通充電器」の2種類があります。

自宅に導入する充電設備は小型の普通充電器が主流で、コンセントのみのタイプであれば数千円(本体価格のみ)から販売されています。

急速充電器は街中の充電スタンドに設置されていることが多く、戸建てやマンションといったプライベートな場所に設置されるケースはほとんどありません。

電気を蓄えるバッテリーは電気自動車の心臓部であり、電気自動車を構成する最重要部品のひとつです。

普通充電器を使うと200Vで4〜8時間程度の充電時間がかかりますが、ゆっくりと時間をかけて充電する分、バッテリーへの負担を軽減できるメリットがあります。

基本的には自宅で充電し、移動途中のつぎ足しとして急速充電を利用するのがよいでしょう。

日常的な利用であれば満充電せず8割程度に調整

急速充電設備で充電すると満タンにはならず、8割程度で充電が完了するのが一般的です。

フル充電になる前に止まる理由は、充電が進むにつれて電力が入っていかず満充電までには時間がかかること、過充電によるバッテリーの発熱や発火リスクを避けることが挙げられます。

普通充電設備であれば満タンになるまで充電することも可能ですが、電気自動車のバッテリーは一気に充電するよりもゆっくり充電し、フル充電よりもその手前でストップする方が長持ちするといわれています。

遠出以外の用途で電気自動車を使うのであれば、普通充電設備であっても8割程度の充電で調整するのがおすすめです

おすすめは時間帯で単価が変動するプラン

電気自動車を自宅で充電する場合、電気料金プランは時間帯によって単価変動があるタイプがおすすめです。単価が安くなる時間帯を電気自動車の充電時間にあてることで、電気代を節約できます。

また、電力会社によっては電気自動車向けのプランもあるため、自宅充電設備の導入を検討する際は電気料金プランもあわせて検討するとよいでしょう。

電気自動車の自宅充電にかかる電気代

電気を動力源とする電気自動車は、車載バッテリーに充電した電気の力でクルマを動かします。自宅で充電する場合、電気代はどのくらいかかるのでしょうか。

ここでは、電気自動車の自宅充電にかかる電気代を計算し、充電費用とガソリン代を比較していきます。

充電にかかるひと月の電気代を計算

電気自動車の充電に必要な電気代は、契約する電気料金プランの「電気料金単価」を用いて計算します。

東京電力グループの小売電気事業者である東京電力エナジーパートナーの料金単価は次のとおりです。

東京電力エナジーパートナーの従量電灯Cプラン

〜120kWh 19.88 円
120〜300kWh 26.48 円
300kWhを超過 30.57 円

参考:東京電力エナジーパートナー株式会社『料金単価表‐電灯(従来からの料金プラン)』(https://www.tepco.co.jp/ep/private/plan/chargelist01.html)

電気の使用量に応じて単価が上がっていくプランであり、自宅充電をメインとする場合は「120〜300kWh」もしくは「300kWhを超過」の料金単価になると考えられます。

ここでは、120〜300kWhの料金単価「26.48円」を用いて電気自動車の充電にかかる電気代を計算します。

電気自動車の電費(1kWhあたりの走行距離)を6km、ひと月の走行距離を800kmとした場合に必要な電力量は約133kWhです。

  • 26.48円/kWh×133kWh=3521.84円

電気自動車の自宅充電にかかる電気代は約3,500円になります。

充電費用とガソリン代を比較

次に、電気自動車の充電にかかる電気代とガソリン車の給油代を比較していきます。

比較対象車種の燃費を1Lあたり20km、レギュラーガソリンの料金を1Lあたり140円とすると、ひと月の走行距離を800kmとした場合に必要なガソリンは40Lです。

  • 140円(1Lあたりのガソリン料金)×40L=5,600円

ガソリン代は自宅充電の電気代(約3,500円)よりも高く、電気自動車の方が経済的といえます

ただし、ガソリンは価格の変動が頻繁におこなわれます。

ガソリン単価が上がれば電気代との料金差はさらに大きくなりますが、反対にガソリン単価が下がれば電気代との料金差は小さくなるということです。

レギュラーガソリンの料金を1Lあたり115円とし、その他の条件は上の試算と同条件で計算した結果は次のとおりです。

  • 115円(1Lあたりのガソリン料金)×40L=4,600円

電気自動車の電気代とガソリン車の給油代の比較まとめ

電気単価
26.48円の場合
約3,522円
ガソリン
単価140円の場合
5,600円
ガソリン
単価115円の場合
4,600円

自宅充電の電気代とガソリン車の給油代を比較する際は、ガソリン単価の変動も考慮して計算するとよいでしょう。

EVの電気代を抑えるには?

電気自動車の充電にかかる電気代を抑えるには次のような方法があります。

電気代の節約は電気自動車のランニングコストを下げることにつながるため、取り入れられるものがあれば積極的に取り入れましょう。

料金単価が安い夜間電力を使用する

電気自動車を自宅で充電する場合は、料金単価が安い夜間電力を使用するのがおすすめです。

一般的に夜間の時間帯は日中よりも電気の利用量が少ないため、多くの電力会社では夜間の料金単価が安くなるプランを取り入れています。

東京電力エナジーパートナーの電気料金プランには、時間帯によって単価が変動する「夜トク8」と「夜トク12」があります。1kWhあたりの料金単価は次のとおりです。

夜トク8の電気料金(1kWhあたり)

午前7時〜
午後11時
午後11時〜
翌午前7時
32.74円 21.16円

夜トク12の電気料金(1kWhあたり)

午前9時〜
午後9時
午後9時〜
翌午前9時
34.39円 22.97円

参考:東京電力エナジーパートナー株式会社『夜トクプラン』(https://www.tepco.co.jp/ep/private/plan/yorutoku/index-j.html)

普通充電設備の場合、200Vでの充電時間は4〜8時間です。夜トク12と比べると夜トク8で夜間料金が適用される時間帯は短めですが、よりお得な電気代で電気自動車を充電できます。

夜トクプランで電気自動車を充電した場合

【夜間】夜トク
8の電気代
2,814円
【夜間】夜トク
12の電気代
3,055円
【日中】夜トク
8の電気代
4,354円
【日中】夜トク
12の電気代
4,574円

※電気自動車の電費を6km、ひと月の走行距離を800km、必要な電力量を約133kWhとした場合の試算

注意点として、夜間電力が安いプランでは、日中の料金単価が通常よりも割高になる傾向があります。日中の電気使用量が少ない方、または夜間の電気使用量が多い方が向いているでしょう。

自動車メーカーの充電サポートを利用する

電気自動車を製造する各自動車メーカーでは、全国の充電スタンドに対応する充電カードを発行しています。

使い放題の定額プランや使った分だけ支払う従量プランなどがあり、電気自動車の走行距離や外での充電頻度を考慮して自分に合うプランを選択できます。

トヨタ自動車「EV・PHV充電サポート」

プラン 定額
プラン
従量
プラン
月額
基本料金
1,100円/月 なし
普通充電 使い放題 2.75円/分
急速充電 16.5円/分 16.5円/分

参考:トヨタ自動車株式会社『EV・PHV充電サポート』(https://juden-support.jp/File/UserGuide.pdf)

日産自動車「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3」

プラン
プレミアム10
プレミアム20
プレミアム40
シンプル
プランに
含まれる
急速充電回数
(10分/回)
10回分 20回分 40回分 設定なし
(都度課金/
10分500円)
月額
基本料金
4,000円/月 6,000円/月 10,000円/月 500円/月
3年定期
契約料金
2,500円/月 4,500円/月 8,500円/月 設定なし

参考:日産自動車株式会社『ZESP3』(https://www.nissan.co.jp/EV/CHARGE_SUPPORT/ZESP3/index.html)

三菱自動車「三菱自動車 電動車両サポート」

プラン
ベーシック
プレミアム
コーポレート
(法人のみ)
月額
基本料金
550円/月 1,650円/月
(無料充電
500円分含む)
1,100円/月
普通充電 1.54円/分 無料 1.32円/分
急速充電 13.20円/分 8.80円/分 8.80円/分
急速充電
(三菱自動車
販売店)
5.50円/分 5.50円/分 5.50円/分

参考:三菱自動車株式会社『三菱自動車 電動車両サポート』(https://ev-support.mitsubishi-motors.co.jp/)

充電カードを持っていない場合、急速充電器の利用料は約1,650円かかります(55円/分で30分充電した場合を想定)。

一方、トヨタの充電サポートに加入した場合、定額・従量プランともに16.5円/分で急速充電器を利用でき、料金は約500円と非常にお得です。

日産、三菱の充電サポートも同様にお得な料金設定で利用できるため、街中の充電スポットを利用する場合は加入しておきましょう。

【まとめ】EVの充電費用はガソリン代よりも経済的!

電気自動車の充電設備は簡単な工事で一般家庭に導入でき、充電にかかる電気代はガソリン代よりも経済的です。

電気料金が時間帯によって変動するプランの場合、単価が安くなる夜間電力を利用して充電することで電気代の節約につながります。

また、各自動車メーカーが発行する充電カードがあれば、街中に設置された充電器をお得な料金で利用できます。

電気自動車の車両価格はガソリン車よりも高い傾向がありますが、充電にかかる電気代を抑えることでランニングコストを下げられます。

電気自動車の導入にあたっては、最適な電気料金プランや充電サポートを検討するために、電気代がどのくらいかかるのかあらかじめ把握しておくことをおすすめします。

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー