充電器込みEV自動車リース
自宅に導入可能な電気自動車の充電用屋外コンセントを紹介

電気自動車の充電コンセントをメーカー別に紹介

自宅に導入可能な電気自動車の充電用屋外コンセントを紹介

電気自動車の充電設備は簡単な工事で自宅に導入でき、いつでも自由にクルマを充電できます。

電気自動車用の充電器にはさまざまな種類がありますが、おすすめはケーブルが付いていないコンセントタイプの充電器です。

壁に取り付けるタイプは数千円から購入でき、手軽に充電設備を取り入れられます。

この記事では、自宅に導入できる電気自動車の充電設備について、EV充電用コンセントの種類や各メーカーから販売されているコンセントタイプの充電器をご紹介します。

人気の電気自動車やプラグインハイブリッド自動車の充電時間・航続時間も一覧でまとめていますので、EVやPHEVの導入を検討されている方はぜひ参考になさってください。

電気自動車を自宅で充電する方法

電気自動車は電気を動力源とするため、クルマを動かすには外部から電気を取り入れてバッテリーに蓄える必要があります。

電気自動車の充電器には自宅のような限られたスペースにも設置可能なタイプがあり、簡単な工事でEV・PHEV用の充電設備を導入できます

普通充電器なら簡単な工事で自宅に導入できる

電気自動車の充電器には「普通充電器」と「急速充電器」があり、自宅に設置するのは小型の普通充電器が一般的です。

充電時間は4〜8時間程度かかるため、電気自動車を長時間使用しない時間帯を充電にあてるのが一般的です。一般家庭の電気設備でも設置でき、コンセントのみのタイプであれば最小限の工事で導入できます。

急速充電器は高速道路のサービスエリア、道の駅、ガソリンスタンドなどに設置され、主に道中のつぎ足し用として利用されています。

電源プラグをコンセントに接続するだけの簡単操作

電気自動車の充電方法は、車両に標準装備されている充電ケーブルのプラグをコンセントに接続するだけです。

コネクタは電気自動車の車体後部やフロント部にある充電口に差し込みます。

充電器によっては保護カバーや鍵が付いているタイプもあり、いたずらや盗難防止の対策として効果的です。

電源プラグをしっかり奥まで差し込むとロックされる仕組みになっているため、充電中にケーブルが抜けてしまう心配はありません。

ただし、ロック機能が働くのは電気自動車やプラグインハイブリッド自動車充電用の電源プラグを差し込んだときのみです。専用ではない電源プラグを差し込んでもロック機能は働きません

EV・PHEV充電用コンセントの種類

EV・PHEV充電用コンセントの種類

電気自動車の普通充電器には「コンセントタイプ」と「充電ケーブル搭載タイプ」があります。

コンセントタイプには充電ケーブルが搭載されないため、電気自動車の車載ケーブルを使用します。

EV・PHEV充電用コンセントは、さらに次の2種類に分かれます。

壁面取付タイプ

壁面取付タイプのコンセントは、自宅や事務所など建物の壁に直接取り付けます。

コンセントの設置場所が固定されるため、電気自動車の充電口と建物が近い場合に向いているタイプです。

本体価格は数千円から販売されており、コンセントのみのタイプはごく限られた小スペースにも設置できるため、比較的導入しやすいといえます。

スタンドタイプ

スタンドタイプのコンセントは、屋内にも屋外にも設置できる自立型です。

本体価格は10万円前後と壁面取付タイプよりも高額ですが、建物に直接充電器を取り付けられない場合、充電場所と建物が離れている場合でも充電器を設置することができます。

スタンドタイプにはコンセントユニットを追加して拡張できるタイプ、課金や認証機能を有するタイプといったパブリックエリア向けの商品もあり、さまざまな施設に設置されています。

【メーカー別】EV・PHEV用屋外コンセント一覧

電気自動車やプラグインハイブリッド自動車の充電用コンセントは、複数のメーカーから販売されています。

コンセントを選ぶ際は、設置方法(壁面取付タイプorスタンドタイプ)や安全性、定格電流・電圧、サイズなどが基準になるでしょう

ここでは、市販されているEV・PHEV充電用コンセントをメーカー別にご紹介します。

パナソニックの商品ラインアップ

大手電機メーカー・パナソニックではさまざまなコンセントタイプの電気自動車用充電器を扱っており、カラーバリエーションやオプションの種類も豊富です。

コンセントのみのタイプは100V用で3,100円、200V用で3,500円(ともに税別)と、リーズナブルな価格で手に入ります。

パナソニックから販売されているコンセントタイプのEV・PHEV用充電器は次のとおりです。

種類
品名
品番
定格
寸法
希望小売価格
(税別)
100V用 接地屋外コンセント
(露出・埋込両用)
(ホワイトシルバー)
WK4311S 15A
125V AC
H126×W87
×D84.6
3,100円
100V用 カバー付接地
屋外コンセント
(簡易鍵付)
(露出・埋込両用)
(ホワイトシルバー)
WK4411S 15A
125V AC
H190×W87
×D90
9,600円
100V用 充電スタンド
ELSEEV mine
本体 100V シルバー
DNM011S 15A
100V AC
H1590×W215
×D185
99,400円
200V用 15A・20A
兼用接地
屋外コンセント
(露出・埋込両用)
(ホワイトシルバー)
WK4322S 20A
250V AC
H126×W87
×D84.6
3,500円
200V用 カバー付15A・20A
兼用接地
屋外コンセント
(簡易鍵付)
(露出・埋込両用)
(ホワイトシルバー)
WK4422S 20A
250V AC
H190×W87
×D90
10,000円
200V用 充電スタンド
ELSEEV mine
本体 200V シルバー
DNM021S 20A
200V AC
H1590×W215
×D185
99,800円

日東工業の商品ラインアップ

多種多様な電気機械器具を扱う日東工業では、電気自動車用のコンセントだけでなく、EV・PHEV用ブレーカーや専用回路付ユニット、ホーム分電盤なども扱っています。

電気自動車用コンセントはダイヤル錠やシリンダー錠など扉に付ける鍵を選択でき、セキュリティの面でも安心です。

日東工業から販売されているコンセントタイプのEV・PHEV用充電器は次のとおりです。

種類
品名
品番
定格
寸法
希望小売価格
(税別)
100V用 Pit コンセントタイプ EVP-1R1 15A 125V AC H770×W205
×D137
63,900円
200V用 Pit コンセントタイプ EVP-1R2 20A 250V AC H770×W205
×D137
64,300円
200V用 EVRシリーズ EVR-1R 20A 250V AC H290×W260
×D196
31,200円

河村電器産業の商品ラインアップ

受配電設備や屋内外配線器具を扱う河村電器産業では、「EVコンポ」という電気自動車用充電器を販売しています。

EVコンポには自立型「プライムS」、壁掛型「プライムW」、樹脂製壁掛型「ライト」の3種類があります。

カタログの定格は「AC200V 20A」となっていますが、3種類とも100V充電仕様への組替に対応可能です

河村電器産業から販売されているコンセントタイプのEV・PHEV用充電器は次のとおりです。

種類
品名
品番
定格
寸法
希望小売価格
(税別)
200V用 EVコンポプライム
(自立型)
ECPS AC200V
20A
H1200×W230
×D185
102,900円
200V用 EVコンポプライム
(壁掛型)
ECPW AC200V
20A
H860×W230
×D145
52,200円
200V用 EVコンポライト
(電源スイッチ付)
ECLG AC200V
20A
H402×W170
×D142
13,600円

電気自動車の充電時間と航続距離

電気自動車の充電時間と航続距離

電気自動車の充電時間は、充電設備やバッテリー容量によって変わってきます。

一般的には普通充電なら4〜8時間程度(200Vの場合)、急速充電なら30〜60分程度かかるといわれています。

ここでは、国内メーカーから販売されている主な電気自動車とプラグインハイブリッド自動車について、それぞれの充電時間や航続距離をまとめました。

電気自動車(EV)

電気自動車の充電時間と航続距離は次のとおりです。

バッテリー容量が大きい日産リーフは充電時間が長くかかりますが、より多くの電気を蓄えられる分、航続距離も非常に長くなっています。

メーカー
車種
普通充電時間
急速充電時間
航続距離
(WLTCモード)
日産自動車 リーフ
(40kWh)
約8時間
(200V 6kW)
約40分で
80%充電
322km
日産自動車 リーフ
(62kWh)
約12.5時間
(200V 6kW)
約60分で
80%充電
458km
ホンダ honda e 約6時間
(200V)
約30分で
80%充電
283km
マツダ MX-30
EV MODEL
約5時間
(200V 6kW)
約40分で
80%充電
256km

プラグインハイブリッド自動車(PHV/PHEV)

プラグインハイブリッド自動車の充電時間と航続距離は次のとおりです。

トヨタのプリウスPHVは電費がよく、普通充電器でも2時間20分程度で満充電に達します。

メーカー
車種
普通充電時間
急速充電時間
EV走行換算距離
(WLTCモード)
トヨタ自動車 プリウスPHV 約2時間20分
(200V)
約20分で
80%充電
60.0km
三菱自動車 アウトランダーPHEV 約4時間(200V) 約25分で
80%充電
57.6km
ホンダ クラリティ
PHEV
約6時間(200V) 約30分で
80%充電
101.0km

まとめ

電気を動力源とする電気自動車、電気でもガソリンでも走れるプラグインハイブリッド自動車を所有する場合は、自宅への充電設備の導入を検討することになるでしょう。

普通充電器にはケーブルが搭載されていないコンセント型があり、壁に直接取り付ける壁面取付タイプ、自立できるスタンドタイプに分かれます。

自宅に導入すればいつでも都合のよい時間に充電でき、街中の充電スポットやガソリンスタンドへ行く必要はありません。

電気自動車用の充電器にはさまざまな種類があるため、コンセントの種類や設置場所、定格などを基準に最適なものを選びましょう。

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー