マイカーリース
自己破産をした場合のマイカーリース契約や車両の取り扱いについて徹底解説

マイカーリースを自己破産しても審査に通るか解説

月々定額で新車を借りられるマイカーリースでは、契約期間中は毎月継続して支払いが発生します。

マイカーリース会社としては、契約者がリース料金を滞りなく支払っていけるか判断しなければならないため、マイカーリースを利用する際には審査が必要です。

マイカーリースの審査では、契約者の収入や債務履歴が確認されます。過去に自己破産の経験がある場合、マイカーリースを利用することはできるのでしょうか。

この記事では、マイカーリースは自己破産をしても利用できるのかお伝えするとともに、リース期間中に自己破産をした場合はどうなるのか解説していきます。

マイカーリースは自己破産をしても利用できるのか

自動車をローン契約で購入する場合と同様に、マイカーリースでも契約時には審査を受ける必要があります。

マイカーリースは自動車を「借りる」契約ですが、継続的に支払いが発生するため、リース料金の支払い能力がなければ契約できません。

マイカーリースの審査では、契約者の信用情報や債務履歴が確認されます。過去に自己破産をした場合は信用情報機関に事故情報として登録されるため、情報が掲載されている間は審査を通過することはできないでしょう。

そもそも自己破産とは

自己破産とは債務整理のひとつであり、借金を返済していく見込みがないことを裁判所に認めてもらうことで、すべての債務の支払い義務が免除される手続きです。

自己破産をすると借金の負担がゼロになる大きなメリットがある一方で、マイホームなど一定以上の価値がある財産は手放さなければなりません。そのほかにも、事故情報として信用情報機関に登録されたり、国の広報誌「官報」に住所や氏名が掲載されたりなどのデメリットがあります。

事故情報の登録期間は5〜10年程度

自己破産を含め債務整理を行った場合は、信用情報機関に事故情報として登録されます。

いわゆる「ブラックリスト入り」であり、事故情報が登録されている間はローンやキャッシングなどの新たな借り入れはできません。マイカーリース契約においても、審査を通過することは不可能でしょう

信用情報機関とは、個人の信用情報(本人の属性、ローンやクレジットカードの契約内容、返済状況など)を管理する機関です。日本には次の3つの信用情報機関があります。

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

自己破産の事実が事故情報として登録される期間は、各信用情報機関によって異なります。

信用情報機関ごとの登録期間(自己破産の場合)

日本信用情報機構(JICC) 5年
シー・アイ・シー(CIC) 5年
全国銀行個人信用情報センター
(KSC)
10年

自己破産の場合、事故情報として信用情報機関に登録される期間は5〜10年程度です。新たにクレジットカードを作りたい、ローンやキャッシングをしたい場合は、登録期間が過ぎるまで待たなければなりません。

マイカーリースの主な審査基準

マイカーリースの審査では、契約者の属性や年収はもちろん、過去の債務履歴や現在の借り入れ状況も確認されます。

自己破産の事実が事故情報として登録されている間は、新たにマイカーリース契約を締結することは難しいでしょう。

基準①契約者の属性や年収

マイカーリースを利用する契約者が収入のない学生や専業主婦の場合、両親や配偶者など安定的な収入がある人を連帯保証人にすれば審査に通る可能性が高くなります。

正社員や公務員であっても、リース料金に対して収入が低いとみなされたり、勤続年数の短さが審査に響いたりすることも考えられます。

リース料金は自動車の車種やグレード、契約期間、オプションなどによって大きく変動するため、身の丈にあった契約プランに設定しておくことが大切です。

基準②過去の債務履歴

マイカーリースの審査では過去の債務履歴を調べるため、自己破産の事実があった場合はマイカーリース会社へ知られてしまいます

自己破産に限らず、任意整理や個人再生など債務整理をした場合は事故情報として掲載されます。とはいえ、事故情報は永遠に掲載されるわけではなく、登録期間は5〜10年程度です。

ローンやクレジットカードの支払い状況も信用情報として記録されるため、支払いの滞納や未納があった場合はリース審査においては不利になってしまうでしょう。

携帯料金や公共料金の支払いも同様です。マイカーリース契約をする前に、払い忘れがないか確認しておくことをおすすめします。

基準③現在の借り入れ状況

マイカーリースの契約時にローンやキャッシングなどを利用している場合、借り入れ状況によっては審査に通らない可能性があります

たとえば、複数の会社から多額の借り入れをしている場合、リボ払いの残高が高額の場合などです。

現在の借入状況と契約者の収入を照らし合わせ、今後継続的にリース料金を支払っていけるか判断されます。借り入れは必ずしも審査において不利になるとは限りませんが、状況によっては審査に通りにくくなるでしょう。

自己破産をした人がマイカーリースを利用する方法

自己破産をすると一定期間はブラックリスト入りとなってしまうため、マイカーリース契約は難しくなります。自己破産を経験していてもマイカーリースを利用したい場合はどうすればよいのでしょうか。

ここでは、自己破産をした人がマイカーリースを利用する方法をご紹介します。

家族名義で契約する

自己破産の経験があり、かつ事故情報が現在も残っている場合は、家族名義でリース契約する方法があります。

ただし、安定した収入や過去の債務履歴など、マイカーリースの審査を通過するための条件は家族が契約する場合も当然満たしていなければなりません。

マイカーリースでは、契約期間中は購入と同じようにいつでも自由に自動車を使うことができます。

マイカーリースの契約者がリース車両の(車検証上の)使用者となるのが基本ですが、契約者以外がリース車両を使用してはいけないという決まりはありません

ただし、マイカーリースの契約者がリース車両をまったく利用せず、他の人に貸し出すことを目的とした契約はできない可能性があります。

マイカーリース会社によって基準や見解は異なるため、心配な場合は確認しておいた方がよいでしょう。

事故情報が消えるまで待つ

自己破産の場合、信用情報機関に事故情報として登録される期間は5〜10年です。登録期間が過ぎれば事故情報は削除されるため、新たにマイカーリース契約できる可能性があります。

ただし、その時点で契約者に安定的な収入があることが条件です。自己破産の情報が消えたからといって、現在の収入や今後の収入見込みが審査基準を満たしていなければ、マイカーリースを利用することはできません。

収入面で審査を通過できない場合は、安定的な収入がある連帯保証人をつけることで審査に通る可能性を高められます。マイカーリース会社から提案されることもあるため、その場合は検討してみることをおすすめします。

リース契約中に自己破産をした場合はどうなる?

ここまではマイカーリースの契約前に自己破産をした場合について解説してきましたが、マイカーリースの契約期間は長期になることが多いため、リース期間中に自己破産をしてしまうことも考えられます。

リース期間中に自己破産に至った場合はどうなるのでしょうか。

ここでは、マイカーリースの契約期間中に自己破産をした場合、リース車両の取り扱いやリース料金はどうなるのか解説します。

リース車両はマイカーリース会社へ返却する

リース期間中に自己破産をした場合、リース車両はマイカーリース会社へ返却する必要があります。

リース車両の所有権は契約者ではなくマイカーリース会社が持っているため、自動車を買い取らない限りは所有者であるリース会社へ返却しなければなりません。

自己破産の手続きを弁護士に依頼した場合、弁護士は債権者に対して受任通知を送付します。

受任通知とは、債務者に代わって弁護士が債務整理の手続きを行うことを債権者へ知らせる通知のことです。

受任通知を受け取った債権者は債務者への連絡ができなくなり、以降のやりとりはすべて弁護士を介する必要があります。

マイカーリース会社が受任通知を受け取るとリース契約は解除され、リース車両はマイカーリース会社によって引き上げられることになります。

リース車両の所有権はマイカーリース会社にあるため、契約者は引き上げを拒否することはできません

免責許可がおりれば残りのリース料金は免除される

マイカーリースの契約期間中に自己破産をするということは、まだ支払っていないリース料金が残っている状態です。

自己破産の手続きをしている人が特定の債権者のみに弁済すると「偏頗弁済(へんぱべんさい)」という詐害行為になるため、リース料金の残額は残ったままとなります。

自己破産においては、残りのリース料金は「破産債権」として取り扱われます。破産債権とは、破産法にて次のように定義されています。

「破産債権」とは、破産者に対し破産手続開始前の原因に基づいて生じた財産上の請求権(第九十七条各号に掲げる債権を含む。)であって、財団債権に該当しないものをいう。

出典:破産法2条5項(https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=416AC0000000075)

破産手続きの配当後に残った金額は免責となり、支払い義務は免除されます。よって、裁判所から借金を帳消しにしてもらう免責許可がおりた場合は、残りのリース料金を支払う必要はありません

審査なしのマイカーリース会社はあるのか

過去に自己破産やローン滞納などの経験がある場合、契約審査なしのマイカーリース会社はあるのか気になる方は多いでしょう。審査なしで自動車を貸し出しするマイカーリース会社は存在するのでしょうか。

基本的に無審査では契約できない

契約期間中はリース料金を継続して支払っていく必要があるため、マイカーリース契約においては契約者の支払い能力が重視されます。

よって、基本的に審査なしでマイカーリースを利用することはできません

契約途中にリース料金が支払えなくなると、契約時に連帯保証人を設定している場合は連帯保証人に請求がいきます。

連帯保証人がいない場合は法的措置としてリース車両が引き上げられ、資産や給料が差し押さえられる可能性があります。これらのリスクを防ぐために、マイカーリース契約では審査を行うのが一般的です。

審査基準はマイカーリース会社によって異なる

マイカーリースは無審査で契約することはできませんが、審査基準はマイカーリース会社によって異なります。

審査基準が異なるということは、他社と比べて審査の甘いマイカーリース会社が存在すると考えられるでしょう。特に、信販会社を通さずに自社審査を行うマイカーリース会社は、審査が通りやすいといわれています。

ただし、審査の甘いマイカーリース会社は、月々のリース料金が高かったり、頭金の設定が必要だったりする可能性があります。不利益が生じないように、各マイカーリース会社の規定や契約内容はよく確認しておきましょう。

短期リースや中古車リースは審査が甘い場合も

マイカーリースの審査基準はリース会社によって異なるため一概には言えませんが、長期契約の新車リースと比べ、短期リースや中古車リースは審査が甘くなると考えられます。

長期的に新車を借りる場合のリース総額と、短期リースや中古車リースを利用する場合のリース総額には大きな差があるからです。

基本的に審査を受けずにマイカーリースを利用することはできないため、審査なしのマイカーリース会社ではなく、審査に通りやすいマイカーリース会社を探した方が早いでしょう。

【まとめ】審査通過がリース契約の条件

マイカーリースを利用するには審査を受ける必要があり、審査に通過しなければリース契約を結ぶことはできません。

自己破産をするといわゆる「ブラックリスト入り」となり、信用情報機関に事故情報として一定期間登録されます。

情報が削除されるまでは、ローンやキャッシング、クレジットカードの作成はできません。マイカーリース契約においても同様に、事故情報が掲載されている間はリース審査を通過することはできないでしょう。

また、リース契約中に自己破産をすると、マイカーリース会社にリース車両を引き上げられます。

破産手続きにおいて免責許可がおりれば、残りのリース料金を支払う必要はありません。

マイカーリース契約に自己破産がからむ場合は、法律知識のない個人が判断するよりも、早い段階から弁護士や司法書士へ相談しておくことをおすすめします。

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー