マイカーリース
マイカーリースをお得に利用するためのおすすめ方法を徹底比較!

マイカーリースをお得に利用するためのおすすめ方法を徹底比較!

マイカーを購入するのと比較すると、はるかに格安の資金で車のオーナーになれるマイカーリースというサービス。近年利用する方も増えていますが、ではそのマイカーリースをさらにお得に利用する方法はあるのでしょうか?様々な側面からマイカーリースをお得に利用する方法を考えてみました。

マイカーリースって料金の値引き交渉って可能なの?

まずは大前提として、マイカーリース契約をよりお得なものとするために、値引き交渉が可能かどうかを考えてみましょう。

結論から書きますが、マイカーリース契約において、値引き交渉はまず不可能です。マイカーリース契約をする場合、利用者の希望車種をマイカーリース会社が購入します。ディーラーや中古車店からみれば、マイカーリース会社は、しょっちゅう車を購入してくれるお得意様です。当然それなりの値引き対応はしていますし、マイカーリース会社も購入にあたってはいちいち値引き交渉を行っています。

値引き交渉を行ったうえで、マイカーリース料金を設定していますので、そこからさらに値引きということは、基本的に起こらないということになります。マイカーリース契約の場で、「もう少し安きなりませんか?」と軽く聞いてみる程度であればいいかと思いますが、「もう少し安くしてくれないと契約しない」などという強気の交渉はまず成果が見込めませんのでご注意ください。

マイカーリースをよりお得に利用する方法

大前提として値引き交渉は難しいということを理解していただいたところで、ではお得にする方法にはどのような方法があるかを検討していきましょう。マイカーリースをお得に利用するためには、契約内容についてしっかりと検討し、無駄を省くことが重要になります。

契約期間を長くする

まず契約におけるリース期間についてです。これは単純に考えて長期間契約の方が、月額の支払い金額は有利になります。

仮に車両価格300万円、3年後下取り価格150万円、7年後下取り価格50万円というケースで考えてみましょう。3年リースの場合、3年間で150万円を支払うことになりますので年間50万円の費用が必要です。一方7年リースの場合は、7年で250万円の支払いとなりますので、単純計算で年間約36万円の支払いとなります。

リース期間を変えるだけで、これだけ月額の支払金額に違いが出てきますので、まずは契約期間と、その際の支払い金額でお得になるように考えてみましょう。一般的にはリース期間が長くなるほどお得になります。

頭金を支払う

月々支払う定額料金をお得にするのであれば、できる範囲で頭金を用意するという方法もあります。

上で例に出したケースで、頭金を30万円用意できたと想定してみましょう。3年リースでの支払い金額は年間40万円に、7年リースであれば年間約32万円にまで費用を圧縮することができます。

マイカーリース契約の場合、月々の定額料金の中には、車両価格だけではなく、税金や保険、車検などのメンテナンス料なども含まれています。それでも定額料金の中でもっともウエイトが大きいのは車両価格です。その車両価格を頭金によって下げることで、月々の支払いという点でお得になります。

もうひとつ、毎月定額で支払っている費用には、当然金利がかかってきます。頭金を納入することで、金利がかかる元本を抑えることができますので、金利という点を考えても、頭金を入れるのはお得になるということになります。

ボーナス払いを併用する

マイカーリース契約では、月々定額を支払う契約以外にも、ボーナス月に多めに支払うボーナス併用払いを選べるケースがあります。このボーナス払いを活用して、月々の支払金額をお得にする方法もあります。

ボーナス払いに関する注意点としては、当然のことながらボーナスが支給されるお仕事をしていることがポイントです。サラリーマンの方で、毎年安定してボーナスが支給されている方は問題ありませんが、パートやアルバイト、またボーナスに関しては出たりでなかったりという状況の方にはあまりおすすめできません。

ボーナス月のお支払いに関しては、それなりの金額になることが多く、ボーナスなしの方には厳しい契約となるからです。毎月ボーナス払いの月のために、何かを節約するようであれば本末転倒とも言えますので、あまりお得感は感じないかと思います。

ご自身の経済状況から、ボーナス払いが本当に得になるかどうかの判断をしましょう。

定額メンテナンス費用をシンプルにする

毎月かかる費用をお得にするため、ここまでは比較的車両価格に重きを置いて考えてきましたが、それ以外の費用に関してもお得になるポイントがあります。まずは車検代などのメンテナンス費用です。

マイカーリースで毎月支払う費用の中には、車両価格に加え、保険、税金、そして車検などのメンテナンス料が含まれるというのは上でも説明した通りです。この中で税金と保険に関しては、なかなか費用を抑えるのは難しい項目ということになります。

そうなると毎月のお支払いという点でお得感を感じるためには、車両価格を抑えるか、車検などのメンテナンス料を抑えるかの選択になります。

毎月定額のメンテナンス料を安くするためには、自分でできることは自分で行うという考え方が重要になります。車検や法定点検、安全点検に消耗品の交換費用などを、毎月の定額料金に含んでしまう方が、利用者としては楽ではあります。しかし楽というメリットがある分、月々の定額費用は高額になるというデメリットもあります。

安く車検を行ってくれる業者を探す、点検費用の掛からない業者を探す、消耗品の交換なども、できるだけ費用の掛からないお店を探すなどの努力をすることで、これらの定額メンテナンス料金を抑えることも可能です。

また、知り合いに自動車修理工場で働く友人がおり、消耗品の交換や車検を格安で行ってもらえるというのであれば、メンテナンスはその友人にお願いするという方法もあります。

多くのマイカーリース会社では、メンテナンスに関してどの程度のサービスを料金に含むかで、複数のプランを用意している業者もあります。こういった業者を選び、できるだけ月々の定額料金を抑えて契約することも、マイカーリースをお得に利用する方法の一つになります。

契約するクルマを中古車にする

マイカーリース会社の中には、新車だけではなく中古車を扱っている業者も少なくありません。もちろん新車と比較すれば、中古車の方が車両価格は安くなりますので、同じ車種であれば新車ではなく中古車を選択するというのも、マイカーリース契約をお得にする方法の一つになります。

しかし、中古車で契約をする場合、いくつかのデメリットも考えられます。まずは新車と違ってカラーなどが選べないこと。新車の場合、契約の時に好みのカラーを指定することができますが、中古車の場合希望のカラーが市場になければ選ぶことはできません。

また、中古車ですから、新車と比較するとどうしても維持費がかかるかと思います。もちろんマイカーリースで提供される車体は、一定程度良好な中古車が選ばれますが、それでも新車と比較すると、維持費の面では高額になる傾向があります。

中古車をマイカーリースする場合、これらのデメリットを理解したうえで契約するようにしましょう。

契約するクルマを軽自動車にする

維持費や好みのカラーなどを考えた場合、どうしても新車の方がいいという方におすすめしたいのが軽自動車です。軽自動車がおすすめなのは、ここまでお得にできないとしていた税金面をお得にできるからです。

軽自動車の場合、毎年納付する自動車税や、車検の時に納付する重量税などは、普通車と比較するとかなり安く抑えることができます。マイカリース契約において、税金面を抑えることができるのは、毎月定額で支払う料金をお得にするひとつの方法になります。

車種を軽自動車にすることで、無理なく新車でのマイカーリースが可能になりますし、何よりお得ということになります。家族構成などの事情で、どうしても軽自動車では困るという方以外には、軽自動車のマイカーリースをおすすめします。

最後に軽自動車のマイカーリースでおすすめのマイカーリース会社をご紹介しましょう。

お得に利用したいなら人気カーリース会社【ロートピア】がおすすめ

マイカーリースをお得に利用したい方におすすめのマイカーリース会社がロートピアです。日本全国で利用でき、軽自動車から外車まで、幅広いラインナップを誇るマイカーリース会社になります。そんなロートピアがお得である理由をいくつかご紹介しましょう。

月額8,800円から利用可能な軽自動車リースプラン

ロートピアではお得なプランを多数用意していますが、特筆すべきは軽自動車をお得な定額料金で利用できるプランです。

このプランは軽自動車の新車を対象としたプランで、マイカリースの契約期間は7年間の長期契約になります。軽自動車に加えて長期契約と、マイカーリースをお得にする要素が盛り込まれています。

ロートピアの軽自動車の新車リースのプランには、月額8,800円のプランと、月額13,200円のプランがありますが、どちらも毎月の支払いをお得にするボーナス払い併用のプランになっています。

毎月の定額料金に含まれるサービスも選べる

ロートピアがお得な理由としてもうひとつ挙げられるのが、毎月の定額料金に含まれるサービスを選択できるという点です。いわゆるメンテナンス料の部分でもお得にすることが可能ということです。

基本となるプランには、毎年の自動車税、重量税や自賠責保険も含めた2回分の車検代に加え、14回分のオイル交換代、そしてねん1回のオイルエレメント代が含まれています。

この基本プランに加えて、法定点検、安全点検、ブレーキオイル交換、ワイパーゴム交換、エアコンフィルター交換、LLC(冷却液)の交換費用までが含まれているのが安心プランになります。

さらに安心プランに加えて、タイヤ交換代、バッテリー交換代、ブレーキパッド交換代、ベルト類の交換代まで含まれているのが充実プランとなります。

ご自身である程度メンテナンス業者を探せる、メンテナンスができるという方は基本プランを選べば、さらにお得にマイカーリースを利用することができるということになります。

リース期間終了後にもお得が

ロートピアでは、7年間のマイカーリース期間終了後にもお得となるポイントがあります。それはマイカーリース契約終了後の対応がいくつかの方法から選べるという点です。

ひとつはマイカーリースを完了し車を返却するという方法。これがマイカーリースにおいてはもっともスタンダードな方法でしょう。2つ目の選択肢が、リース期間を延長し再度マイカーリース契約を結ぶことです。車に愛着がある場合などは再リースという選択がいいでしょう。

3つ目として、リースではなく購入という方法もあります。残価を支払うことで、正式にその車を購入するということも可能です。

最後に乗り換えです。7年間リースですから、契約期間終了後に魅力的な新車が出ている可能性もあります。そんな新車への乗り換えも可能です。

マイカーリース期間終了後にも多くの選択肢がるロートピアは、マイカーリースをよりお得に利用するには最適のマイカーリース会社といえるでしょう。

まとめ

マイカーリースはマイカーを購入する場合と比較すると、筑付きの費用を抑えながらマイカーを所有できるお得なサービスです。ただでさえお得なマイカーリースにも、さらにお得に利用できる方法があります。

リース期間を考える、メンテナンス費用を検討する、新車か中古車かを選ぶ、軽自動車を検討するなど、多くの要素は契約前、マイカーリース利用前に検討すべき点が中心です。

これからマイカーリースの利用を考えている方は、これらの要素をよく考え、マイカーリースに申し込むようにしましょう。そしてそんな方におそおすすめとなるマイカーリース会社がロートピアです。

今回はロートピアの軽自動車リースを中心にお伝えしましたが、もちろん普通自動車でも外車でも、希望の車種を選ぶことができますので、まずは「新☆車生活」から確認をおすすめします。

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー