マイカーリース
マイカーリースで外車と国産車を徹底比較!どっちがおすすめ?

マイカーリースで外車と国産車を徹底比較!どっちがおすすめ?

外車などの高級車は値段が高いため購入が難しいと感じる人も多いでしょう。そのため、マイカーリースを選択したいと考える人もみられます。

ただ、マイカーリースは外車と国産車ではどちらがおすすめなのでしょうか。この記事では外車のマイカーリースについて国産車と比較しながら紹介します。

輸入車もマイカーリースで利用できるの?

外車は、国産車と比較するとデザイン性や走行性能に優れた多くみられます。国産車よりも値段が高いため、高級車として扱われることも多いでしょう。エントリーモデルも多数登場していますが、それでも高級車としての揺るがない位置づけをキープしているのが特徴です。そのような理由から輸入車に憧れを持つ人もめずらしくありません。

そんな外車でも、マイカーリースの利用は可能です。マイカーリースで外車に乗ると、月々の支払いが安いのが魅力でしょう。

ただし、マイカーリースのすべての会社が外車を扱っているわけではありません。外車は一部の会社のみの取り扱いですので注意しましょう。

例を挙げると、マイカーリースの大手として知られ、コスモ石油が運営するコスモでは、外車の取り扱いはありません。低価格が魅力のマイカーリース会社、リースナブルでも、トヨタやホンダ、日産といった国産車のみの取り扱いです。

マイカーリースの元祖として知られるオリックスでは、国産車は全車種のラインアップを誇りますが、外車の取り扱いはありません。

大手のマイカーリース会社で外車を取り扱っていない理由には、メンテナンスの難しさが挙げられるでしょう。輸入車のディーラーの店舗数は、国産車ディーラーと比較すると圧倒的に少ないといえます。大手のマイカーリースでは、メンテナンスを充実させていることが多く、ディーラー直営の修理工場が近くにない地域では、メンテナンスの対応ができません。

なぜなら輸入車の整備には特別な技術や人材が必要だからです。さらに、部品なども輸入しなければならず、すぐに部品が手に入らないこともあるため、大手のマイカーリース業者では国産車のみをラインアップしています。

しかしながら、独自のルートでパーツを輸入できるマイカーリース会社では、外車を積極的に取り扱っているため、探してみるのがよいでしょう。中古車をメインで扱うカーリース会社が外車を用意しているケースもあり、新車だけでなく中古車から選ぶのも1つの方法です。

国産車と比較した場合のデメリット

外車と国産車のマイカーリースを比較すると、さまざまなデメリットが見えてきます。

月々の料金が高め

まず、マイカーリースはメンテナンス込みのプランが多く、維持費が抑えられるのが魅力です。しかし、外車は部品そのものを輸入しなければならないケースが多く、メンテナンスや修理にお金がかかるでしょう。

そういった理由から、メンテナンスにかかる費用を月額料金に上乗せし、月々の料金を高めに設定している会社が目立ちます。したがって、国産車のような安い料金での利用はできないケースが多いでしょう。

マイカーリース会社が限られる

外車はどのマイカーリース会社でも選べないのもデメリットだといえます。輸入車を専門にしているマイカーリース会社や、アメ車などの特定の外車を扱っているところもありますが、選べる輸入車の種類が少ないというケースもめずらしくないでしょう。

国産車として人気のスズキのハスラーやトヨタのプリウス、アクア、ホンダのヴェゼルなどがそろえられていても、外車の人気車は扱っていないケースがあるのです。そのため、利用を考えている会社が自分の好みの車種を取り扱っているかはあらかじめ確認しておく必要があるでしょう。ロートピアでは、国産車だけでなく外車も自由に選べますので、検討してみるのがおすすめです。

走行距離を気にする必要がある

マイカーリースでは、あらかじめ走行距離を設定し、残価設定を行います。予定走行距離が少ないほど残価設定が高くなり、多いほど安くなるのが特徴です。

ただし、設定距離を超えてしまった場合には違約金が発生してしまいます。ドライブが好きな人は走行距離を多めに設定しておくと問題はありませんが、その分だけ費用がかかることを忘れないようにしましょう。

走行距離を少なく設定して費用を抑えた場合には、走行距離を気にしながら車を使用することになり、ストレスを抱えることにもなりかねません。さらに、マイカーリースのなかには、走行距離が累計で5000kmになった時点で契約が終了となるプランもあります。

月間の走行距離を1000~3000kmで抑えなければならない会社もあり、走行距離がネックとなることも多いでしょう。高級車と呼ばれる外車を試しに乗ってみたいと考える人にはこのようなプランでも十分ですが、日常的にクルマを活用する場合には、走行距離に気を付ける必要があります。

違約金が高くなりやすい

外車をマイカーリースする場合には、傷やへこみにも十分な注意が必要です。車内を汚してしまった場合にも、国産車よりも多めの違約金が発生することがあるため、気を付けて乗らなければならないでしょう。事故を起こしてしまった場合にも、高額な違約金を求められますので注意が必要です。

このように、マイカーとして利用しているはずの車でも、自由に乗れないのが外車のデメリットだといえます。

国産車ではなく外車を利用する場合のメリット

マイカーリースで国産車ではなく外車を利用するときにも、メリットがあります。

外車でもリーズナブルに乗れるためお得感がある

外車に安く乗れるのは、マイカーリースの最大のメリットでしょう。スポーツカーなどの人気の外車でもお得に乗れることから、かっこいい車に魅力を感じる人や、車そのものが好きな人にぴったりです。

月々の走行距離が短い場合でも、毎日レンタカーを利用するよりも料金が抑えられ、自分の好きなときに好きなように乗れるのがメリットです。

また、マイカーリースであれば自己所有物ではないため、固定資産には含まれません。個人ではなく法人で外車をマイカーリースした場合には、リース代も経費として計上が可能で、節税にもつながるでしょう。法人では利用できないマイカーリース会社もありますが、ロートピアを選ぶと問題なく契約が可能です。

外車の維持費を抑えられる

輸入車は税金や車検などクルマの維持費も高く、クルマの購入費用のほかにもたくさんのお金が必要となるでしょう。その点マイカーリースを利用すると維持費が安くなるというのもメリットです。マイカーリースの月々の支払いがいくらになるかは、マイカーリース業者のホームページでシミュレーションが可能ですので、試してみるのをおすすめします。

外車を所有する喜びが感じられる

マイカーリースのナンバープレートは、一般車両と同じものがつけられているのも特徴です。レンタカーの「わ」ナンバーがではありませんので、ほぼマイカーとして活用できます。

そのような理由から、所有物としての魅力を最大限に感じられるでしょう。リース期間が終了したとき、残価を支払うと買取も可能なケースもあり、お気に入りの外車を最終的に所有できるのもメリットです。

外車をマイカーリースする場合の注意点

外車をマイカーリースするときには、マイカーリース会社をしっかりと選ぶ必要があります。すべてのマイカーリース会社がいかなる種類の外車でも扱っているわけではありません。車種に特化したマイカーリース会社が多いため、自分が乗りたい車を扱う会社を選びましょう。

外車が選べるマイカーリース会社

アウディファイナンシャルサービス

アウディ車を希望しているのであれば、アウディファイナンシャルサービスに相談するのも1つの方法です。アウディファイナンシャルサービスではAudi認定中古車のマイカーリースを行っています。リース期間は1~5年から選べますので、利用しやすいといえるでしょう。

BMWファイナンシャル・サービス

BMWファイナンシャル・サービスでも、認定中古車のオープンエンド・リースが用意されています。これは、月額の希望額に合わせて残存価格を設定する仕組みで、走行距離に関係なく利用できるのが魅力でしょう。リース期間が終了すると延長もできますので、長くBMW車が楽しめます。

ヤナセオートリース

ヤナセオートリースでは、ヤナセ認定中古車のリースが可能です。新車初年度登録度経過年数と走行距離によって「プラチナ」「プレミアム」「スタンダード」「バリュー」の4つのプログラムがあり、プラチナを選ぶと5年または10万km保証がつけられます。したがって、安心して外車に乗れるでしょう。ただし、これらのディーラーによるマイカーリースの場合には、中古車しか選べないため、注意が必要です。

norel

国産車を豊富に取り扱うマイカーリース会社でも、外車は選べます。中古車販売を行うガリバーが運営するnorelでも輸入車のラインアップがそろえられているため、チェックしてみるのがよいでしょう。

ロートピア

ロートピアでも外車も豊富にそろえられ、ナビなどのオプションやボディカラーまで自由に選べることから、口コミでも高く評価されています。新車だけでなく中古車も選べますので、選択肢も広がるでしょう。

また、プロの整備士によるメンテナンスが受けられるため、安心してマイカーリースが利用できます。月額料金が安いのも魅力で、法人でもマイカーリースの利用が可能です。

各マイカーリースの比較一覧

外車が選べるマイカーリース会社 特徴
アウディファイナンシャルサービス 初度登録から9年(108ヶ月)以内のAudi認定中古車、リース満了時には車両入替・返却または再リース、オープンエンド方式
BMWファイナンシャル・サービス BMW認定中古車、オープンエンド方式または、クローズドエンド方式
ヤナセオートリース 全車にヤナセ認定中古車保証&ロードサービス付、リース期間満了後の買い上げが可能、「プラチナ」「プレミアム」「スタンダード」「バリュー」の4つのプログラム
norel 最短90日で乗り換え可、メンテナンス・任意保険込み.、新車・中古車から選択可
ロートピア オプションやボディカラーも選べる、法人の利用可、メンテナンスが充実、契約満了時には新車への乗り替え・再リース・返却・ 買い上げから選べる

車の所有権はマイカーリース会社にある

また、車の所有者はマイカーリース会社になるというのも注意すべき点です。一般的には、契約が満了した場合、車を返却しなければなりません。新車を購入したときのように、自分の所有物とはならないのがマイカーリースです。

しかしながら、ロートピアなどのマイカーリース会社では、契約満了時に残価を支払うと車を買取ることが可能です。したがって、月々の支払いをおさえて外車に乗ってはいるけれど、最終的には所有したいと考えるのであれば、買取が可能なマイカーリース会社を選びましょう。

中途解約はできないことが多い

さらに、外車のマイカーリースでは、中途解約はできないケースが多くみられます。免許の返納や交通事故に遭ったなどやむ終えない場合には中途解約が認められることもありますが、違約金や解約金を求められるケースがほとんどです。したがって、契約満了までマイカーリースが利用できるのかも考えておく必要があります。

中古より新車が良い?

マイカーリースのメリットに安い月額料金で新車に乗れることを挙げる人も多いでしょう。しかし、先ほども紹介した通り、ディーラーなどのマイカーリース会社などでは、中古車のリースが可能です。中古車を選ぶメリットには、新車よりも費用が抑えられる点が挙げられるでしょう。

また、生産や販売が終了してしまったモデルでも乗ることが可能です。どうしても、この車に乗りたいというこだわりがある人や、少しでも安くマイカーリースを利用したいという場合には、中古車を選ぶのがよいでしょう。

しかしながら、マイカーリースの魅力は安い価格で新車に乗れることです。高級車として扱われる外車の新しいモデルを安い料金で利用でき、しっかりとしたメンテナンスが受けられるため、新車を選ぶのおすすめです。

新車を扱っているマイカーリース会社はいくつかありますが、ロートピアであれば、定額料金で外車の新車が楽しめ、オプションやボディカラーまで自由に選択できます。

まとめ

高級な外車でもマイカーリースの利用は可能です。ただし、知名度の高い大手のマイカーリース会社では外車を取り扱っていないことが多いため、マイカーリース会社選びをしっかりと行う必要があるでしょう。

国産車だけでなく外車でも安い料金でマイカーリースが利用できるのはロートピアです。ロートピアであればさまざまな種類から外車が選べ、オプションなども自由に選択できますので、車を選ぶ楽しみが広がるでしょう。

さらに、契約満了時には買取も可能です。外車のマイカーリースを選ぶときには、ロートピアを検討してみてはいかがでしょうか。

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー