マイカーリース
マイカーリースの審査内容からローン契約に通りにくい人の傾向まで完全解説!

マイカーリースの気になる審査のこと。通りやすいリース会社ってあるの?

近年利用者も増えているマイカーリース。新車を購入するよりも安い金額で新車を借りることができるというシステムです。

しかし、安いとはいえ長期間リース料金を支払うわけですから、当然マイカーリースにも審査があります。

ここではその審査の内容や、通過のしやすさ、そして審査に通らない人の特徴など、マイカーリースの審査についてまとめました。

マイカーリースとは?

まずはマイカーリースの基本的な仕組みを知っておきましょう。自動車を持ちたいけど、自身で購入するには予算的に厳しい方や、ある自動車を試しに数年乗ってみて、それから購入するかどうかを考えたい方などにおすすめのシステムです。

仕組みとしてはマイカーリース会社が利用者が希望する自動車を購入し、事前に期間を定めて、期間中利用者にその自動車をリースをするという仕組みになります。この際利用者が支払うのは、期間終了後に下取りに出す金額を差し引いた料金です。

例えば新車価格が300万円の自動車を、3年間マイカーリースで利用する場合を考えます。3年後その自動車の下取り金額が120万円とすれば、利用者が月々支払うリース料は180万円を36回で分割した値段ということになります。

実際にリースをする場合は、その間のメンテナンス料や車検代、税金など諸経費も含めた金額を分割返済することになりますが、機能する自動車を新車で購入するよりは毎月の支払いが楽になるというシステムです。

マイカーリースの審査内容

マイカーリースは、マイカーローンとは違うものの、毎月リース料金を納める必要があります。そのためほぼすべてのマイカーリース会社では、リース契約において審査を行っています。

マイカーリースの審査は誰がどのように行っているのか?そしてどのような内容が問われるのかを確認しておきましょう。

審査を行うのは信販会社が多い

マイカーリースを行っている会社の多くは、契約している信販会社にローンの審査を委託しています。利用者は信販会社と融資に関する契約を結び、利用者に代わって信販会社がマイカーリース会社に一括で必要な費用を支払います。

利用者は信販会社と融資の契約を結び、マイカーリース会社とリースに関する契約を結ぶことになります。

ではその信販会社が、リース契約における審査でどのようなポイントに注目するのかを確認していきましょう。

申込者の年収

審査のポイントで最も重視されるのは当然ながら収入です。毎月どの程度の収入があるのか、賞与はあるのか。マイカーリースを利用する人の収入が、返済能力を算出する場合にもっとも大きなポイントとなります。

マイカリースの申し込みも、他の融資の申し込みと同様に収入証明書類が必要になります。虚偽の収入を申告してもまず審査には通過しませんので、正直な収入を申告しましょう。

申込者の勤続年数

収入と同様に重視されるのが勤続年数です。これは「収入の安定性」を確認できるポイントとされています。マイカーリースは数年間と長期間にわたり支払いを続ける必要があるため、必然的に収入の安定性は重視されるポイントとなります。

勤続年数が長い方は、今後も同じような収入を想定することができますが、入社半年など勤続年数が短い場合は、安定性を不安視されてしまいます。

申込者の信用情報を照会

信販会社は外部の信用情報会社に照会を行い、過去に自己破産をしていないか、他にカードローンなどでの借入金はないか、税金などの滞納はないかなどを確認します。

他に借り入れがある場合、当然ながら支払い能力はその分下がりますのでマイナス材料にはなります。しかし、他に借り入れがあっても、収入とのバランスで十分支払いが可能と判断されれば審査には通りやすくなります。

自己破産や税金の滞納、また場合によっては家賃や携帯電話使用料金の滞納情報も信用情報会社に残っている場合があります。こういった場合は、たとえ収入が高くても、過去に「支払いを放棄した実績がある」と判断され、審査に通るのが難しくなります。

審査に落ちやすい人はどんな人?

マイカーリスの審査内容は主に収入や信用情報となりますが、では審査に落ちやすい傾向にある方を考えてみましょう。

年収が低い

シンプルに年収が低い方は当然ながら支払い能力も低いと判断されるため、審査に落ちやすくなります。ではどの程度収入があれば審査に通るのかということですが、これは希望する車種や利用するマイカーリース会社次第で違いがありますので一概には言えません。

一般論で考えれば、信用情報に問題がなければ年収300万円でも通常のマイカーローンを組める可能性があります。それよりも低い金額のローンということになりますので、年収200~250万円でも、条件次第で十分審査を通過する可能性はあるかと思われます。

勤続年数が浅い

勤続年数の浅さは、収入の安定性に直結します。学校を卒業し就職してすぐに申し込む場合は、どうしても収入の安定性を疑問視されてしまいます。

それ以上に収入の安定性を疑問視されるのは、新卒者ではない年齢ながら現在の勤務先の勤続年数が浅い方です。こういった方は単純に転職が多いと考えられる可能性があり、収入が常に安定しているとは見做されずマイカーリース審査に通りにくい傾向にあります。

過去に自己破産や滞納の実績がある

一度自己破産をしてしまうと、どのようなローン審査でも通過は厳しくなります。これはマイカーリースの契約でも同様です。自己破産をしたということは、債務を放棄したことがあるということですから、信販会社としても契約はしづらいものになります。

また税金や家賃、携帯電話の利用料金などで滞納の実績がある方。仮にそれが一度であれば、何かしら事情があったのでは?ということで大きなマイナスにはなりませんが、滞納が長期間にわたる方、頻繁に滞納している方はやはり審査には通りにくいということになります。

ちなみに自身の信用情報については、一部信用情報会社では開示請求が可能な場合があります。有料になる場合も多いですが、どうしても気になる方は信用情報会社などのHPを確認してみましょう。

正社員ではなくパートやアルバイトである

マイカーリースの申し込みは、正社員ではなくても可能です。アルバイトやパート、学生でも申し込み自体は可能ということになります。

しかしやはり正社員と比較すると、パートやアルバイトでは収入の安定性が低いと判断されがちであり、同じ年収の正社員とアルバイトを比較した場合、正社員の方が審査に通過しやすいのは事実です。

落ちてしまった場合はどうする?

マイカーリースの審査に申し込んだものの審査に通らなかった場合、素直に諦めるしかないのでしょうか?落ちてしまった原因が推測できれば、対応する方法はいくつかありますのでご紹介しましょう。

年収が低い場合はグレードを下げる

単純に年収の低さがネックであるという場合、毎月の支払い金額を下げれば審査に通る可能性は高くなります。そのためにはいくつかの方法が考えられます。

一番シンプルな方法は、マイカーリースで注文する自動車のグレードを下げること。新車購入価格の安い自動車にすれば、その分毎月の支払いも安くなり、審査を通過する可能性は高くなります。

もうひとつ考えられるのが、マイカーリース審査時に頭金を納めることです。こちらも毎月の支払い金額を下げることができるため、審査に通過する可能性は当然高くなります。

勤続年数が浅い場合は連帯保証人をつける

収入的には問題がなく、過去に自己破産も滞納もした記憶がないという方で、現在の勤務先での勤続年数が浅いという方は、収入の安定性を担保してくれる何かを提示するとマイカーリース審査に通りやすくなります。

収入の安定性が低いということは、「返す能力は現段階ではあるけど、将来的には分からない」と言われているわけです。そこでおすすめの方法は「連帯保証人」をつけることです。

契約者が万が一支払えなくなった場合、この連帯保証人が代わりに支払ってくれるという保険があれば、当然審査には通りやすくなります。勤続年数が浅い人だけではなく、パートやアルバイトの方でも、収入が安定している方を連帯保証人にすることで、審査には通りやすくなります。

連帯保証人は知人や友人よりも、家族・親族の方が審査の通過には有利と言われていますので覚えておきましょう。

信用情報に問題のある人は業者を変える

現在収入は十分にあり、勤務先にも長く勤めている。それでも審査に落ちるようであれば、恐らく信用情報に問題があります。もし、今現在税金や家賃などの滞納がある方は、申し込み前に滞納の状態を解消しておく必要があります。

また、信用情報の多くは過去の情報です。過去のことは今現在対応しようとしても難しいと言わざるを得ません。こういった場合は思い切って契約をするマイカーリース会社を変えてみるのがおすすめです。

マイカーリース会社の中には、独自の基準を設け、自社で審査を行っている会社もありますので、そういった会社を探してみましょう。

審査が甘いマイカーリース会社は存在する?

コスモ石油やオリックス、さらに自動車メーカーであるトヨタや日産、スバルなどもマイカーリース事業を行っています。では、どのマイカーリース会社で契約を申し込むのがベストでしょうか?審査が甘いマイカーリース会社は存在するのでしょうか?

独自審査のマイカーリース会社はあるが…

上でも触れたとおり、多くのマイカーリース会社は審査を信販会社に委託しています。そして多くの信販会社は、同じような基準で審査を行いますので、特別審査が甘いマイカーリース会社はないと考えていいでしょう。

ただし一部のマイカーリース会社では、「独自審査」を行っているのも事実です。これは審査を信販会社に任せず、自社独自に行っているという会社です。一般論ですが、独自審査の会社の方が審査は甘いといわれています。

しかし、審査が甘いというメリットがある以上、デメリットも存在します。例えば他のマイカーリース会社よりもローン金利が高かったり、残価設定(マイカーリース期間終了時の下取り想定金額)が低かったりする場合も。

また独自審査である代わりに、提供されるのが新車ではなく中古車であるというマイカーリース会社もありますので、契約を申し込む前に、できれば他のマイカーリース会社と比較検討することをおすすめします。

マイカーリースの審査に落ちないポイントは?

マイカーリースの審査内容を考えると、いわゆる通常のローン審査と同様であることが分かるかと思います。ローンの審査に落ちないコツは、「無理のない返済計画かどうか」につきます。

まずはご自身の収入を確認し、毎月の家賃や光熱費、食費、通信料などを計算しましょう。毎月の必要経費を差し引いて残った金額が毎月返済可能な金額ということになります。

とはいえ、この金額の上限でマイカーリースのローンを組むのは難しいですし、何より危険です。病気やケガによる入院があった場合、急に支払えなくなります。返済可能な金額の半額あたりを目処に考えるといいでしょう。

つまり「あのクルマに乗りたい」を先行させるのではなく、「毎月○万円なら無理のない返済になるから、この金額でリースできるクルマを探そう」という発想で車種を選ぶのがポイントです。

それでも「どうしてもあのクルマに乗りたい」という強い気持ちがある方は、まず頭金を貯めることから始めましょう。頭金を入れれば、毎月の支払いは安くなります。自分の収入で支払える金額になるよう、頭金を用意するようにしましょう。

まとめ

マイカーリースは新車を購入した場合と比較すると、より安い金額で新車を持てるメリットがあります。しかし、安い金額とはいえ、ローンを組むのは新車購入と同様ですから、当然ながら審査も行われます。

審査に関しては、特に甘いということはありません。ローンを組む金額に応じた厳しさで審査は行われます。

審査のポイントは主に3つ。収入と勤続年数と信用情報です。ご自身の収入に見合った返済金額でリースできる車種を探すのがもっとも重要なポイントといえるでしょう。

いろいろ検討した結果、それでも不安があるという方は、連帯保証人を見つけておく、頭金を用意しておく、他の車種にグレードを落とす、他のマイカーリース会社も検討するなども考えておきましょう。

特にマイカーリース会社に関しては、複数の会社のサービスを比較検討するのがおすすめの方法となります。

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー