マイカーリース
最近話題のマイカーリースとは?低価格になる仕組みや契約の流れを徹底解説

マイカーリースはなぜ安い?その仕組みと契約の流れを解説

最近、マイカーリースというサービスが注目を集めています。新しい車の活用方法として話題になっていて、条件次第ではマイカー購入したりカーシェアリングを利用するよりもお得になる仕組みも注目されているのです。

そこでここでは、マイカーリースの詳しい仕組みについて解説します。

そもそもマイカーリースとは

マイカーリースについて詳しい仕組みがわからないという人もいるでしょう。そこでまずはマイカーリースの基本的な仕組みについてみていきます。

サブスクリプションの車バージョン

サブスクリプションサービスが今ではいろいろと出てきています。

マイカーリースの仕組みを一言でいうと、車版サブスクです。まず契約者がカーリース業者から好きな新車を選びます。そして月々定額料金を支払って、その車を運転する仕組みです。ちなみにクルマは所有者がマイカーリース会社名義で、契約者は使用者という仕組みになります。

マイカーリースは使用できるのは新車というところが多くなっていますが、中には中古車をリースしているところもあります。例えばオリックス自動車では中古車のカーリースサービスを行っていますが、オリックス自動車が中古車を厳選して、車の提供を行っています。

この際お客さんには車種や年式、走行距離など車の状態をきちんと説明してくれるので、納得の上で運転できるのです。中古車も対象になることで選択肢の幅が広がり、自分のお気に入りの車が見つかりやすいでしょう。

ほかのサービスとの違い

マイカーリースの仕組みについて、しばしば住宅に例えられることが多くなっています。一括購入や自動車ローンを組むのは、マイホームを購入する形です。一方マイカーリースは賃貸を借りる仕組みに似ています。

マイホームを購入すると、固定資産税や修繕費用なども支払わないといけません。車も一緒で、税金やメンテナンスコストをねん出しなければならないのです。

一方賃貸の場合、決められた家賃を月々支払っていれば、更新料などを除き基本追加費用は掛かりません。マイカーリースも仕組み的には同様です。マイカーリースは月々の利用料に維持・管理費用がすべて含まれています。月額料金を支払いさえすれば、あとは余計なコストを出す必要がありません。

マイカーリースと車検の仕組み

クルマを保有したことのある人なら、2年に1回車検を通さないといけないことはご存知でしょう。マイカーリースの場合、車検はどうなるのでしょうか。まず車検を受けるためにはそれ相応の費用が必要です。マイカーリースの場合、月額料金の中に車検の費用を含む仕組みになっています。ですから車検費用を別途で請求されることのない仕組みとなっているのです。

マイカーリースの車検については、リース会社で整備工場を指定しています。こちらにクルマを持ち込んで検査を受ける仕組みです。車検を受けるにあたって必要な書類も準備して、整備工場の担当者にわたします。車検の流れについては、一般的なマイカーの持ち込みと一緒です。車検を受ける時期は決められているので、期間内に済ませておきましょう。

マイカーリースは安い!低価格になる仕組みを紹介

マイカーリースは借りる車種にもよりますが、月々数万円で借りられるものが多くなっています。軽自動車になると1万円を切る価格でリース契約できるようなものもあるのです。なぜこのような低価格で新車が乗り放題になるのか、その仕組みについて詳しく見ていきます。

残価設定を導入しているから

マイカーリースの料金の仕組みを見ると、車両代金と契約期間、残価によって設定されています。この中で残価はあまり聞きなれないものかもしれません。残価とかリース契約が満了になったときに中古車として売り出す際の市場価格のことです。

マイカーリースの価格は、車両代金から残価を差し引いた金額を契約期間の月数で頭割りすることで決められます。マイカーローンの場合、車両本体価格全額を支払い回数で頭割りする方式をとるのが一般的です。このため、低価格で新車をリース提供できるわけです。

契約期間が長くなると料金が安くなる仕組み

マイカーリースの特徴として、契約期間が長くなればなるほど月々の料金が安くなる仕組みになっています。これは月々の価格の設定の仕組みを考えればわかるでしょう。マイカーリースの月額料金では、車両代金から残価を差し引いた金額を契約期間で割って算出する仕組みです。

契約期間が長くなると、それだけ支払い月数は多くなります。おのずと1回あたりの支払価格、すなわち月額料金が安くなるという仕組みになるわけです。もしお気に入りの車が見つかって、できるだけ長く乗り続けたいと思ったのであれば、契約期間を長く設定したほうがお得に新車を乗りこなせます。

契約までの仕組みは?手続きの流れについて紹介

マイカーリースを初めて利用する場合、どのような流れで契約するか不安という人もいるでしょう。細かな手続きの仕組みについては、リース業者によってまちまちです。

そこでここでは大まかな流れについて解説します。手続きの仕組みがある程度わかっていると、申し込みの際にもあまり不安に感じないはずです。

契約年数を考える

まずマイカーリースの利用を検討しているのであれば、契約年数をどうするか考えましょう。契約の仕組み上、中途解約はできません。5年や7年、9年などいくつか期間の選択肢があるので、どれが自分たちにとってベストか考えましょう。

結婚や出産など、近々家族の増えるようなライフイベントを控えている場合、それを機にクルマを乗り換えたいと考えることもあるかもしれません。そのような時にタイミングよくクルマを乗り換えられるように、契約年数を検討しましょう。

リース会社に申し込む

契約年数を決めたら、マイカーリース会社に申し込みをします。申し込みは各リース会社のホームページからできる仕組みになっているので、空き時間を利用しているでも申し込みできます。

車種は国産メーカーであれば、ほとんどの車種が対象です。マイカーリースでは、軽自動車からバンのような大型車まで車種が幅広くラインナップされているので、自分の用途に合ったものを見つけましょう。

リース契約の年数やプランなどを選ぶと、見積もりが出る仕組みになっているマイカーリース会社が多くなっています。月額料金に問題がなければ、そのまま申し込みましょう。

審査を受ける

マイカーリースは、審査を通過して契約する仕組みになっています。審査と言ってもそれほど厳しい仕組みではないので心配する必要はありません。一定の収入があれば、ほぼ審査通過できる仕組みになっています。安定した収入があれば、フリーターやアルバイトの方でも通過できる可能性は高いでしょう。たとえ十分な年収がなくても、保証人を立てることでリース契約できる場合もあります。

契約する

審査通過すれば、リース会社と契約をします。レンタカーやカーシェアリングなどの仕組みと異なるのは駐車場を確保する必要のある点です。車庫証明を取得しておかないといけないので、こちらの手続きを進めましょう。

申請書のほかに「保管場所使用権原疎明書面」や「保管場所の所在図」などが必要です。申請書は警察署のWebサイトからダウンロードできます。必要書類を提出の上、自動車販売店に送付すると後は納車を待つだけです。

新車登録などの手続きがあるので、納車されるまでには多少時間がかかります。リース会社で若干違いがありますが、だいたい契約してから1~2か月後に納車されると思ってください。

納車先は、基本自宅になります。しかしマイカーリース会社の中には、遠方納車に対応しているところも見られます。

例えば引っ越し先で車を利用したいと思っているのであれば、遠方納車に対応しているか、あらかじめリース会社に問い合わせておきましょう。中には遠方納車対応していても、一部の地域のみというところもありますので注意が必要です。

契約方式に注意

マイカーリース契約にはオープンエンド方式とクローズドエンド方式の2種類があります。オープンエンド契約はマイカーリース業者が契約時に利用者に残価を後悔する仕組みです。

そして返却する際には最初に設定した残価と実際の下取り価格を査定し、その差額の精算がおこなわれる場合もあります。長距離運転した、車を傷つけてしまったなど中古車価格を落としてしまうようなことをすると、追加請求される可能性も高くなります。

クローズドエンド契約は、契約の段階ではマイカーリース業者は残価は公開しません。ただし返却時に差額精算は行わない仕組みの契約です。もし返却時に追加の費用を請求されたくなければ、クローズドエンド方式の契約形態をとっているかどうかチェックしておきましょう。

おすすめのリースサービスを紹介

マイカーリースの仕組みについてわかったけれども、具体的にどこを利用すればいいかわからないという人もいるでしょう。実際カーリースのサービスを行っているところはたくさんあります。その中でもおすすめのサービスについて、以下でいくつかピックアップします。

コスモMyカーリース

コスモ石油の提供しているのが、コスモMyカーリースです。日本全国にガソリンスタンドを展開している大手企業なので、安心して依頼できるでしょう。

3種類のプランが用意されていて、用途やコスト面で自分のあったものを選べます。免許取得と同時に申し込めるので、いきなり新車でデビューすることも可能です。国内メーカーであれば、かなり幅広く車種を選べます。

また新車のほかにも中古車の取り扱いもあります。コスモMyカーリースのメリットとして大きいのは、コスモ石油で給油すると割引サービスの受けられる点です。クルマに関するメンテナンスコストを圧縮できるので、少しでもお金をかけずに運転したい人におすすめのプランです。

いまのりくん

オリックスグループの提供しているマイカーリースサービスのいまのりくんもおすすめのマイカーリースです。

リース契約期間は5年と7年、9年の中から選べます。マイカーリースの仕組みでは契約満了しないと乗換はできません。しかしいまのりくんの場合、5年契約で2年経過すればほかのクルマに乗り換えることが可能です。

家族構成の変化に伴い、必要なクルマが変わった場合でも柔軟に対応できるようになっています。新車のほかにも中古車も多様にラインナップしているので、乗りたいクルマにこだわったり、予算に合わせたりもできるしクモのマイカーリースです。

定額ニコノリパック

ニコニコマイカーリースの提供する定額ニコノリパックもおすすめです。ほかと比較して、低額設定されているのがおすすめポイントです。月々1万1000円からリース可能です。低額の仕組みはメンテナンスを定期的に行ったり、走行距離を制限したりすることで車両の価値を高い状態で維持できるからです。

残価が高く、車両本体価格から差し引けるので低額でサービス提供できるわけです。低価格ですが車検や自賠責保険料は月額に含まれています。ほかにもエンジンオイルの交換やバッテリー液の補充など、サービスも充実しています。

新☆車生活

新☆車生活とは、ロートピアが提供しているマイカーリースのコースです。こちらのマイカーリース、料金の仕組みがわかりやすく安いところがメリットです。

軽自動車の7年契約が月々8,800円からとなっており、これだけの安い価格でサービス提供しているところは、ほかのマイカーリース会社ではなかなかありません。しかも新車の軽自動車のリース契約なので、きれいなクルマを好きなだけ乗りこなせます。軽自動車のほかにも普通自動車はじめいろいろな車種もリース可能です。

まとめ

サブスクリプションは近年注目されているサービスですが、そのクルマバージョンがマイカーリースです。新車が手ごろな価格で乗り放題できるのがメリットです。

マイカーを保有する場合、車検代や税金など諸費用もかかります。しかしマイカーリースの料金には、このようなもろもろの費用も含まれた仕組みになっています。

毎月決められた金額を支払えば乗れる仕組みになっているので、家計のやりくりもしやすいでしょう。マイカーリースの仕組みを理解して、自分に向いているサービスかどうか検討しませんか?

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー