マイカーリース
ホンダが提供するマイカーリースってどうなの?料金やデメリットを解説

ホンダの新車に乗れるマイカーリースを料金やデメリットで解説

日本を代表する大手自動車メーカーの1つホンダは国内でも人気の高いのが特徴。

最近はマイカーリースの需要が増えていることもあり、独自で個人・法人向けにホンダカーリースというサービスを実施しています。

今回はホンダのマイカーリースについて、契約の仕組みや料金などの基礎的な情報を紹介しながら、メリットやデメリットまで詳しく解説していきます。

ホンダの新車をお得に乗りたい方はぜひ参考にしてみて下さい。

ホンダカーリースとは

ホンダカーリースは、新車が欲しい場合、ホンダファイナンスが車両を購入して、ユーザーはホンダファイナンスに月額リース料金の支払いを行うことで車に乗ることができる仕組みです。

個人および法人向けのマイカーリースサービスで販売店で契約できるのが特徴。

まとまった購入資金が不要で、月々の定額料金を支払い、乗った分だけお金を負担するというマイカーリースをホンダ独自で提供しています。

ホンダの新車に興味があり、経済的負担を抑えたい人にはおすすめのマイカーリースサービスとなります。

リース方式はクローズドエンド方式を採用

ホンダカーリースが採用する契約方式はクローズエンド方式です。

クローズドエンド方式は、残価設定が契約者側で設定できない分、契約満了後に清算する必要がない方式のことを言います。

マイカーリースにはクローズドエンド方式の他にオープンエンド方式という仕組みがあります。

オープンエンド方式の場合は、残価設定を契約者ができる分、契約満了時の査定額が残価よりも低い場合は、追加で支払いが生じてしまうのが特徴です。

クローズドエンド方式は、オープンエンド方式のような追加の支払いリスクがない分、残価があらかじめ低く設定されていることが多く、その分月額料金は高くなる傾向があります。

料金プラン

ホンダカーリースの月額料金は下記で決まります。

  • 車両代金(残価分を控除)
  • オプション料金
  • 契約期間分の諸費用
  • 走行距離
  • メンテナンス契約の有無

リース料金にはファイナンスリースとメンテナンスリースの2種類があり、法定点検やメンテンナンス費用も含めて充実したサポートを受けたい方は、メンテナンスリースがおすすめとなります。

ファイナンスリースとメンテナンスリースを比較

ファイナンスリース メンテナンスリース
車両・付属品
登録/届出・納車諸費用
自動車税
自賠責保険
定期点検 ×
継続車検 ×
タイヤ・オイル交換 ×
任意保険

ホンダでマイカーリースを契約するメリット

豊富な車種の中からホンダの新車が選べる

ホンダが運営するマイカーリース会社なので、ホンダの新車ラインナップが充実していることは言うまでもありません。

販売店でリース契約が結べるので実際に展示車の確認や試乗など購入前にしっかりと確認できるのが魅力

もちろん、オプションも月額のリース料金に含めて設定できるので、自分好みのクルマにすることができます。

ただし、納車後に用品を取り付けた場合は返却時に納車前の状態に戻す必要あるので注意が必要です。

あくまで、契約時にホンダ販売店で装着するオプション・用品に限定されています。

契約期間の自由度が高い

ホンダカーリースの場合は、契約期間を1カ月単位で6ヶ月から最長72ヶ月まで自由に設定できるのが大きなメリットです。

契約期間を調整することで、月額料金を予算に合わせることも可能なので、希望する車種に乗れる可能性も高まります。

また、リース契約は中途解約ができないので、長期契約だと将来の予測ができずに不安だという方も最短6ヶ月で契約できるのでおすすめ。

ホンダのプロ整備士がメンテナンスしてくれる

ホンダで新車を購入すると同じく、ホンダ正規ディーラーのプロ整備士が車検や法定点検を実施してくれるので安心(法定点検はメンテナンス付契約のみ)。

ホンダ車を知り尽くしているのはもちろん、独自に開発された設備・診断システムを採用して先進的なメンテナンスでしっかりと車を整備してくれるのが特徴です。

部品・オイル等も信頼の純正品を使って適切なタイミングで交換してくれるのが、やはりホンダでマイカーリースを契約する最大のメリットと言えるかもしれません。

ホンダでマイカーリースを契約するデメリット

契約満了の場合は買取の選択肢がない

一般的なマイカーリースの場合、契約満了後にそのまま乗り続けたい場合は買取ることも可能ですが、ホンダカーリースは買取オプションがありません

したがって、引き続き愛車に乗り続けたい場合は再リース契約を結ぶことになり、所有物にはならない点が注意しておきましょう。

残価設定ができない分定額料金が割高

マイカーリースの中には自分で残価設定を調整して月額の料金を安く抑えることも可能ですが、ホンダカーリースの場合はオープンエンド方式なので残価は調整不可能。

残価設定を高くできない分、月額料金はその分高くなってしまうので注意が必要です。

マイカーリースの月額料金を抑えたい場合は、車格を下げるか、あるいは残価設定が調整可能なマイカーリース会社で契約することになります。

中古車が選べない

ホンダカーリースでは、例えホンダの自動車であっても新車しか選択することができません。

月額の費用を抑えたい、旧型のクルマに乗りたい場合でも中古車を選ぶことはできないので注意が必要です。

もし、ホンダの中古車が欲しい場合は、購入またはマイカーリース専門会社で契約することになります。

セレナやヴェルファイアなど他社人気車種が選べない

ホンダカーリースは、あくまでホンダが直接運営するマイカーリースなので、日産のセレナやトヨタのヴェルファイアなどの他社の人気車種を選ぶことはもちろんできません。

昨今の流行りもあって、マイカーリースでミニバンやSUVに乗りたい人も多いですが、他社を含め様々な車種から選びたい人はホンダカーリースよりも、メーカーに縛られないマイカーリース専門会社のほうが選択肢が広がるかもしれません

マイカーリース専門会社が人気の理由

月額の支払い料金が安い

ホンダカーリースはやはり月額料金が割高に感じてしまうので、お得に新車に乗りたいなら、専門のカーリース会社で契約するのが一番です。

買取オプションが付いたマイカーリース会社もあるので、リース契約で気に入った愛車を契約満了後に所有物にすることだってできます

マイカーリースを選ぶ多くの人は車の購入負担を抑えたい理由が多いと思うので、月額の料金負担を抑えるならマイカーリース専門会社で契約することをおすすめします。

沢山の自動車メーカーから愛車を選べる

ホンダカーリースが扱っているのはもちろん自社ブランドのみ。

したがって、トヨタや日産あるいはスズキやスバルといった国内自動車メーカーを比較しながら選ぶことができません。

ホンダ一択の人なら問題ありませんが、メーカーよりも価格やクルマの性能を重視する人も多いですよね。

この場合、メーカー選びの制限がないマイカーリース専門会社で契約するのがおすすめです。

中古車が選択できる

ホンダカーリースは新車の取扱のみでした。

したがって、例えホンダ車であっても、新車ではなく中古車が良い場合は、中古車を取り扱うマイカーリース会社を選ぶことになります。

中古車は安い月額料金で乗れる場合もあるので、お得に契約できるかもしれません。

契約内容の自由度が高い

マイカーリース専門会社で契約する場合、契約期間だけでなく、走行距離、残価設定など自由に調整できることが多いです。

契約内容を自由に設定できるということは、一人ひとりのカーライフに最適な契約内容にすることが可能だということになります。

つまり無駄のない、過不足のないマイカーリース契約を実現できます。

軽自動車ならロートピアが特に人気!

軽自動車ならロートピアが特に人気!
新車でお得にマイカーリースを契約したいならロートピアの「新☆車生活」がおすすめです。

新☆車生活のマイカーリースから、大人気のNboxを始め軽自動車を月額8,800円から乗れることになります。

契約方法も、オープンエンド方式またはクローズドエンド方式の2種類から選ぶことが可能なので、自分のカーライフに合った方式を選択可能です。

しかも、新☆車生活は国内自動車メーカーから好きな軽自動車が選択できるので、様々な車種を比較しながら自分にピッタリな新車を契約することができます

もちろん、メンテナンスパックもカスタマイズ自由で必要な分だけ選べるうえ、国家資格を保持する整備士が日々のカーライフをサポートしてくれるので安心です。

ロートピアでは軽自動車だけでなく、普通自動車や輸入車も扱っているので、マイカーリースにご興味がある方はまずは問い合わせてみることをおすすめします。

ロートピアのマイカーリースはこちら

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー