マイカーリース
マイカーリースを使うなら任意保険への加入を! 事故に備えよう

マイカーリースと保険のこと。任意保険加入をおすすめするわけ

「マイカーリースを利用したいが、自動車保険は必要?」「任意保険に加入すべきか分からない」などと悩んでいませんか。車を借りるなら事故などの想定外の事態に備え、任意保険へ加入することは大切です。

今回は初めて車を借りる方のために、マイカーリースに関係する自動車保険の仕組みを解説します。任意保険へ入るべき理由も紹介するので、今回の内容でマイカーリースで事故やトラブルが起きても冷静に対処できるヒントを学べますよ。

マイカーリースに関係する補償は2種類

マイカーリースで必要な保険は、自賠責と任意の2種類なので、内容の違いをチェックしましょう。自賠責保険は車を持ったら加入義務があります。任意保険は加入意思を自身で決められますが、事故が起きたときの出費が大きくなるリスクを抱えるので注意しましょう。

自賠責保険

自賠責保険は、マイカーリースという形でも車を持ったら必ず加入しなければいけません。被害者救済を目的としながらも、加害者の経済的負担もカバーできるのが特徴です。

対人賠償を促す意味合いがあり、交通事故で相手をケガ、死亡させた場合にのみ保険が機能します。 車両などものに対する補償はなく、自損事故なども対象に入りません。

被害者一人あたりの支払限度額は傷害120万円、後遺障害4000万円、死亡損害3000万円で、それぞれ超えた分の補償は受けられないので注意しましょう。

任意保険

任意保険は、マイカーリースの利用者が加入を自分の意思で決められる内容です。

自賠責保険の範囲外となる自損事故や、車のダメージなどに対する補償を受けられるのが特徴で、賠償可能な範囲もドライバーが直接選べるのが特徴です。自賠責と比較して補償範囲が自由なのがポイントでしょう。

契約は多くの場合、年間に一度の更新が必要で、自賠責保険よりも気を配らなければなりません。任意保険はマイカーリース利用者自身の意思に頼るところが大きいぶん、おろそかにできないので契約更新などのスケジュール管理にも気をつけましょう。

任意保険でカバーできる範囲はどこまで?

マイカーリースでも自分で買った新車同様、任意保険で補償してもらえる範囲はドライバーの意思によります。補償範囲が広いほど月々の保険料も高くなるので、財産と運転リスクのバランスを考えながら決めましょう。

ドライバーが選べる主な補償の種類は以下のとおりです。自家用車とマイカーリースで違いはないので確かめましょう。

  • 対人賠償: 事故の相手をケガ・または死亡させたときの損害賠償
  • 対物賠償: 相手の車やものを壊したときの弁償
  • 人身傷害補償: ドライバー自身がケガ・死亡した場合の補償
  • 搭乗者傷害補償: 自身の側の同乗者がケガ・死亡した場合の補償
  • 自損事故補償: 相手の車や他人が関係しない、単独の自損事故への損害補償
  • 車両保険: 自身の車の破損への補償

任意の補償が必要な理由4つ

マイカーリースを利用する場合は、任意保険への加入がおすすめです。自賠責保険だけでは補償に限界があるため、事故が起きると多額の出費を余儀なくされるかもしれません。修理の自己負担なども考えながら、任意保険加入の経済的なメリットを確かめましょう。

自賠責保険だけでは補償に限界がある

マイカーリースを使っていても、自賠責保険の対象は対人賠償のみなので、補償の限界を考えても任意保険への加入を考えましょう。

自賠責では事故を起こした場合、相手の車や公共のもの、自損事故などでは機能しないからです。任意保険に入っていないばかりに、生活に困るほどの出費にいたる可能性もあります。

自賠責に加入しているからといって安心せず、マイカーリースの損害に備えて任意保険を選びましょう。マイカーリース使用時における事故のリスクを考えた経済的な対策としても重要です。任意保険の後ろ盾があることで、運転時のプレッシャー軽減にもつながるのではないでしょうか。

対人の場合は莫大な賠償金を想定しなければならない

自賠責保険は対象範囲が狭いだけでなく、補償の規模も狭く感じる方はいませんか。実際に自賠責だと金額面でも相手への傷害が120万円、後遺障害4000万円など上限があります。

事故の相手の入院や治療費だけでなく、事故のせいで働けなくなったり精神的苦痛を負ったりしたなどで慰謝料請求を受けることも考えなければいけません。その場合、任意保険に入っていないと、多額の賠償金で生活に悪影響が及んでしまうでしょう。

マイカーリースを使うにあたっては、想定外の金銭的なリスクを踏まえながら、任意保険で補償の範囲を広めることが大切です。

マイカーリースの修理は自己負担になるため

マイカーリースで事故を起こした場合、対人・対物だけでなく、保険をとおした自損事故対策も重要です。相手がいない単独の事故なら自賠責保険は機能しないことに注意しましょう。

マイカーリースでは業者から車を借りるので、ダメージを与えれば修理は自己負担です。事故だけでなく、エンジンやギアなどの故障でもリース会社への連絡や保険会社への相談を要します。事故などにより車にダメージを与えれば、原則修理は自己負担なので注意しましょう。

任意保険により、弁償額のうち自己負担の範囲を狭められます。自然災害や当て逃げなどでの破損も任意の車両保険でカバーできるかもしれません。業者から借りる形のマイカーリースなら、特に弁償リスクに気を配りたいところです。

マイカーリースでも事故のリスクは誰にでもある

何よりもマイカーリースで借りた車を運転していれば、常に事故のリスクがつきまとうことに留意しましょう。自身が安全に運転しているつもりでも、もらい事故にいたることもあるので要注意です。

近年問題になっているあおり運転のように、正常ではない走行を強いられた結果事故にいたるリスクも否定できません。通行人や車の飛び出しなどは回避できない可能性も高いでしょう。以上のような万が一のリスクに備え、マイカーリースを使うときは保険の体制を整えることが重要です。

マイカーリースにあたる任意保険の選び方

マイカーリース契約にあたっても、任意保険に加入すれば契約更新などで長いつきあいになるので、選び方を間違えないことが大切です。補償内容や月々の保険料、マイカーリース専用のプランの有無などを総合的に判断しましょう。

補償内容・金額の範囲

任意保険はプランにより補償内容や金額の範囲が違うので、目当ての業者を決めたらプランをひととおりチェックしてから内容を決めましょう。ただし対人・対物の賠償保険は無制限がおすすめです。

事故相手の、今後の仕事などにおける活動に影響を与えかねないので、高額賠償を想定しながら無制限で対人・対物の賠償保険を決めましょう。

車両保険は対人・対物の賠償保険の次に優先したいところです。マイカーリースでは全損事故で契約打ち切りなど、事故が起きたときの契約者の責任が大きいからです。あとの保険範囲は、自身の生活費とのバランスを考えながら、自身や同乗者への損害、自損事故保険などを見ましょう。

対面型と通販型の自動車保険の違いを知る

任意の自動車保険には、対面型と通販型があるので、これからマイカーリースを使おうとしている人も違いを学びましょう。

対面型は、店舗の担当者と対面で話し合いながら契約します。状況に合わせて的確なアドバイスを受けられるメリットもありますが、通販型よりも保険料の相場が高いデメリットに気をつけなければなりません。

通販型は、電話やインターネットなど対面ではない接客形式です。自宅にいながら契約可能で、保険料の相場も安い可能性があるでしょう。ただし的確なアドバイスを受けられるチャンスは少なく、自力で補償内容などを調べる必要があることに注意です。

マイカーリース専用などの特約もある

任意保険を扱う業者によっては、マイカーリース専用のプランもあるので要チェックです。マイカーリースの業者側も貸した車が壊れる可能性を考え、直接自動車保険のプランを用意していることがあります。

以上の場合ならマイカーリース時の料金に保険料が入っているケースもありえるので、目当ての保険会社にないか確かめてみましょう。

特約や保険料の割引制度

マイカーリースのために保険会社を利用するなら、事故時の負担を和らげられる特約や割引制度にも注目です。

たとえば、弁護士費用補償特約なら、弁護士などの相談費用をカバーしてもらえます。自動車事故での賠償請求は基本的に相手との話し合いが必要なので、専門家の力をお得に借りられることは大きいでしょう。

他にも個人賠償責任特約として、自身の過失で相手にケガを負わせてしまったときの賠償金をカバーできるプランもあります。

保険料の割引は、運転者の年齢が一定以上で有効ということがあります。限定なしの方が保険料がもっとも高いことがほとんどです。「本人限定」など、運転者を限ることでも保険料が安くなるでしょう。

さらに注目すべきは安全運転レベルです。20段階のうち免許証を取りたてなら最低から始まり、無事故などの結果保険を使わなければ等級が上がっていきます。

マイカーリースを使っていても等級が大きいほど保険料の割引率がアップすることに注目しましょう。

ロートピアなら任意保険込みで契約できる

ロートピアなら任意保険込みでマイカーリースができるのでおすすめです。メンテナンスリースとファイナンスリースの2つのコースがありますが、どちらでも任意保険を扱っていてお得ですよ。

契約時の割引等級も引き継げるのでご安心ください。マイカーリース料とセットで保険料を払えるので、スケジュール面の負担も和らげられます。

当店の任意保険は「自動車リース専用長期契約」として、マイカーリース契約期間中に事故が起きても保険料が変動せず、毎年の更新手続きも不要です。自動車事故のリスクについてご相談したい方は、こちらの任意保険をどうぞ。

まとめ

マイカーリースを利用した場合、自賠責保険への加入が義務になりますが、あらゆる事故やトラブルのケースを考え、任意保険に入ることもおすすめです。万が一のトラブルにあっても、対人や対物などの賠償責任による自己負担を軽減できるメリットがあります。

ロートピアでは任意保険つきのマイカーリースを扱っています。毎年の更新手続き不要などお得なポイントもあるので、お得なマイカーリースなら、ロートピアまでご相談ください。

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー