マイカーリース
購入するより費用が格安のマイカーリースで損することはある?

購入するより費用が格安のマイカーリースで損することはある?

近年女性や高齢者を中心に人気を集めるマイカーリース。マイカーを購入する場合と比較すると、費用を抑えてマイカーを所有できると好評ですが、せっかくならよりお得に利用したいという方も多いかと思います。そこで今回は、マイカーリースで損をしないためのポイントをまとめてみました。

カーリースの仕組み

マイカーリースの仕組みを簡単に説明しておきましょう。マイカーリースは期間を限定して、自動車をリース契約することでマイカーを所有するという方法です。

マイカーを購入するよりも費用を抑えることができるのは、リース期間満了後に、リースしていた自動車を下取りに出すことを想定しているからです。リース契約時にこの下取り料金を想定し、あらかじめ車両価格から下取り想定代金を差し引いて月額の支払い料金を決定します。そのため費用が安くなるということになります。

この仕組みだけを考えると、マイカーリースで損をすることなどないように思えますが、いくつか注意すべき点がありますのでまとめていきましょう。

マイカーリースで損しない【契約前】の注意点

まずはマイカーリースで損をするということを考えてみましょう。どのような形になれば損となるのか?これがハッキリしていれば、その損に対する対策をすればいいということになります。

マイカーリースで損をするということは、マイカーを購入するより高い費用が必要になった場合、またはマイカーのように自由に乗ることができなかった場合ということになるかと思います。

そもそもマイカーを購入するよりも費用が抑えられるというのがマイカーリース最大のメリットですから、ここがなくなる、もしくは大幅に減るというのでは意味がありませんし、ハッキリ言えば損です。そしてリースという形ではあっても、マイカーを購入した場合と同様にカーライフが楽しめなければこれも損といえるでしょう。

この2点を意識して、マイカーリースで損をしないためのポイントを考えていきましょう。

残価設定は高すぎないのがおすすめ

契約前に確認したいのが、リースするクルマの残価設定です。残価とはいわゆる下取り想定価格ということになり、新車でも中古車でも、マイカーリースをする際、車両購入価格から差し引かれる部分の価格です。もちろん残価設定は高い方が、毎月定額で支払う費用は安くなります。

仮に車両価格300万円の車をマイカーリースするとしましょう。契約期間後の残価設定が100万円であれば、差額の200万円を毎月定額で支払うことになります。一方残価設定が50万円だとすれば、差額の250万円を毎月定額で支払うことになるわけです。

ここだけみると残価設定は高い方が損はしないと思われるかもしれません。しかし、問題は契約終了後です。ここを想像しないと大きく損をしてしまうことがあります。

残価設定を100万円としていたのに、マイカーリース契約期間満了後の下取り査定が80万円だった場合、差額の20万円を支払わなければいけません。一方残価設定が50万円だった場合、下取り査定が80万円であれば、差額の30万円が返却される場合があります(※返却されるかどうかは、マイカーリース会社との契約次第ですので、事前に契約内容をよく確認しましょう)。

実はこの2つのケース、車両に対して支払う金額はどちらも220万円で同額です。しかし、解約時にいきなり20万円の請求を受ければ、どうしても「損をした」と感じるのではないでしょうか?

マイカーリース会社によっては、ありえないような残価設定を行い、月々の支払いが安い印象を植え付けて顧客を勧誘するケースがあります。こういった甘い文句に乗ってしまうと、解約時に大きな支払いが発生し、非常に損をしたと感じてしまう可能性があります。

マイカーリースのメリットとして、まとまった資金がなくても車を所有できるという点があります。しかし、解約時とはいえまとまった金額を請求されてしまってはこのメリットが消えてしまい、いわゆる損ということになります。

残価設定に関しては高すぎず安すぎず、誠実な金額を提示してくれるマイカーリース会社を選びましょう。

契約期間

マイカーリース会社によって、契約期間を選べるケースがあります。契約期間に関しても注意が必要です。ではマイカーリースにおいて短期間の契約と長期間の契約ではどちらが得でどちらが損になるでしょう。

月々の支払額という点では、どちらが安くなるかは計算をすればすぐに出ます。ただこの記事のポイントは「損をしない」ということですから、損をしない、そしてできれば得をするという点で考えてみましょう。

損をしないためには、契約期間満了時に、余計な追加料金を支払わないこと、またリース期間中に余計なメンテナンス費用をかけないことが重要です。こういった観点で考えると、契約期間は短い方が損をする可能性は低いといえるでしょう。

まず、短期間リースであれば、リースしている車が不調になる確率が下がります。余計なメンテナンス費用がかからないということです。さらに短期間リースであれば、よほど無茶な運転をしない限り、マイカーリース期間満了後に追加費用が発生することも少ないでしょう。損をする可能性が非常に低いということになります。

マイカーリース会社によっては、マイカーリース期間満了後に、延長リースすることができる会社も多くあります。よほど気に入った車であれば、その時に延長を申し入れればいいですし、マイカーリース期間満了後に、他に気になる新車種が登場していれば、そちらに乗り換えることも可能です。

損得の考え方で言えば、まず短期間リースがおすすめということになります。

中途解約をしないよう月々の料金は無理のない範囲で

マイカーリースにおいて、最悪のケースが毎月定額のリース料金を支払えなくなることです。多くのマイカーリース会社では、中途解約を認めていません。もちろん中途解約し、ほかの車種に借り換えるということであれば対応可能なケースはありますが、単純に契約期間中にリースを止めるというのは認められないことがほとんどです。

ちなみに毎月の定額料金が支払えなくなった場合、最終的にはリースしている車は引き上げられ、その時点で下取りに出されます。そのうえで不足分を一括納入するという形になるのが一般的です。

仮に車両価格300万円の車をリースしていて、車両価格を50万円分納めたところでリース料が支払えずに強制解約になったとします。この時点での車体の下取り価格が100万円だった場合、差額の150万円が車両に関しての一括支払い額となります。

さらに言えば、その他の契約に含まれていた料金や消費税、さらに遅延損害金なども支払う必要があり、大きな損ということになります。

マイカーリース契約を組む場合は、支払い不能で中途解約のようなことがないように、きちんと支払える範囲での車種選択、期間選択を行いましょう。

新車と中古車のどちらを選ぶか?

マイカーリースで損をしないという観点から、新車を選ぶべきか、中古車を選ぶべきかを考えてみましょう。

短期間でのリースを考えているのであればおすすめは新車です。これは前述の通り、修理やメンテナンスという点で経費がかかる可能性が低いからです。もちろんマイカーリースされる中古車は、一定程度以上の品質を持つ中古車ではあります。それでも新車と比較すると、どうしても修理の可能性は高くなります。

一方リース期間を長期間にした場合はどうでしょう?長期間リースの場合は中古車と新車の間にある故障リスクという点では、短期リースほど大きくはなくなります。こうなると考え方のひとつとして、中古車を選んだ方が得という考え方もできます。

そもそも中古車を選ぶメリットは、新車よりも費用を抑えて自動車を所有することができるという点です。故障リスクに大きな差がないのであれば、中古車を選ぶことでより費用を抑える、もしくは新車と同じ費用で、ワンランク上の車種を所有するということも可能になります。

新車か中古車かという問題に関しては、契約期間や契約内容、そして使用目的によっても変わってきますので、ご自身のライフスタイルなどを考え、損をしないように選択をするのがおすすめです。

契約内容をきちんと確認しよう

契約前に損をしないためにできることを要約すると、「契約内容をきちんと把握する」ことにつきます。

どのような契約内容で、どのような場合に追加費用が必要となるのか?月々の支払いはどの程度になるのか?車検の際の対応はどうするのか?など確認事項は多岐にわたりますが、損をしないためには熟考することをおすすめします。

必ずチェックしておきたいことをいくつか挙げておきましょう。まずは自動車の維持費に関してです。自動車を所有すると、毎年4月に自動車税の納付が必要になります。そして、2年もしくは3年に一度必ず車検を通す必要があり、車検時に同時に重量税という税金の納付も必要になります。

他にも法定点検や安全点検なども必要ですし、何より自動車に乗るにはガソリン代も考える必要があります。借りる方によっては駐車場代も必要でしょう。

そこで毎月の定額料金にはどこまで含まれているのかを知ることが大事になります。多くのマイカーリース契約では、自動車税や自賠責保険は定額料金に含まれています。

しかし車検代や重量税、任意保険に関してはプランによって含まれていたりいなかったりしますので、そこをチェックします。毎月の定額料金に、どの程度の維持費がプラスされるかを考え、その上でご自身の経済状況で確実に支払えるという範囲で契約を行いましょう。これを心がけるだけで、損をする確率は大幅に減らすことができます。

マイカーリースで損しない【利用中】の注意点

ここまではマイカーリース契約をする前に考えるべきポイントについて解説してきましたが、ここからはマイカーリース契約を結び、実際に車を所有してからの注意点を考えていきましょう。

走行距離に気をつける

マイカーリース会社によっては、マイカーリース契約時に走行距離に上限を決めるケースがあります。走行距離の上限を決めることで、リース期間満了時の下取り価格をより正確に計算できるからです。

こういった契約の場合は、日ごろから走行距離は常に気を付けておく必要があります。毎日細かくチェックする必要はありませんが、一か月でどのくらい走ったかを常にチェックし、走行距離を調整しながら車を使用するようにしましょう。

また、マイカーリース契約の中に走行距離の項目がない場合でも、走行距離は少ないに越したことはありません。走行距離が少ないということは、買取価格も高額になり、リース期間満了後に追加料金を請求されて損をするという確率を下げることにつながります。

もちろんマイカーリースをする以上、乗る前提でのリースではありますが、損得のみを考えるのであれば、本当に必要な場面だけ使用し、車でも電車でもいいという場合は電車を利用することも考えるといいかもしれません。

カスタマイズ・改造をしない

マイカーリースは最終的に使用した車を下取りに出すことが前提の契約になります。そんな中で比較的多い失敗が「改造」です。自動車を下取りに出す際、購入時から改造されている部分があると、ほとんどの場合査定額は下がります。

そのため多くのマイカーリース会社は、契約の際に「改造・カスタムの禁止」を項目に入れています。「自分は車の改造に興味がない」と思っている方も多いかと思いまずが、この場合の改造は広い意味での改造ということになりますので、注意が必要です。

例えばホイールカバー。この程度は改造に入らないと思っている方も多いかと思いますが、ホイールカバーを交換するだけでも改造ということになります。もちろん純正パーツをきちんと保管して、返却の際に戻せるようであれば問題ありませんが、戻せないと査定は下がります。

もっと極端な話をしてしまうと、ステッカーを貼る行為も改造にあたります。こちらは返却の時にきれいに剥がせば問題ないと考える方がいるようですが、必ずしもそうとは限りません。仮にステッカーをボディに貼っていた場合、数年間ボディに貼っていることで、ステッカーを貼っていた場所だけボディの色が変わってしまうことがあります。

正確に言うと、ステッカーで保護された部分は購入時の色で、そのほかの部分が日焼けなどで変色しているのですが、外装の変色も査定が下がる要因となります。

マイカーリースで所有した車には、改造やカスタム、それに伴うような行為をしないのは、損をしないための絶対条件とも言えますので覚えておきましょう。

軽微な事故でも必ず報告する

マイカーリースにおいて、もっとも大きな損失につながる可能性があるのが事故の処理です。当然ですが、自動車事故を起こしてしまった、もしくは巻き込まれてしまった場合は、警察に連絡する必要があります。その後加入している保険会社にも連絡をし、賠償が必要な場合は、保険金を充当するのが一般的な事故処理の流れです。

問題は非常に小さな事故の場合。例えば停車中の車に少しだけぶつけたしまった、ぶつけられてしまった場合。パッと見車に損傷もなく、お互い身体に異常がなさそうということで、その場で解決してしまうと思わぬ損をすることがあります。

事故を起こした際に警察を呼ぶのは、警察に「事故証明書」を作成してもらうためです。この事故証明書がなければ、いつどこでどんな事故があったかを証明することができません。

事故直後は何ともなかったのに、後日身体に不調が出てきた、夜の事故で気づかなかったが、翌朝見たら車に大きな傷があった、などの場合が問題です。事故証明がないと、治療費も修理代も保険は使用できず、すべて自己負担という大きな損失につながります。

さらに車に傷や故障が発覚すれば、マイカーリース期間満了後の下取り金額も下がり、追加費用を請求されるかもしれません。ちょっとした手間を惜しんだばかりに、後々大きく損をしてしまう可能性があるわけです。

小さな事故だからと油断すると非常に大きな損失につながる可能性がありますので、特にマイカーリースをしている場合は、どんなに小さな事故でも必ず警察に連絡し、事故証明書を作成してもらいましょう。

同時に保険会社やリース会社にも連絡を行うと、のちの損失を最小限に食い止めることができるのでおすすめです。

契約後のポイントは安全運転

損をしないことに重点を置いて、契約後の車の使用について考えると、何より安全第一の運転が重要ということになります。マイカーリースは、マイカーを購入する場合と違い、マイカーを借りている状態です。借りているものは丁寧に扱うのが基本。車を丁寧に扱うということは、安全運転を心がけるということに直結しますし、これが損をしないための最善の方法です。

無理な長距離運転を繰り返すことは事故を起こすリスクを高めますし、走行距離も多くなります。どちらも損をする可能性を高める行為です。またスピード超過などの危険走行も事故の可能性を高めるため、マイカーリースということを考えれば当然損をする可能性が高くなります。

当たり前のことですが、交通ルールを守り、安全確実に乗ることで、損をするどころか格安でマイカーを所有できる。これがマイカーリースのメリットを最大限生かす方法といえるでしょう。

まとめ

マイカーリースで損をしないためには、契約前から使用中まで、最低限注意すべきポイントがあります。

マイカーリースにおける「損」とは大きく分けて2つ。費用面での損と、使用感における損です。費用面で損をしないためには、何より自身の経済状況に合わせ、確実に毎月の費用を支払えるプランでリースをすることです。

マイカーリースは毎月の定額料金の中に、車の維持費の一部が含まれています。しかし、ガソリン代や駐車場代などは当然含まれていませんので、それらも加味したうえでマイカーリース契約について比較検討するようにしましょう。

使用感における損を被らないためには、何より安全運転を心がけることが重要です。とはいえ必要以上に構えることはなく、当たり前の運転を、当たり前に行えば十分です。

マイカーリースは基本的に車両価格が購入時と比較して大幅に安くなるサービスです。このサービスの特徴を最大限生かすためにも、無理のない支払いプラン、無茶な運転をしないことをおすすめします。

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー