マイカーリース
メリットやデメリットでわかるマイカーリースの評判を徹底検証!

メリットやデメリットでわかるマイカーリースの評判を徹底検証!

近年利用者も増え、テレビCMもよく見かけるようになったマイカーリース。まだマイカーリースを利用したことがない方にとって、マイカーリースの評判というのは気になるところでしょう。

そこでこの記事では、マイカーリースのメリットとデメリットを検証。どのような人にマイカーリースがおすすめかということをまとめていきたいと思います。

マイカーリース利用者の気になる評判【メリット編】

まずはマイカーリースを利用するメリットから考えていきましょう。メリットを考える場合、比較対象が必要となりますので、マイカーを購入した場合と比較しながら検証していきたいと思います。

新車を購入するよりも料金が安い

マイカーリースを利用する最大のメリットは、何といっても安いということです。どのくらい安いかを知るために、マイカーリースの仕組みを簡単に解説しておきましょう。

マイカーリース会社のよりますが、基本的にマイカーリースは契約時にリース期間を決めます。そのリース期間終了後に、リースしていたクルマを下取りに出すことを想定し、その買取金額を車両価格から差し引いてリース料金を支払う形になります。

下取り価格分、新車購入価格よりも安い費用で購入できるということが評判を呼び、現在のマイカーリース人気が生み出されたといっていいでしょう。

定額料金だからまとまったお金を用意する必要がない

マイカーを購入する場合、それなりにまとまった資金が必要となります。もちろん多くの方がマイカーローンを組むかと思いますが、それでもそれなりの資金を用意してからの購入となります。

一方マイカーリースの場合、特に資金を用意することなく申し込むことが可能です。マイカーを購入する場合は、4月には自動車税の納付があったり、2年に1度のペースで車検代や重量税が必要であったりと、時期によって自動車にかかる費用が変わります。

その点毎月定額の支払いでマイカーを所有できるマイカーリースの評判は上々といっていいでしょう。

また、毎月定額の支払いということは、難しいことや面倒なことに気を遣う必要がないということにもなります。「もうすぐ自動車税を納付する時期だから税金分を確保しないといけない」ですとか、「車検代がどのくらいかかるかわからないから怖い」などといったことに神経を使うことなくうマイカーライフを送れると評判になっています。

契約の手続きが簡単

マイカーリースの評判がよく、利用者が増えている大きな要因となっているのが、手続きの簡素さでしょう。もちろんマイカーを所有するわけですから、書庫証明の申請などは必要ですが、マイカーを購入するのと比較すると手間は大幅に削減できます。

まず、自らカーディーラーに出向き、車を試乗したり、比べたりする必要がありません。さらにディーラーの担当者と話し、価格について値引き交渉することもありません。

マイカーリースの申し込みは、多くのマイカーリース会社がインターネットからの申し込みを受け付けています。もちろんマイカーリースの申し込みに対しては審査が行われますが、それはマイカー購入時のローンでも同じこと。より安い金額のマイカーリースの方が審査も通りやすいと考えていいでしょう。

ちなみにマイカーリースの契約に関しては、値引きはほぼありません。マイカーリースの場合、マイカーリース会社がディーラーかや中古車屋から車を購入します。この時すでに値引き交渉が行われていますので、マイカーリース契約の時点でさらに値引きということはありません。

一見安くならないことはデメリットといえるかもしれませんが、値引き交渉をする手間がないということを考えればメリットとも考えることができます。値段に関しては確実にマイカー購入よりも安くなりますので、値引きについては考えず車種を選べるということになります。

マイカーの購入における手間の多さを知っている人にとっては、非常に評判のいいシステムといっていいでしょう。

クルマのメンテナンスで安心できる

クルマを所有するとなると、クルマのメンテナンスに関しては利用者が責任をもって行う必要があります。特にクルマを借りている状態であるマイカーリースにおいては、メンテナンスをするのは借りている側の義務といってもいいでしょう。

しかしクルマの所有が初めての方、免許取りたての方や女性の方にとっては、このメンテナンスというのが難しいものになります。クルマの仕組みや状態を正確に把握するのは難しく、いつどんなメンテナンスを行えばいいのかわからないという方が多いようです。

そんな方に評判なのが、メンテナンス料も含めた定額プランを提供しているマイカーリース会社です。こういったプランを利用していると、どのタイミングでメンテナンスが必要かがわかりやすく、しかもメンテナンスに出す業者も定められていることから、メンテナンスに出しやすいということもあります。

何より評判がいいのは、このメンテナンス料が毎月の定額料金に含まれているため、費用面で不安がないことです。

クルマの所有に慣れていない方は、特に評判がいい、メンテナンス料込みのプランを選ぶのがおすすめです。

マイカーリース利用者の気になる評判【デメリット編】

ここまでメリットについてまとめてきましたが、もちろんデメリットもあります。メリットに関しては最大限に生かすように、そしてデメリットに関してはそれが生じないように意識して利用するのがマイカーリースの賢い利用方法となります。

走行距離に注意が必要

マイカーリースのデメリットとしては、走行距離に上限が設定されていることが多いということです。マイカーを購入したのであれば、どれだけ乗っても問題ありませんが、リース期間終了後に下取りに出すことが前提の契約を行うマイカーリースでは、走行距離にも気を配らないといけません。

もちろん走行距離に制限があること自体は評判が下がる要因となりますが、多くのマイカーリース会社の契約内容を見ると、そこまで無理な制限をかけていることはありません。

長距離移動が多い方などには評判はあまりよくない制度かもしれませんが、例えばセカンドカーとして、近所に行く場合に利用するクルマなどに関しては、走行距離規制で評判が悪くなるということはないようです。

また考え方を変えれば、走行距離上限があるおかげで、無駄なマイカー使用が減るとも考えられます。自動車は二酸化炭素を排出する乗り物として、世界的に評判はよろしくありません。そこまで壮大に考えなくても、走行距離を考えながら利用することで、ガソリン代や高速代の節約をすることも可能です。

悪い評判の要因ともなる走行距離上限ですが、考え方次第では良い評判の要因となるかもしれません。

契約終了時に追加の費用負担が生じた

マイカーリースの悪い評判を調べていると、比較的多いのが解約時のトラブルです。マイカリース期間中がどれだけ快適でも、最後の印象が悪いと評判が悪くなってしますようです。

そんな解約時のトラブルとして多いのが、追加費用の請求です。契約時に下取り価格を想定し、その分を差し引いた金額を基に、毎月の定額料金は決められます。マイカーリース期間終了後に実際の車体を下取り査定に出したら、想定していた下取り価格を下回っていた場合、その差額は利用者の負担になります。

一例を挙げると、下取り想定価格を50万円として契約を行ったものの、契約期間終了後に下取り査定をしたら40万円の査定であったとしましょう。この場合差額の10万円は、使用者の負担になります。つまり想定よりも10万円分、クルマの使い方が荒かったということです。

マイカーリースはまとまった資金がなくてもマイカーを持てるサービスだけに、解約時とはいえ、まとまった金額を請求されてしまうと、たとえ自分に責任があっても評判は悪くなるものです。

マイカーリースを利用する場合、クルマの取り扱いには十分注意が必要ということになります。

【まとめ】こんな人におすすめ

では、これらのメリットやデメリットを確認しつつ、マイカーリースを使用するのに適した人を考えてみましょう。ポイントはメリットを最大限に生かせる、もしくはデメリットを打ち消せる人ということになります。

現状まとまった資金のない人

何よりもっともおすすめとなるのは、現状まとまった資金がない人にマイカーリースはおすすめです。マイカーを購入するよりも費用を格段に抑えて車を所有できるメリットを最大限に生かせるのがこういった人です。

また、契約申し込みが手軽なのもおすすめのポイントです。資金がない、時間がないという方には、非常に評判の良いサービスになります。

マイカーを持つのが初めての人

マイカーをもって経験のない方は、いつどのくらいの費用が必要になるかのイメージがないかと思います。そんな方にとってマイカーリースは、毎月定額料金を支払えば、突発的な出費はほぼなくマイカーを所有できる非常に評判のいいサービスということになります。

免許取りたての方や、今まで自分用の車を持ったことがないという女性の方などは、まずマイカーリースを利用して、クルマを所有することで、どの程度の費用が必要になるのかを経験してみるのがおすすめです。

もちろんマイカーリースの評判が良ければ、その後もマイカー購入ではなく、マイカーリースを利用して、いろいろな車種に乗るというのもいいでしょう。

次々発売される新車に興味がある人

日本国内や海外の自動車メーカーも合わせると、新車種はどんどん発表されています。そんな新車種が気になるという方にはマイカーリースがおすすめです。

マイカーリースは会社によって様々な車種を扱っています。そこで気になる車種を新車でマイカーリースしましょう。マイカーリースの期間はできれば短めで。3年程度がいいかと思います。

そして3年後、新たに気になる車が出ていれば、現在の契約を完了し、次に新しい車種を新車で乗ってみるというローテーションにすれば、より多くの車を所有することができます。

このように気軽にどんどん車種を変えられるのは、マイカーリースの契約が簡単であるが故のメリットです。新車をどんどん乗りたい人にとっては、いちいちディーラーを探して通う必要があるマイカー購入よりも、マイカーリースの方が便利ですので評判がいいようです。

セカンドカーとして考えている人

上でも少し触れましたが、セカンドカーの購入を考えている方にマイカーリースは特におすすめです。メインのマイカーを持っていることで、リースした車の走行距離が増えすぎることは防げます。何より安い値段でセカンドカーを持てるメリットは非常に大きいでしょう。

主婦の方が近所の買い物用にリースをしたり、免許を取ったばかりのお子さんが自由に使えるようにリースをしたりと、その目的は多岐にわたります。

セカンドカーで考えているのであれば、おすすめは軽自動車です。もちろん車両価格が安いということもありますが、税金面でも出費を抑えることができますので、非常にリーズナブルになります。

家族内でセカンドカーとして利用した車種の評判が良ければ、リース期間終了後に買取という対応ができる契約もありますし、リース延長が可能なマイカーリース会社もあります。

一度リースをして評判を聞いてみるのも上手なマイカーリースの利用法といえるでしょう。

自動車を丁寧に取り扱える人

これは非常に重要なポイントでもありますが、自動車を丁寧に扱う人にマイカーリースは非常におすすめです。

マイカーリースのデメリットとして、解約時の追加費用発生という項目があります。このデメリットを打ち消せるのが、クルマを丁寧に取り扱える人です。丁寧に取り扱うというのは運転面も含めて。無謀な運転をしない、安全運転の人におすすめとなります。

また、マイカーリースの基本として、装飾や改造は禁止というものがあります。改造や装飾は下取り価格を下げる要因となりますので、こういった行為もしない人にマイカーリースはおすすめになります。

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー