マイカーリース
マイカーリースで契約した車両は買取できる?メリットや注意点を解説

マイカーリース契約車両の買取・売却について解説

マイカーリースの契約期間は3~7年程度が多く、中長期の利用が想定されているサービスです。

長く乗っていると契約した車両に愛着がわいたり、乗り慣れて手放したくなくなったりすることもあるでしょう。

マイカーリースの車両に乗り続けたい場合、契約終了後に買取することはできるのでしょうか。

この記事では、マイカーリースで契約した車両は買取できるのかお伝えするとともに、買取のメリットや注意点もあわせてご紹介します。

マイカーリースの利用を検討している方はもちろん、現在マイカーリースを契約している方にも役立つ内容となっていますので、ぜひ参考になさってください。

マイカーリースの車両は買取できる?

マイカーリースとは、あらかじめ設定した契約期間で月々の定額料金を支払いながら新車や中古車を借りられるサービスです。

車両本体価格だけでなく、税金や自賠責保険料、車検・メンテナンス料金などの維持費も月額料金に組み込めるため、クルマにかかる費用を一元化できます。

契約満了後も同じクルマに乗り続けたい場合、マイカーリース会社によってはリース車両の買取が可能です。ここでは、マイカーリースにおける買取の仕組みについて詳しく解説します。

リース車両は誰のもの?

新車を購入する場合、クルマの「所有者」と「使用者」は同一人物になるケースが多いでしょう。

しかし、マイカーリースで契約する車両は、「所有者」と「使用者」が異なります

マイカーリースの場合、「所有者」は契約するマイカーリース会社、「使用者」は契約者個人となり、基本的には「契約者=使用者」でなければなりません。

クルマの「所有者」と「使用者」

クルマの
所有・
利用方法
所有者 使用者
一括
購入
購入者(※) 購入者(※)
ローン
契約
所有権留保により
返済が終わるまでは
信販会社やディーラーに
なる場合が多い
購入者
レンタカー レンタカー会社 レンタカー会社
カー
シェア
リング
(企業)
カーシェアリング会社 カーシェアリング会社
マイカー
リース
マイカー
リース会社
契約者

(※)必ずしも同一人物になるとは限らない(親が子にクルマを購入する場合は「所有者=親」「使用者=子」)

マイカーリースとは、あくまで「所有者」であるリース会社から車両を借りるサービスです。

車両の売買や名義変更などの手続きができるのはクルマの「所有者」であるマイカーリース会社だけであり、「使用者」である契約者はできません。

しかし、マイカーリースの契約期間が終わったあとは、リース車両の買取を可能とする会社が多々あります

買取を希望する契約者は、契約満了時に残存価格の精算や名義変更手続きなどをすることで、リース車両を自分のものにできます。

契約したリース会社に買取プランがあれば買い取れる

マイカーリースで契約した車両を買取できるのは、リース会社が契約終了時に車両の買取を可能としている場合です。

リース車両を買取できるかどうかはマイカーリース会社によって異なり、返却や乗り換えのみを受け付ける会社もあります

この場合はリース車両を買い取ることはできず、契約期間が終わったと同時にマイカーリース会社へ返却しなければなりません。

どのプランを選んでも契約満了時には買取を選択できる会社もあれば、契約時に加入するプランや条件によって買取できるかどうか変わってくる会社もあります。

また、契約満了時に残存価格の精算がなく、そのままクルマがもらえるプランを提供する会社もあるなど、契約終了後のリース車両の取り扱いはさまざまです。

契約するマイカーリース会社の規定をよく確認し、契約プランを選ぶ際は今後のライフスタイルの変化などを考え慎重に検討しましょう。

買取時に発生する主な費用

マイカーリースで契約した車両を買い取る際は、以下の費用が発生します。

  • 契約時に設定した残存価格
  • 消費税
  • 名義変更手数料
  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険料
  • リサイクル料金

残存価格とは契約終了時を想定した車両の査定価格であり、リース契約時に設定します。

月々の料金は新車価格から残存価格を差し引いて算出されているため、買取をする場合は残存価格を精算する必要があります。

契約終了時の精算が不要なプランに加入している場合は、名義変更手数料や法定費用(税金、自賠責保険料、リサイクル料金)のみ発生します。

マイカーリース会社や契約プランによって規定が異なるため、買取の希望があればあらかじめ必要な費用を確認しておくことをおすすめします

マイカーリース契約満了時の選択肢は4パターン

マイカーリースはリース会社から車両を借りるサービスですが、契約満了時の選択肢は「返却」だけとは限りません。

車両の取り扱いについては、複数のパターンから選択できる会社がほとんどです。

ここでは、リース契約満了時の主な選択肢をご紹介します。

1. リース車両を買取

マイカーリース会社によっては、契約満了時に残存価格や法定費用を精算することで、リース車両をそのまま買い取れる場合があります。

マイカーリースは中長期の契約が多いため、愛着がわきこのまま乗り続けたい場合は買取を検討することになるでしょう。

買取時には名義変更をするため、車両の「所有者」はこれまでのリース会社から契約者に変更されます。買取し所有者名義が変われば、車両の売却や譲渡などは自由に行えます。

2. 新車へ乗り換え

長期間同じリース車両に乗っていると、新しく発売されたクルマに興味が出たり、ライフスタイルの変化で乗車定員の多いクルマに変えたくなったりと、新車への乗り換えを検討するケースもあるでしょう。

新車へ乗り換えたい場合は、リース車両をマイカーリース会社に返却し、いったん精算して契約を終了します。その後、希望の新車で新しくリース契約を締結すれば、引き続きマイカーリースを利用できます。

リース車両返却時の残価精算でプラスになると、その分を頭金として利用しリース料金を安くできる場合があります

3. 契約延長(再リース)

リース車両に乗り続けたい場合、買取以外にも契約延長(再リース)という選択肢があります。契約延長を希望する場合は、新たに契約期間を設定して再リース契約を結びます。

再リースの場合、契約期間は1〜2年程度が一般的です。

同じ車両に長期的に乗り続けたい場合は、買取を選択した方がよいかもしれません。

また、再リースでも審査が必要なため、審査結果によっては契約延長ができない場合もあります

4. マイカーリース会社へ返却

今後マイカーリースでクルマを利用する予定がない場合は、リース車両をマイカーリース会社へ返却します。

返却時には車両の残存価格を査定し、プラス査定であればキャッシュバック、マイナス査定であれば追加請求が発生します。

残存価格はあくまで契約時の予想査定価格であり、契約満了時の査定価格を保証するものではありません

車体にキズ・へこみが生じている、契約時に定めた月間走行距離を超えているなど、査定価格が残存価格よりも低い場合は不足分を支払う必要があります。

リース車両を買い取るメリットは?

リース車両を買い取ると所有者がマイカーリース会社から契約者に変更されるため、完全に自分の所有するクルマとして利用できます。

マイカーリースで契約した車両を買い取ることには、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

愛着のあるクルマに乗り続けられる

中長期の契約が多いマイカーリースでは、乗り慣れて愛着のあるクルマに今後も乗り続けたいと考える方は多いでしょう。

自分の体に慣れたクルマは使い勝手がよく、安全に運転できます。

買取時には残存価格の精算が必要ですが、残存価格を差し引いた車両価格はすでに契約期間で支払いを終えています。

法定費用を含めても、それほど大きな負担にはならないでしょう

走行距離を気にする必要がなくなる

マイカーリースでは契約時に走行距離を決めています。

マイカーリース会社やプランによって走行距離の上限は異なり、超過した場合は契約満了時に実施する残存価格の査定でマイナスになる可能性があります。

リース車両を買取すると、走行距離を気にすることなく自由にクルマを利用できます

マイカーリースで走行距離を超えていた方、転職や転勤などで契約期間中よりも走行距離が長くなる方は、リース車両の買取を検討してみてもよいでしょう。

十分に整備されたクルマに乗れて安心

マイカーリースでは、月々の定額料金に基本的な維持費やメンテナンス費用を組み込めます。

プランによっては、はじめから月額料金に車検費用やオイル交換代などが含まれている場合もあり、マイカーリースの車両は定期的なメンテナンスを受けていると考えられます

リース車両を買取すれば、メンテナンスが行き届き十分に整備されたクルマに安心して乗り続けられるでしょう。

名義変更や売却ができる

リース車両の所有権はマイカーリース会社が持っているため、契約期間中は契約者が名義変更や売却をすることはできません。

しかし、リース車両を買取する際は名義変更し、所有権を契約者に変えます。

買取によって契約者が所有権を持つことで、今後は契約者自身で名義変更や売却ができるようになります。

リース契約中は所有権を持つマイカーリース会社が税金や自賠責保険料の支払い手続きをしていましたが、車両を買取した後は契約者自身が手続きしなければなりません。

通常の新車購入時と同じように、車検や点検、メンテナンスなどもすべて自分で手続きすることになります

リース車両を買い取りたい場合の注意点

リース車両を買い取りたい場合は以下の点に注意しましょう。

買取できないプランやマイカーリース会社もある

契約プランやマイカーリース会社によっては、リース車両の買取に応じていない場合があります。

たとえば、残価精算の責任をマイカーリース会社が持つ「クローズドエンド方式」の場合、契約満了時に契約者が残価精算する必要がないため、リース車両を買取することはできません。

買取の可能性が少しでもあるなら、契約満了後に車両を買取できるプランを選んでおいた方がよいでしょう。

原則としてリース期間中に契約内容の変更はできないため、よく考えてプランや会社を選ぶ必要があります。

売却は買取してから!契約期間中の売却はNG

リース車両を売却したい場合は、必ず買取をして所有権を自分に変える必要があります。

契約期間中はマイカーリース会社に所有権があるため、当然ながら勝手に売却することはできません

マイカーリースでは契約期間中の中途解約は想定されておらず、リース車両を買取できるのは契約期間が終わってからになります。

中途解約には高額な違約金がかかるため、クルマが不要になり売却を考えている場合でも、契約期間満了までは自分で保管しておくことをおすすめします。

法人向けマイカーリースは買取不可が多い

マイカーリース会社によっては、個人向け・法人向けでプランが分かれています。

法人向けのマイカーリースでは、契約満了後にリース車両の買取ができない会社が多々あります。

コスモMyカーリースの場合

法人向けの
場合
乗り換え・再リース・
返却から選択
個人向けの
場合
買取・乗り換え・
再リース・返却から選択

オリックスカーリースの場合

法人向けの
場合
再リース・返却から選択
個人向けの
場合
新車はプランによって
無償譲渡可能、
中古車は
無償譲渡・返却から選べる

このように、個人向けマイカーリースでは買取を選択できても、法人向けでは買取に応じていない会社があります。

法人や個人自業主がマイカーリースを利用する場合は、契約満了後の選択肢が少なくなる可能性があることを知っておきましょう。

【まとめ】買取を選べるマイカーリース会社がおすすめ!

マイカーリースで契約した車両は、契約プランやマイカーリース会社によっては買取可能です。

契約期間満了後の車両の取り扱い方法は複数あり、「買取」「乗り換え」「契約延長(再リース)」「返却」の4パターンが一般的です。

契約するプランやマイカーリース会社が買取に応じていれば、契約満了後にリース車両を買取できます。

中長期の利用が主流なマイカーリースでは、クルマに愛着がわいてこのまま乗り続けたいと考える方も多いでしょう。

買取の可能性がある場合、契約満了後の選択肢を多く持ちたい場合は、リース車両の買取を選べるプランやマイカーリース会社での契約をおすすめします。

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー