マイカーリース
マイカーリースのメリットは何?新車購入よりお得なサービス

マイカーリースのメリットは何?新車購入よりお得なサービス

「マイカーリースを使うメリットは何?」「デメリットで失敗しそうで利用してよいか分からない」などと悩んでいませんか。マイカーリースに限らず、新しいサービスを使うときは、メリットやデメリットなどの情報を整理することが大切です。

今回の記事ではマイカーリースを使う前に予備知識が欲しい方のため、メリットやデメリットなどを紹介します。参考にすれば、良い点と悪い点両方からマイカーリースのイメージをつかみやすくなるでしょう。

話題のマイカーリースとは何か?

クルマを手軽に使える手段として話題のマイカーリースについて、利用方法が分からないと悩んでいませんか。月々定額でクルマを借りられるのがマイカーリースの特徴なので、お財布に優しいことなどをチェックしましょう。

マイカーリースとはクルマを月々定額で借りられるサービス

マイカーリースとは、クルマを月額で借りられるサービスで、「クルマのサブスクリプション」としても有名です。音楽や映像、電子書籍など、さまざまな業界でサブスクリプションが話題になっていますが、クルマ業界でも広まっています。

従来、クルマを手に入れようとすると、頭金だけでなく長期的な維持費などまとまったお金がかかるイメージでした。しかしサブスクリプションにより、一定期間におけるクルマ関連の支出を少なくできるのがマイカーリースの特徴です。持ったあとの維持費などの諸費用もお得に感じられるメリットもあります。

レンタカーとの違いは?

マイカーリースと似た概念にレンタカーがありますが、サービス内容が異なります。マイカーリースは24時間365日いつでも月額払いで乗れることがポイントです。契約期間中なら時間を問わないので、多くの生活事情に対応できるメリットがあります。

レンタカーは、時間制限でクルマを借りる契約で、一日のうちに返さなければいけないケースも多いといえます。支払いは利用時間分だけで、休日の旅行などで一時的に必要になった場合に使うイメージです。

以上からマイカーリースとレンタカーは、契約で有効な時間の長さや用途などで違います。

カーシェアリングとも異なる

マイカーリースは、カーシェアリングとも中身が異なります。リースなら希望すればいつでも利用できることがポイントです。契約期間なら時間を選ばず使え、使用開始時に備えて業者がクルマを整備していることも多いでしょう。

カーシェアリングは会員登録して、空いている利用時間に応じた料金を支払うので、レンタカーの派生形といえます。24時間使える点でリースと似ていますが、先の利用者に押さえられて、希望した時間に使えないデメリットにも注意です。

以上からマイカーリースは、カーシェアリングより柔軟にクルマを使えるイメージがあります。

カーリースのメリット6つ

カーリースでは頭金がいらない、シンプルな申し込みなど、多くの人の事情に対応できる6つのメリットがあります。それぞれの詳細をまとめました。

頭金なしで新車に乗れる

マイカーリースは、頭金なしで新しいクルマを乗りこなせるメリットがあります。従来の新車や中古車の購入では、頭金に限らず、車両取得時の手数料や税金、維持費などが必要でした。クルマのローンの支払いに苦労する人もいたでしょう。

しかしマイカーリースなら、クルマに関する料金の多くが月額費用に入っており、いわゆる「コミコミ」での利用が可能です。持ち出し0円で新車に乗れるサービスもあるので注目しましょう。クルマに関する出費の節約としてもマイカーリースのメリットに注目です。

車種の選択肢が広い

マイカーリースは新車・中古車という選択肢に限らず、さまざまなメーカーのものに乗れることもメリットです。車種の選択肢が広いので、好みに合うお客さんも多いでしょう。

ただし中古のマイカーリースだと業者が整備していても、新車よりトラブルのリスクが大きくなることに注意です。

口コミ評価の高いリース業者なら、新車で幅広い車種を乗りこなせ、別種への乗り換えもかんたんでしょう。実際にロートピアでは、ホンダ・フィット、ダイハツ・トール、トヨタ・プリウスなど幅広い車種を利用できます。

シンプルに申し込みを完結できるケースも

マイカーリース契約には手続きが必要ですが、手順がシンプルなケースが多いといえます。

月額でクルマを借りる手続きには、個人情報の入力や車種の指定などを申請し、審査まで受けなければなりません。

しかしカーリース業界では、ロートピアのように簡潔な手順が多く、ハードルを低く感じられるでしょう。

将来の維持費コミで契約料を払える

マイカーリース料は、将来の維持費コミなので、細かい部分の出費に気を遣う必要がないメリットがあります。

維持の料金には、毎年5月の自動車税、2年ごとに訪れる車検代、メンテナンス費用などさまざま要素があります。本来は自力で維持費がかかる手続きをしなければならず、面倒なデメリットに感じる人も多かったでしょう。

しかしマイカーリースを使えば、クルマの世話にかかる費用・手続きをリース業者ひとつにまとめられます。主婦や年金生活者、アルバイトでもお金をコントロールしやすいでしょう。

月々の出費を節約しながらクルマを使える

マイカーリースのおかげで月々の出費を抑えられるメリットが得られます。これにより、生活費への好影響を期待でき、貯金を目指している人にとっても、出費を抑えながらクルマを利用できるサービスはお得に感じられるでしょう。

サービスを使いこなせれば、ディーラーなどで新車や中古車を購入した場合よりも、月々のローンよりサブスクリプションの月額の方がお得な可能性があります。

一般的に人気が高いと、将来的なクルマの価値を予測した「残価」が高く、その影響で人気車ほど月の支払相場が安い傾向です。しかし契約終了時に市場価値が設定残価より低いと、差額分の請求を受けることがあるので注意しましょう。

メンテナンスや乗り換え手続きなどの手間を省ける

マイカーリースを使えば、メンテナンスなどの手続きもひとつの場所で完結させられるので、仕事が忙しい人でもスケジュールに余裕を持たせやすいメリットがあるでしょう。

従来の新車や中古車の自己管理は、エンジンオイル交換、整備などのメンテナンス、定期的な車検などさまざまな作業が必要です。しかし仕事が忙しいなどの理由で後回しにしていた人もいたでしょう。

しかしマイカーリースを使っていれば、定期メンテナンスをまかせたり、点検のお知らせを受けたりできます。リース料が維持費コミというケースもあり、購入した場合より金銭面でのお得感を味わえるでしょう。

メリットから分かるマイカーリースが向いている人のタイプは?

マイカーリースのメリットを踏まえ、自身が利用に向いているかを自己分析しましょう。節約志向な生活スタイルを目指していたり、法人として利用したりしたい場合などは、カーリースに向いているでしょう。

カーリースは節約志向におすすめ

マイカーリースはクルマに関する出費を抑えたい人にはメリットが働きやすいといえます。月額払いは、メンテナンスなどのコミコミ費用でできており、新車よりお得に乗りこなせる可能性に注目しましょう。任意保険料も込みの月額を払えるので、シンプルに手続きを済ませられることもメリットです。

コミコミ費用ながらお得な料金で利用できるマイカーリース業者もあるため、節約志向のある人に向いているでしょう。

法人なら経費としても計上できる

法人でもマイカーリースなら、経費計上などでお得に使えるメリットがあります。カーリースは当初、法人向けのサービスとして世に広まっており、クルマに関する経費を浮かせるために会社が利用するイメージでした。

カーリースならリースにかかった費用はすべて経費計上になるので、確定申告でも納税額をある程度抑えられるかもしれません。これからクルマでの移動が必要なビジネスの起業を考えていればメリットとして使えるでしょう。

仕事などが忙しい人でもカーリースで手間を省ける

マイカーリースを使えば、スケジュール面でも負担が軽くなるので、クルマの世話に時間がかかって趣味の時間を取れない事態も避けやすいメリットがあります。

メンテナンスや定期的な点検が面倒に思っていても、マイカーリース業者に大部分を任せられ、保険や維持などの費用もリース料にコミコミで入っています。クルマに関する手続きをひとつの場所にまとめられれば、書類管理などの負担も減らせることもメリットです。

必要な手続きのために、マイカーリース以外の場所を訪れる手間も省けることにも注目しましょう。

マイカーリース会社選びで注意すべきポイント3つ

マイカーリースのメリットを最大限に生かすには、業者選びも大切です。間違ったところを選んでしまうと想定外の出費などのデメリットを負うかもしれません。リースが終わった後のクルマの扱いなど、業者選びで注意すべきポイントをまとめました。

残価設定が高すぎたり、記載がないところは注意

健全なリース会社を選ぶには、残価の扱いに気をつけましょう。見逃すと損な取引にいたるデメリットで後悔するかもしれません。

残価設定が高すぎると、月々の利用費は安くなりますが、契約終了後に設定残価と実際の市場価値がズレすぎていることがあります。ズレたぶんは契約者が精算しなければならないので、手痛い出費です。

残価を高く見積もりすぎていないかだけでなく、オープンエンド契約なのに残価がない場所にも気をつけましょう。業者が実際の市場価値や残価をごまかし、法外な精算費用を求める可能性があるからです。

リースが終わった後のクルマの扱いに注意

マイカーリースの契約終了後におけるクルマの行方は、返却、再リース、買い取りと主に3つのパターンがあります。残価設定があると自身のクルマにするときに高い支払いを要するので気をつけましょう。残価設定が契約終了時の実際の相場より高いと損になるからです。

契約時から、リースが終わったあとのクルマに関する予定を業者と打ち合わせておくことがデメリット対策になるでしょう。

まとめ

マイカーリースのメリットは、月額料金でクルマを長期間借りられ、メンテナンスなどの世話も業者に任せられることです。車種の選択肢が広いことなど、さまざまな生活事情やニーズに対応できるのもまたメリットだと言えるでしょう。

しかし走行距離やカスタマイズに上限を設けているなどのデメリットもあるので注意点も存在しています。契約終了時に設定した残存価額が実際の市場より高いと損な取引になる可能性も。

それでもメリットが沢山あるので、マイカーリースがピッタリの人は沢山いると言えるでしょう。

この機会にマイカーリースのメリットを参考にして購入ではなく、マイカーリースを検討してみてはいかがですか。

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー