マイカーリース
マイカーリースは中途解約できる?契約前に確認しておきたいポイントとは

マイカーリースの中途解約と違約金について

マイカーリースとは、定額の月額料金を支払いながら新車に乗れる「新しいクルマの持ち方」です。

マイカーリースでは契約期間をあらかじめ設定する必要がありますが、リース期間終了前に自動車を手放したくなった場合、契約途中でも解約することはできるのでしょうか。

この記事では、マイカーリースで中途解約ができるケースや、契約前に確認しておきたいポイントを解説します。

また、解約リスクの少ないおすすめマイカーリース会社もご紹介しますので、マイカーリースをご検討されている方はぜひ参考になさってください。

マイカーリースって中途解約できる?

マイカーリースは長期契約が前提となっており、原則として中途解約はできません

マイカーリースの車両には、契約満了時の予想査定価格(残存価格)が設定されています。

さらに、月々の料金は契約期間で分割した金額が割り振られているため、契約途中での解約は想定されていないのです。

ただし、やむをえない事情がある場合は、中途解約を認めるマイカーリース会社がほとんどです。あくまで中途解約はできないことが前提であるため、契約途中で解約する場合は違約金の支払いが求められます。

解約できない場合の違約金っていくら?

一般的には、残り期間のリース料金や残存価格、事務手数料から、リース車両の査定価格、未発生費用(月額料金に含まれていたが解約までに発生しなかったメンテナンス費用や税金)を差し引いて算出します。

解約違約金の算出方法(例)
解約違約金=【残リース料+残価+手数料】−【査定額+未発生費用】

契約期間中に未払い期間や支払い遅延などがあった場合は、その分のリース料金や損害金が加算されます。

なお、交通事故でリース車両が全損したことが原因の中途解約では、車両に査定価格がつかずに(0円)になる可能性が高いです。

その分違約金も高額になるため、リース期間に加入する自動車保険は車両保険も付帯したものがおすすめです。

マイカーリースを中途解約する場合の違約金は、マイカーリース会社によって規定が異なります。契約途中での解約を検討する場合は、マイカーリース会社へ申し出する際に、違約金の算出方法も確認しておきましょう。

途中で契約解除できるのはどんなケース?

マイカーリースを途中で契約解除できるケースは以下のとおりです。

  • マイカーリースの契約者が死亡、長期入院する場合
  • 全損事故や盗難によりリース車両を継続利用できなくなった場合
  • 長期的な出張や海外転勤などでライフスタイルが大きく変化し、マイカーリース会社が解約理由として認めた場合

ただし、これらのケースはあくまで一般的な事例であり、中途解約を認める基準はマイカーリース会社によって異なります。

やむをえない事情での契約解除を除き、あらかじめ設定した契約期間中はリース契約を継続すべきでしょう。

マイカーリースの契約前に確認しておきたいポイント

長期間の契約が前提となっているマイカーリースでは、基本的に契約途中での解約は想定されていません。マイカーリースの利用を検討する際は、解約リスクを減らす対策をとっておくことをおすすめします。

ここでは、契約前に確認しておきたいポイント、解約しないで済むための対策をご紹介します。

月々の支払いプランは無理がないか

契約期間中にリース料金が支払えなくなることがないように、月々の支払いプランは無理のないように、計画的に設定しましょう。

マイカーリースでは頭金が不要なため、初期費用はほとんどかかりません。しかし、契約期間中は毎月支払いが継続します。

長い目で見て、これから毎月支払っていけるプランなのか、家計とも相談しながらよく確認しておかなければなりません。

また、一般的に契約期間が長いほど月々の料金は抑えられますが、その分中途解約のリスクも高まります

解約リスクを減らすには、月々の支払いプランを設定するときに、自分に適した契約期間かどうかも一緒に考える必要があります。支払いプラン、契約期間ともに無理のないベストな選択を心がけましょう。

家族構成の変化で乗り換えリスクが生じないか

自動車を乗り換える理由のひとつとして、家族構成の変化が考えられます。

たとえば、家族が増えてもっと大きなクルマに乗り換えたいケースもあれば、子どもが離れて夫婦だけで利用するようになり、コンパクトなクルマに乗り換えたいケースもあるでしょう。

マイカーリースを検討する際は、こうした家族構成の変化を考慮しながら契約期間を設定する必要があります。

家族が増える計画がある場合はファミリー向けの車両を契約するなど、先を見据えた対策をしておくとよいでしょう。

全損事故に備えた自動車保険に加入しているか

交通事故による車両全損の可能性も考えて、自動車保険(任意保険)は車両保険がついたものがおすすめです。

自動車保険は契約者側で加入するのが一般的ですが、マイカーリース会社によっては自動車保険の手配や月額料金への組み込みにも対応してもらえます。

更新手続きの手間がなく払い忘れもなくなるため、マイカーリース会社が対応してくれる場合はおまかせしてもよいでしょう。

リース車両を中途解約する場合、基本的には査定額がつき車両の売却が可能です。しかし、交通事故などで車両が全損した場合は、車両の売却ができなくなります。

そうなると、リース車両に査定額がつかないため、高額な違約金を請求されてしまいます。

自動車保険の加入はあくまで任意ですが、自賠責保険だけでは補償の範囲が狭くカバーしきれません。安心・安全なカーライフを送るには、補償が十分行き届いた自動車保険に加入することを強くおすすめします

月額料金が安い「新☆車生活」なら解約リスクが少なくおすすめ!

日産軽自動車ならロートピアが特に人気!

マイカーリースを利用するなら、中途解約のリスクが少ない会社を選びましょう。マイカーリースでは中途解約が原則認められておらず、違約金が発生する場合がほとんどです。

そのため、マイカーリース会社を選ぶ際は、解約リスクの少なさにも注目することをおすすめします。

ここからは、お得な月額料金で利用できるおすすめマイカーリース「新☆車生活」のサービスをご紹介していきます。

月々8,800円から新車に乗れる

「新☆車生活」では、月々8,800円から新車の軽自動車に乗れるプランを提供しています。

お得な月額料金には、新車の車両代金はもちろん、自動車税や重量税、自賠責保険料、車検費用、オイル交換代まで基本の維持費はすべてコミコミです。

車検やオイル交換は別途メンテナンスプランの追加が必要なマイカーリースも多いですが、「新☆車生活」ではこれらの費用も月額料金に含んでいます

法定点検やワイパーゴムなどの消耗品交換を含む「安心プラン」、タイヤやバッテリーなど高額な消耗品交換まで含む「充実プラン」は、メンテナンスオプションとして希望に応じてリース料金に追加できます。

7年おきに新車に乗り換え可能

「新☆車生活」の契約期間は7年間です。契約満了後の車両の取り扱いについては、以下の4つから希望のプランを選択できます。

  1. 新車に乗り換え
  2. 契約時の設定残価で買取
  3. 契約期間延長(2年間)
  4. 返却(使用状況により精算が発生する可能性も)

新車への乗り換えはもちろん、リース車両に乗り続けたい場合は買取や契約延長することも可能です。契約期間満了後のプランをライフスタイルに合わせて自由に選択できるのは、マイカーリースならではのメリットでしょう。

新☆車生活の詳細を確認

まとめ

マイカーリースでは、原則として契約期間中の中途解約はできません。

月々の料金は新車価格と残存価格の差額から算出し、契約期間の月数で分割して支払っていくため、契約途中での解約は想定されていないからです。

しかし、やむをえない事情がある場合は、違約金を支払うことで中途解約を認めるマイカーリース会社がほとんどです。

違約金の算出方法はマイカーリース会社によって異なりますが、残りのリース期間に応じた料金を支払う必要があり、満期まで長ければ長いほど高くなります。

マイカーリースを検討する際は、解約リスクの少なさに目を向けることも大切です。

株式会社ロートピアの「新☆車生活」は、月々の料金が安く設定され、車検やオイル交換までコミコミのお得なマイカーリースです。

途中で解約することがないように、料金プランや契約期間、今後のライフスタイルなどをよく考えながら、中途解約の可能性が少ないマイカーリース会社を選びましょう。

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー