マイカーリース
沖縄でおすすめのマイカーリースは?料金プランや契約内容で比較

沖縄でお得に自動車を契約するなら定額料金のマイカーリース

日本の都道府県で唯一JRの路線がないのが沖縄県です。移動手段の中心はバスや自家用車であり、県民の多くがマイカーを所有しています。そんな沖縄県の自動車事情や、沖縄県でおすすめのマイカリース会社について調べてみました。

県内の自動車事情

日本国内でも特殊な交通事情を持つ沖縄県。そんな沖縄県における自動車事情や、自動車にまつわる状況などをみていきましょう。

沖縄県はガソリンが高い?

沖縄県は全域が離島のため、ガソリン代が高額であることで知られています。これはガソリンを移送するコストがかかるのが原因です。経済産業省資源エネルギー庁が公表している、2020年6月29日現在のガソリン価格を見てみましょう。

全国順位 ハイオク レギュラー
全国平均 142.0円/L 131.1円/L
徳島県 ハイオク1位/レギュラー1位 130.7円/L 120.1円/L
東京都 ハイオク30位/レギュラー30位 143.0円/L 132.1円/L
沖縄県 ハイオク33位/レギュラー40位 144.1円/L 135.4円/L

全国最安値の徳島県と比較するとかなり高額であることが分かります。移動の中心となる自動車において、必要不可欠なガソリンが高額である以上、車両の購入や維持に必要な費用は安いに越したことはありません。

車の購入代金や維持費を抑えることができるマイカーリースがおすすめであるひとつの理由といえるでしょう。

軽自動車の普及率が高い

沖縄県民の多くは移動で自動車を使用します。それこそスーパーに買い物に行くにも車を利用することは珍しくありません。

そのためひとつの家族に車が1台以上あるのは当たり前で、父親用、母親用など、免許証を持っている人が一人1台近い自動車を所有しているといわれています。

一家で複数の車を所有している沖縄県では、近所に行く用の軽自動車の普及率も非常に高く、多くの家庭に軽自動車があるのが現状です。

車のメンテナンス代が高額?

沖縄県では自動車のメンテナンス料金も高額になる傾向があります。これも離島ゆえの問題で、メンテナンスでパーツの交換が必要な場合、そのパーツを別の地域から空輸、もしくは海上輸送で持ち込む必要があるため、どうしても高額になってしまいます。

カーシェアが成長中

県内の移動には自動車が欠かせないともいえる沖縄県ですが、近年カーシェアの利用が増えているようです。特に利用が目立つのが、沖縄県の中心部でもある那覇市。

那覇市は多くの企業が集中しており、駐車スペースの確保が難しい地域です。当然駐車場代も高く、カーシェアのように駐車場代が必要ないサービスが人気を集めているといいます。

沖縄県でカーシェアが始まったのは2010年、オリックス自動車が北谷のマンション居住者向けに2台設置したのが始まり。いまでは県内全域にカーシェアが広まっています。

移動に自動車が必須の沖縄県でも、自動車にかける月々の費用を抑えたいと考えている人が増えているようです。

沖縄でマイカーリースは最適?

ここまで繰り返し書いていますが、沖縄県では移動手段としてマイカーは必須といえる地域です。しかしガソリン代の高さや、メンテナンス代の高さ、月々必要となる維持経費の高さなどを考慮すると、マイカーを購入するには二の足を踏んでしまう方も多いのではないでしょうか?そんな沖縄県で、マイカーリースという選択は考えられるのでしょうか?

使いたいときに必ず使える

沖縄県ではカーシェアの利用率が成長中と書きましたが、カーシェアの問題は、使いたいときに使えるかどうかわからないことです。特に週末など、利用者が多い日は、使いたくても使えないことが問題となります。

その点マイカーリースは、自分の所有車となりますので、使いたいときに使える利便性があります。自分が乗りたい時に車に乗れるマイカーリースは、カーシェアと比較して利便性が高いといえるでしょう。

月々定額の安心価格

いつでも好きな時に使えるのはマイカーの特権です。しかしマイカーを購入するとなると、新車にしろ中古にしろ、ローンが必要となり、このローンの高さが問題となります。

しかし、マイカーリースであれば月々定額の支払いで利用でき、支払い金額もマイカーローンと比較すれば格安です。より安く自分の車を持つ方法としてマイカリースは最適といえるでしょう。

マリカーリースを選ぶ際のおすすめポイント

では、実際にマイカーリースを利用する際、注意すべきポイント、おすすめのポイントなどを確認しておきましょう。

軽自動車がおすすめ

沖縄県には高い山もなく、道路は比較的平坦です。そんな沖縄県の地域性を考えると、特にRV車のようなハイパワーな車は必要ないかもしれません。また、一人1台車を所有する地域性ですから、セカンドカー、サードカーとしては軽自動車があると便利でしょう。

スーパーへの買い物、ちょっとしたお出かけであれば軽自動車の方が運転もしやすく、駐車スペースにも困りません。

また、駐車場代が比較的高額となる沖縄県では、書庫証明を取るのも大変です。その点軽自動車であれば、那覇市を除き書庫証明は不要です。ほかの住民の邪魔にならないスペースがあれば、車庫証明なしで所有できる軽自動車がおすすめです。

マイカーリースならワンランク上の車種も

マイカーリースの特徴は、マイカー購入よりも費用を抑えてマイカーを所有できることです。そのため、同じ費用を考えているのであれば、新車でもワンランク上の車種に乗ることが可能です。

さらに中古車のマイカーリースもありますので、中古車で探せばさらに上のランクの車に乗ることも可能です。

気になる車にどんどん乗れる

マイカーリースの特徴として、契約期間を満了すれば、新たに次の車に乗ることができること。つまり定期的に新車に乗り換えることが可能であり、気になる車種が発売されたら、その車種に気軽に乗れるのがマイカーリースのいいところです。

毎日のように車に乗る機会がある沖縄県では、やはり自分の気に入った車に乗るのが重要。そんな希望を叶えてくれるのがマイカーリースです。

沖縄で人気のマイカーリースランキング【トップ3】

1位:ロートピア

おすすめナンバーワンは、スズキやダイハツなどの人気軽自動車から外車まで幅広いラインナップをそろえる「ロートピア」です。特に軽自動車の新車では、月々8.800円(税込)のプランと月々13,200円(税込)のプランがあり、格安料金で新車に乗れると好評です。

毎月の定額料金には、車検代や自動車税がセットになった基本セットのほかに、法定点検や安全点検の料金もセットになった安心プラン、さらにタイヤ交換料金なども含まれた充実プランがあり、おこのみのセットを選ぶことが可能です。

もちろん軽自動車以外でも国内外メーカーの各車種、さらに中古車まで対応していますので、まずは一度相談してみることをおすすめします。

2位:定額カルモくん

全国展開をしているマイカーリース会社の中でも、取り扱い車種の豊富さでおすすめなのが「定額カルモくん」です。こちらもロートピア同様、新車も中古車も取り扱っており、利用者の希望にあった車種を月々格安の料金でリースすることが可能です。

マイカーリースの一例をご紹介すると、人気のステップワゴンの新車が、頭金不要で月々定額34,500円(税込)からリースすることが可能。もちろん契約には様々なプランを用意していますので、ご自身にぴったりのプランを選んでください。

3位:定額ニコノリパック

レンタカー会社の「ニコニコレンタカー」が運営するマイカーリース事業、「定額ニコノリパック」も沖縄県の方にはおすすめのマイカーリース会社になります。

定額ニコノリパックの特徴は、マイカリースを行うのはすべて新車であること、そして国産全車種を対象としていることでしょう。そしてもうひとつ、沖縄県の方に特におすすめな理由が「走行距離制限」です。

定額ニコノリパックでは、マイカーリースの契約の際、走行距離制限を設けています、基本となるのは5年で60,000km。この走行制限を設けることで、車は良好な状態をキープすることができ、結果下取り想定料金が高く設定できます。つまりそれだけ月々支払う料金も安く抑えることができるということに。

沖縄県のように、さほど面積が広くなく、しかも離島の自治体では、走行距離が大きく増えることは少なく、このプランに最適といえるでしょう。

まとめ

沖縄県の自動車事情、およびマイカーリースに関して詳しく見てきました。沖縄県ではカーシェアが成長中ではありますが、観光ではなく沖縄に住むとなればカーシェアよりもマイカーリースの方が利便性が高いことは明白です。自分の好きなタイミングで車が利用できるマイカーリースを、ぜひとも検討してみてはいかがでしょうか。

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー