マイカーリース
月々定額制のマイカーリースはなぜ人気?おすすめの理由を徹底解説

月々定額制のマイカーリースはなぜ人気?おすすめの理由を徹底解説

最近ではテレビCMでもコスモ石油などを中心によく目にするようになった「マイカーリース」ですが、近年急激な人気傾向にあります。

一方で「マイカーリース」と聞くと、「車を借りて乗る」「金利が高い」などのイメージが多く持たれていますがそれでも人気の要因はなぜなのでしょうか?

それはおそらくマイカーリースを負のイメージで持ってしまっていた方が、知ることで便利なサービスということが理解され始めてきたからではないでしょうか。

そこで今回はこの記事でも、月々定額制のマイカーリースがなぜ人気なのかを分かりやすくまとめていきますので、ぜひこの機会にマイカーリースに知っていきましょう。

人気の理由はすぐに新車に乗れる!

月々定額制のマイカーリースが人気の理由の一つ目として、すぐに新車に乗れるということがあります。

新車の購入では現金一括でする場合には、当然その分の金額が必要になり、事前に何年後に車を買おうという計画立てて買う人も多いと思います。

それに伴って中古車を渋々購入するという人も中にはいるかもしれません。

しかし、マイカーリースの場合は契約を結んでから毎月定額のリース料金を支払っていくことで最終的に自分の車にできるという仕組みです。

そのためすぐに新車に乗りたいという方に非常におすすめの車の購入方法とも言えます。

カーリースはリース会社が車を購入

マイカーリースの契約が成立する流れとしては、販売店の方と車の内容及びリース契約の内容を話したのちに契約という流れになります。

契約後には、販売店からリース会社が新車を購入することになるので、すぐにお金の支払いが不要で車を納車した翌月あたりからリース会社へ月々定額のリース料金を支払います。

リース期間中の所有権はリース会社

新車の購入をリース会社が行い、契約者がリース会社へ月々のリース料金を支払っていくことで、新車に乗ることができるのがマイカーリースになっています。

そのため、マイカーリース契約期間中の車の所有権はリース会社にあるため、自動車を保有した際に毎年送られてくる自動車税もまた、リース会社が納税義務者となります。

その他にも、軽自動車であれば車検に必要な納税証明書などもリース会社が車検時に手配してくれる仕組みです。

マイカーリースをしていることで、自動車税の支払いや車検時の納税証明書の必要性などのサポートがあるのもマイカーリースのメリットになっています。

ただし審査があるので要注意

ではマイカーリースに申し込んですぐに新車に誰でも乗れるのかと言えばそうではありません。

マイカーリースには、リース会社による審査が必ずあります。

審査の基準に関しては、リース会社によって異なり、また明確な基準を出している会社もないため明確にお伝えすることができません。

しかし、審査内容としてはクレジットカードなどの審査と同じ個人信用情報機関を通じて、金融商品の支払いの状況等を見て判断されます。

そのため常日頃からクレジットカードヒストリーをしっかりと築いておく必要がありますので、覚えておきましょう。

また、マイカーリースの場合には契約者本人だけでは審査に通らず保証人を付けるように依頼されるケースも多いため、そちらも合わせて覚えておいてください。

マイカーリースがおすすめな理由は全ての費用を定額にできる

マイカーリースは、知名度の高いオリックスやコスモ石油などのがよく知られていて人気ですが、今では多くの販売店で取り扱いされています。

リース会社によって設定されている金利などの違いにより、同じ車種でもリース料金が異なりますが、仕組みはどこも共通しています。

そんな中でマイカーリースの最大の特徴とも言えるのが、車にかかる全ての費用をリース料金一本にまとめることができるということです。

マイカーリースの特徴は全ての費用を定額にできる

本来車を現金で購入する際には、車両代やオプション・架装費用、登録費用やリサイクル預託金、環境性能割などの税金類を支払うことで保有することができます。

マイカーリースの場合は、それらの費用のほかリース期間中にかかる全ての費用を込みにして定額のリース料金にまとめることが可能です。

ファイナンスリース

  • リース期間分の自動車税
  • ※車検時の重量税  
  • ※車検時の自賠責保険料

※ファイナンスリースは基本自動車税のみが含まれたプランですが含むことができるプランもあります。

メンテナンスリース

  • リース期間分の自動車税 
  • 車検時の重量税 
  • 車検時の自賠責保険料 
  • 車検費用タイヤ・オイルなどの消耗品類の交換費用 
  • スケジュール点検

上記のようにマイカーリースには、ファイナンスリースとメンテナンスリースと呼ばれる契約があり、全ての項目が含まれたプランはメンテナンスリースとなります。

メンテナンスリースをするメリット

メンテナンスリースをすることで、全ての費用を月々のリース料金に含めることができますが、当然月々のリース料金は高くなります。

しかし、メンテナンスリースをすることで以下のようなメリットがあります。

  • 毎年の自動車税の支払いが不要
  • オイル交換やタイヤ交換の都度手出しの費用が一切なし
  • 車検時にはリース会社より案内が届き工場に入庫するだけ

上記のように本来車を保有した時に発生する支払いの義務や車のメンテナンスを自分自身でする必要もなく、あらゆる面での手間が省けます。

車に詳しくない方こそ、オイルやタイヤ交換の費用がどれくらいかかるか分からず、騙されているのではないだろうかという不要な心配に悩まされることありません。

面倒な支払いや手間が一切なく、車両の管理をリース会社が行ってくれる点はマイカーリースの大きなメリットだと言えます。

月々のリース料金を抑えたい場合はファイナンスリース

メンテナンスリースに限らず、ファイナンスリースも月々のリース料金を抑えたいという方におすすめの契約となります。

また、車検やオイルなどの交換で知り合いや安い行きつけのお店を知っている方などもファイナンスリースにすることで、月々のリース料金に含まないということも可能です。

自分に合ったプランが選べることもマイカーリースのおすすめの理由と言えます。

その人に合ったプランに応じた契約ができる

メンテナンスリースやファイナンスリースによるマイカーリースでの契約形態を選択する以外にも、マイカーリースの選択肢は非常に多いです。

そのため自分に合ったプランに応じた契約ができることが、マイカーリースの人気の要因そしておすすめの理由にもなっています。

マイカーリースで人気の新☆車生活やフラット7、コスモカーリースやオリックスが行なっているマイカーリースなどはベースとなるプランはありますが、どのリース会社でもそこから以下のような選択肢があります。

  • マイカーリースの契約期間
  • リース契約終了後の車の選択肢
  • 新車・中古車を含めた車種の選択肢
  • ファイナンスリース・メンテナンスリース

ファイナンス・メンテナンスリースに関しては前述した通りですが、それ以外についてここで解説していきます。

マイカーリースの契約期間

マイカーリースの契約期間は、3年〜7年が一般的ですがオリックスのように最長9年まで組めるマイカーリースもあります。

一般的には5年(60回)もしくは7年(84回)が多く、ほとんどの車種が車検のサイクルに合わせたリース契約をされることが主流です。

軽自動車や普通車の乗用車であれば、初回3年、それ以降は2年ごとに車検がくるため5年もしくは7年のリース契約が多い傾向にあります。

当然ですが、リース期間が短いほど月々のリース料金が高くなるので、無理せず支払いたい方は7年リースがおすすめです。

リース期間終了時の選択肢も多数

マイカーリースの期間を決めた後には、契約期間終了時にも新たな選択肢が出てきます。

マイカーリース期間終了時には、以下のいずれかより車をどうするか選択する必要があります。

  • 買取
  • 再リース
  • 入替・返却

マイカーリースの車両は買い取ることもできますし、その時に精算ができなければ引き続き再リースとして契約の継続もできます。

また、別の車に乗りたい場合には入替や車が必要なくなった場合には返却など4つの選択肢から選ぶことができます。

ただし、その際に必ず覚えておく必要があるのが「残価」の存在です。

残価を知ることでカーリース失敗を防ぐことができるといっても過言ではないほど重要です。

契約終了時にはこの残価を元に精算や再リース、入替・返却が伴ってくるため残価について詳しく知りましょう。

マイカーリースの残価とは?

残価とは、契約終了時に買い取る場合には精算が必要な金額となっていて、設定される基準額としては契約終了時の車両の相場を想定して設定されるものです。

例えば30万円の残価が設定されているマイカーリースでは、契約終了時に30万円と消費税等を支払うことで買取成立になります。

反対にマイカーリースでも残価が0円で設定されていれば、契約終了時には残価の精算がありません。

  • 残価設定金額が高い=リース料金が安い
  • 残価設定金額が低い=リース料金が高い

上記のように残価がリース料金に大きく左右すること言うまでもありませんが、マイカーリースでは残価の精算が必ず必要ということも覚えておきましょう。

再リースや入替・返却時には残価の精算が不要?

契約終了時に4つある選択肢として、買取以外の場合には残価の精算が必要ないというわけではありません。

再リースの場合には、残価の金額とその他税金やメンテナンス込みであればそれら料金を加味して再リースの料金が算出されるため、再リースによって残価を支払う流れになります。

入替・返却に関しても、設定された残価の金額を元に車を査定して手出しが必要か不要かが異なります。

例えば残価が30万円で、査定した車の価値が35万円であれば5万円分が契約者へ入替であれば値引きとして、返却であれば返金されます。

反対に残価を下回ることになれば、入替時には見積もりに上乗せされ、返却時には精算が必要になります。

そのため、マイカーリースでの残価の精算に関していずれの方法でもそれぞれの方法で精算が必要ですので、しっかりと理解しておきましょう。

新車・中古車問わずリース契約ができる

マイカーリースでは、基本的には新車・中古車問わず全メーカー全車種マイカーリースで契約することが可能です。

中古車に限っては年式や車の状態によって、お断りされる可能性はありますが、それ以外に制限はほとんどないため購入と大差なく車に乗れます。

中古車を検討している場合には事前にリース会社へ確認しておくといいかもしれません。

マイカーリースと現金購入の比較

月々定額のマイカーリースには人気がある一方で良し悪しがあるため、向きの方不向きの方があるのは事実です。

そこでマイカーリース(メンテナンスリース)と現金購入を比較するとどのようになるかまとめました。

費用編

マイカーリース 現金購入
購入時
費用
不要 車両代/オプション・架装代/課税・非課税費用/リサイクル預託金/環境性能割/重量税・自賠責保険
維持費 リース料金に含まれる オイル・タイヤ・バッテリー等の交換費用
車検費用 リース料金に含まれる 入庫した工場により出された見積額を支払い
自動車税 リース料金に含まれる 毎年5月頃支払い
手数料 リース会社による金利に基づきリース料金に含まれる なし
備考 事故などを起こさない限り手出し不要。契約終了時に残価の清算が必要。 交換や車検費用はお店により異なる

管理編

マイカーリース 現金購入
車の
メンテナンス
リース会社指定の向上へ定期点検を通じて行う。 自身で行う。オイル交換やタイヤ交換など様々なメーカーがあるためある程度の知識も必要。
車検時 リース会社指定の工場と日時打ち合わせの上入庫。代車提供有。 ディーラー、ガソリンスタンド、整備工場、販売店などから車検を受ける先を選定し日時打ち合わせの上入庫。
自動車税 リース会社より支払い 自身で送られてくる納付書をもとにクレジットカード払いもしくは振込。
備考 マイカーリースであってもETCやナビ、ドライブレコーダーなど実費で追加は可能。 全て自身で管理する必要がある。

マイカーリースと現金購入で大きく違うのは、費用面では一括で支払うことにより手数料がかからないということです。

一方、マイカーリースでは現金を持っていなくても新車に乗ることができ、管理の面でも非常に楽になるという特徴があります。

マイカーリースの特徴をしっかりと理解した上で利用するようにしましょう。

おすすめのマイカーリース

最後に数あるマイカーリースの中から、特に人気の「新☆車生活」を紹介していきます。

「新☆車生活」はロートピアが提供する個人向けマイカーリースの商品名で、7年リースを基本とした内容となっています。

マイカーリースの中でもリース料金が安い!

新☆車生活をおすすめする最大の理由が、人気のマイカーリースの中でも月々のリース料金が安いということです。

新☆車生活では、定額8,800円からのプランと定額13,200円からのプランとあります。

どちらもメンテナンスリース契約になりますが、含まれている内容が異なります。

【定額8,800円〜】※ボーナス払い38,500円込み

  • 自動車税
  • 重量税
  • 登録費用
  • オイル交換(14回)
  • 自賠責保険
  • 車検(2回)
  • フロアマット
  • ドアバイザー

【定額13,200円〜】※ボーナス払い33,000円込み

  • 自動車税
  • 重量税
  • 登録費用
  • オイル交換(14回)
  • 自賠責保険
  • 車検(2回)
  • フロアマット
  • ドアバイザー
  • 法定点検(4回)
  • 安全点検(7回)
  • オイルエレメント(6回)
  • ブレーキオイル(2回)
  • エアコンフィルター(2回)
  • ワイパーゴム(6回)
  • LLC交換(1回)
  • タイヤ交換(4本×2回)
  • バッテリー交換(2回)
  • ブレーキパッド(1回)
  • 諸費用
  • 延長保証7年

とにかく月々のリース料金を安くしたい場合には、定額8,800円からのプランから、全ての費用をコミコミにしたい場合には定額13,200円からプランから選べるので、自身に合った契約内容を選択していきましょう。

また、リース契約終了後の選択肢も

  • 買取
  • 再リース
  • 入替・返却

から選べますので、こちらも状況を見ながら選択していくといいかもしれません。

マイカーリースに契約したいと思っていても、月々のリース料金が高く感じると躊躇してしまいますが、新☆車生活では安くて人気の軽自動車から月々の料金を目安に選ぶことができるので大変おすすめです。

まとめ

月々定額制のマイカーリースの人気の要因についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

マイカーリースがなぜ人気なのかをまとめると、

  • すぐに新車に乗ることができる
  • 全ての費用を定額にできる
  • 車の管理が非常に楽になる
  • その人に合ったプランで契約を組むことができる

上記のようになります。

手数料がかかるというデメリットはありますが、人によってはそれ以上のメリットもあるのがマイカーリースと言えますので、ぜひ参考にしてください。

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー