マイカーリース
マイカーリースの料金はマイカーより安い?価格の仕組みを解説

マイカーリースの料金はマイカーより安い?価格の仕組みを解説

コマーシャルなどでマイカーリースのサービスが宣伝されていて、注目を集めています。マイカーリースのメリットでよく言われているのが、安い費用で新車が持てるというものです。では実際安いのか、ここではマイカーリースの価格に焦点を絞って紹介します。

リース契約の価格の仕組みを解説

マイカーリースという言葉はきいたことあるけれども、具体的な仕組みについてはよくわからないという人もいるでしょう。ここでは価格面を中心に、どのような仕組みになっているかについてみていきます。

そもそもマイカーリースとは?

マイカーリースとは、リース会社が車を購入してお客さんにリースする方式です。リースできる車は、国産車ならかなり幅広い車種が対象となっています。

お客さんは決められた月額料金を支払えば、マイカーと同様にクルマを使用できる仕組みです。ちなみに月額料金には自動車税や車検の費用、メンテナンス代などすべて含まれています。決められた出費になるので、家計のやりくりもしやすいでしょう。

マイカーリースの価格は、安く設定されています。これはリース会社のコネクションが反映されているのです。リース会社は年間数万台単位で車を購入しています。

この購買力を生かして、リーズナブルな価格で購入できるわけです。通常マイカーを買う際、ディーラーに何度も出向き価格交渉しなければなりません。このような手間を省き、お得な価格でクルマを持つことが可能なのです。

自動車ローンとの違い

月々お金を支払ってクルマを利用する、このように言われると自動車ローンと何が違うのかと思う人もいるでしょう。月々の支払いを少なくするという意味では共通しています。しかし内容は全くの別物です。簡単に言うと自動車ローンはいったんローン会社からお金を借りて、クルマを保有します。一方マイカーリースは文字通り、リース契約です。

自動車を保有するとなると、いろいろなコストを負担しなければなりません。例えば自動車の保有者には毎年5月に自動車税の納税義務が発生します。自動車ローンを組んだ人も毎年課税されます。

一方マイカーリースは、リース会社が車の保有者です。よって自動車税はリース会社が納める形になります。お客さん自身が税金を納める必要はありません。ただし月々の価格の中に自動車税相当額が組み込まれている場合が多くなっています。

自動車ローンでマイカーを購入した場合、メンテナンス費用などもすべて自己負担です。他方マイカーリースはリース会社によって若干異なりますが、大半は月々の価格の中に車検時の費用やエンジンオイル交換代などのメンテナンスコストも込みになっています。

つまり月々の料金さえ支払えば、追加料金の発生する可能性は低くなっているのです。よって自動車ローンを組むよりはマイカーリースを利用したほうが、結果的にお得になる公算が大なのです。

マイカーリースが安い理由は残価にあり

マイカーリースは格安価格で新車に乗れるのがウリです。

なぜ価格が安いのか、その理由は残価にあります。一定期間の契約が終了すると、基本クルマはリース会社に返却されます。この時、乗っていた車には新車時ほどではないものの中古価格がある程度残ります。これが残価です。

マイカーリースでは、車両の本体価格から残価を差し引きし、それを頭数で割った価格を月額料金に設定されます。本体価格全額を負担する必要がないので、全額支払うのが原則の自動車ローンと比較して安くできるわけです。

自動車ローンの中にはマイカーリースと同じように、残価設定クレジットも出てきています。この場合も残価を差し引いた価格を分割で支払う方式です。ただしマイカーリースの場合、税金やメンテナンス費用、車検代などもすべて月額料金に含まれています。その部分も考えると、残価設定クレジットと比較してもマイカーリースを利用したほうが価格的にお得になるわけです。

リース契約の料金相場は?車種別に比較

マイカーリースの利用を検討している人なら、実際どのくらいの価格になるのか気になるでしょう。マイカーリースはどの車種でリース契約するかによって価格も違ってきます。

ここでは個人向けの車で人気の軽自動車のN-BOXとファミリーカー向けのミニバンのトヨタ・シエンタ、SUVの日産・エクストレイルの価格で相場を見ていきます。ちなみに以下で紹介するのは5年契約でメンテナンスパックなしの料金プランを選択した場合の月々のおおよその相場について紹介します。

N-BOX

ホンダの軽自動車で人気車種のN-BOXをリースできる業者はたくさんあります。もしN-BOXをリース契約した場合、月々に発生する価格はだいたい2万5000円~2万6000円が相場です。3万円弱で自由に車を乗りこなせると思うとかなりお得といえます。

シエンタ

ミニバンの人気車種、トヨタのシエンタはコマーシャルなどでもしばしば宣伝しているので知っている方も多いでしょう。シエンタをマイカーリースで借りた場合、価格は4万円弱が相場です。3万7000円台で借りられるところもありますので、ローンを組んだ時と比較して安くなっているといえます。

エクストレイル

日産のSUV車のエクストレイルは車内スペースも広くなっているため、ファミリーカー向けといえます。もしエクストレイルをマイカーリース契約した場合、月々の価格は4万3000円前後が相場です。主要なカーリース業者によって、あまり価格に大きな違いは見られません。上で紹介した価格を想定してリースできるかシュミレーションしてみましょう。

マイカーリースは法人や個人事業主向け?

マイカーリースでしばしば耳にするのは、法人や個人事業主の車にする際にメリットがあるといわれる点です。法人や個人事業主がリース契約することでどんなメリットがあるのか、以下にまとめました。

税制面でメリットが期待できる

マイカーリースは法人や個人事業主向けと言われるのは、経理処理がやりやすいからです。もし法人や個人事業主が自動車を一括で購入した場合、その価格全額をその年の経費として計上できない決まりになっています。減価償却と言って、既定の年数かけて毎年徐々に計上する方式が取られます。

普通車の場合、耐用年数は6年と設定されています。つまり購入年度から6年かけて徐々に経費計上しなければなりません。本当はそれなりの費用を捻出しているのに、経費計上できないので税負担が大きくなってしまいます。6年かけて計上するので、経理の処理も面倒です。

一方マイカーリースの場合、月額料金を毎年経費として計上できます。減価償却の手間がかかりません。自動車ローンで購入した場合、金利だけしか経費として計上できません。ローン本体は借入金扱いにされてしまって、経費計上できないからです。マイカーリースの場合、リースの価格全部計上可能です。節税対策という部分でもリース契約してしまったほうがお得です。

個人で契約するのにもメリットがある

マイカーリースは個人事業主向けなどビジネスユースのためのサービスと思われがちです。しかし実際にはマイカーとして個人が保有してもおすすめです。

マイカーリースのメリットとして大きいのは、初期費用が一切かからない点です。一括で購入する場合、まとまったお金が必要です。自動車ローンを組んだとしても、ある程度の頭金を用意しなければなりません。車が欲しいけれども、お金が手元にない場合にはおすすめのサービスといえます。

しかもマイカーリースで契約した場合、決められた月額料金を支払うだけです。自動車ローンの場合、各種税金や自賠責保険料などの費用が別途でかかります。しかしマイカーリース契約の場合、これらの費用が価格の中にすべて含まれています。同額の価格を支出するだけですから、家計の管理もしやすいでしょう。

メンテナンスパックと呼ばれるコースを用意しているリース会社もあります。もしこちらで契約すれば、車検費用などのメンテナンス費用も価格の中に含まれます。車に関する支出を抑制できる意味では、個人でもメリットがあります。

マイカーリースの価格以外の費用を確認

マイカーリースで契約すると、月額料金を支払えば、追加の費用はほとんど発生しません。しかし全くのゼロというわけではありません。マイカーリースサービスを利用した場合のリース価格以外の費用について、以下でざっと紹介していきます。

ガソリン代

マイカーリースの価格の中には、ガソリン代は含まれていません。マイカーリースのメンテナンスコストの中でも大きなシェアを占めています。もしガソリン代をできるだけ節約したいと思うのであれば、ハイブリッドカーをはじめとした燃費の良い車種で契約するのがおすすめです。また近くのガソリンスタンドに入会しておくと、会員価格で割引料金で利用できます。

駐車場代

マイカーリースで契約した場合、駐車場は自分で確保しなければなりません。もし一軒家など、自宅の敷地内に駐車場があればよいのですが、なければ別の場所に確保する必要があります。

そうなると、駐車場の価格も自分たちで負担しなければなりません。駐車場の価格は地域によってバラバラです。中でも都心部などは、駐車場の料金が張るところも多くなっています。もし駐車場が自宅になければ、近くの駐車場の価格相場を調べておくといいでしょう。

自動車保険の保険料

マイカーリースの価格の中には、自賠責保険料が含まれています。ただし自賠責保険だけでは、交通事故を起こした場合十分な補償のなされない場合が多いのです。

万が一のことを考えると、やはり任意の自動車保険に入っておいた方が安心です。自動車保険料はリース価格とは別途で、自分たちで負担する必要があります。事故を起こした場合、莫大な賠償金を請求される場合もあります。もしもの時を考え、自動車保険には加入しておきましょう。

価格で比較!おすすめマイカーリース業者は?

価格面で比較して、できるだけ安いところでマイカーリース契約を交わしたいと思っていませんか?ここでは激安価格で人気のマイカーリース業者について、いくつかピックアップしました。マイカーリースサービスで迷った際には、参考にしてみてください。

定額ニコノリパック

ニコニコレンタカーというところでは、定額ニコノリパックと呼ばれるカーリースコースを用意しています。契約の段階で残価計算を行い、その部分を車両価格から値引きしてリース価格を決めています。

このため、安くお得な価格でマイカーリース契約が結べます。ニコニコレンタカーでは、リース契約期間を5年間としています。しかし契約満了時にリース契約の延長や買取などの選択肢もあります。リースした車が気に入ったのであれば、契約期間満了後も引き続き運転することも可能です。

オリックス自動車のマイカーリース

オリックス自動車では、2種類のマイカーリースのサービスを展開しています。「いまのり」と「ワンプライス中古車リース」の2種類です。

いまのりは新車、ワンプライス中古車リースは中古車のリースサービスです。新車リースの場合、5年契約と7年契約、9年契約の中から選択できます。自分の用途やライフプランをベースにどのコースにすべきか検討しましょう。

ワンプラス中古車リースは中古車をメインにしてマイカーリースを行っています。もともとの価格が安いので、月額料金も安く設定されています。オリックス自動車では、新車も中古車も幅広く車種をラインナップしています。軽自動車からSUV車まで、個人用からファミリーカー向けまで多種多様なのでお気に入りの車がきっと見つかるでしょう。

コスモスマートビークル

コスモ石油でもマイカーリースのサービスを展開しています。「コスモスマートビークル」がそれです。日本全国に展開されているコスモ石油のガソリンスタンドで申し込めます。コスモのマイカーリースのおすすめポイントは価格の安さに加えて、ガソリン代が値引きされる点です。

コスモザカードを利用すると通常価格よりも数円安くなるので、マイカーリースのメンテナンス費用をさらに節約できます。メンテナンスを受けることも可能です。コスモのマイカーリースでは、整備士の国家資格を持った人が整備を担当するので安心して任せられます。

コスモのマイカーリースでは、メンテナンスなしのホワイトパックとライトメンテナンスのシルバーパック、フルメンテナンスのゴールドパックの3種類を用意しています。価格とサービス面を比較して、自分にとって最適と思われるコースで契約しましょう。

新☆車生活

ロートピアの提供しているマイカーリースサービスです。こちらのサービス、新車に月々1万3200円から乗れるのが大きな特徴です。月々この価格であれば、気軽に申し込めるのではないでしょうか。しかもこの価格には税金や自賠責保険、車検代、消耗部品の交換などすべてコミコミになっているのが魅力です。

車のメンテナンスもプロの整備士が担当してくれるので、トラブルなども起こりにくく安心して運転できるでしょう。普通車のほかにも軽自動車のリースにも対応しています。軽自動車であれば、1万円を切る価格で乗り放題です。

まとめ

ここではマイカーリースの価格についてみていきました。月々数万円の価格で新車が自由に乗りこなせるのはなかなか魅力的なサービスです。

初期費用が掛かりませんし、価格の中には税金や車検などの必要経費も含まれています。個人事業主や法人の場合、節税効果も期待できます。新車をお得に保有したければ、マイカーリースを活用してみるのも一考です。

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー