マイカーリース
マイカーリースの料金や契約内容に関する口コミや評判をまとめてみました

マイカーリースの料金や契約内容に関する口コミや評判をまとめてみました

「マイカーリースって評判が良いの?」「口コミを参考にして利用すべきか決めたい」と考えていませんか。初めて使うジャンルのサービスは、口コミなどの評判を参考にした検討方法も考えられます。

今回はマイカーリースを使おうと考えている方のために、口コミの代表例を紹介します。読めばサービスのメリットやデメリットのバランスを考え、冷静に検討できるようになるでしょう。口コミを見るときの注意点も解説するので、業者選びに失敗しない備えも可能です。

初めて使うサービスなら口コミを参考にしよう

マイカーリースに限らず、初めて使うサービスなら口コミを参考にするのもひとつの方法です。近年はインターネットによる検索が世界的な文化として根づいており、マイカーリースでもさまざまな関連記事を検索できるようになりました。

ネットショップなどでも、カスタマーレビューを参考にして買う人が多く、高い評価なら信頼が置ける人も多いでしょう。マイカーリースでも劣悪なサービスで後悔しないためには、口コミをひとつの目安とすることも手です。

マイカーリース市場は年々拡大中

マイカーリース市場は近年より本格的に認知度を上げています。1990年代後半から日本で本格的にサービスが始まっていますが、次第に利便性を評価する動きが強まり、現在はスマートなカーライフの代表例として有名です。

1990年代後半から個人向けカーリース市場は始まった

個人向けのカーリースが始まったのは1990年代後半です。カーリース自体は法人向けとして1963年から始まり、当初は営業や出張などクルマを使った移動をともなう仕事で借りるイメージでした。

カーリースの利用費は法人の確定申告で経費計上できることから、今でも多くの事業の助けになっています。

90年代後半の個人向け事業の開始以来、少しずつクルマを月ごとの定額で借りられる利便性を知る人が現れ、2010年代後半に人気が本格化しました。

社会的に月額サービスが浸透中

近年、さまざまな業界で月額サービスが口コミなどで話題になっていることも、マイカーリースの人気を後押ししているでしょう。動画配信も月額ものが世界的に有名になったり、洋服なども月々のお金でレンタルできるサービスが注目を集めたりしています。

社会全体で購入ではなく「借りる」という手軽さが口コミで高い評価を受ける形で、マイカーリースも流れに乗って知名度を上げたのでしょう。

新車購入よりも支払いや管理などの手間を省けることも、マイカーリースのメリットにして、時代が求めていたニーズではないでしょうか。

2010年代後半からカーリースの市場が急拡大

マイカーリースの市場は2010年代後半から本格化しています。新車や中古車を買うよりも、月額を払って借りることで、出費を抑えながらカーライフを楽しめる点が需要に合っていたのでしょう。

月額料金も、クルマ購入の場合よりも負担が軽く感じられます。保険料やメンテナンス費用などがマイカーリースの料金にコミコミというケースもあり、消費者が利用しやすい雰囲気ができあがったのでしょう。

2020年代に入ってもマイカーリースの市場は拡大傾向と予測する専門家も多く、将来性の高さを評価する口コミも根強いといえます。

マイカーリースの良い口コミは?

マイカーリースでよく見られる前向きな口コミの例を紹介します。公式サイトなどにある実際の口コミと照らし合わせながら考えてみましょう。

新車に乗るのに料金が手軽

マイカーリースを利用した人の口コミには、新車料金がリーズナブルなことに対する高評価が目立ちます。新車はまとまったお金がかかるイメージでしたが、手ごろな月額で乗れる時代になったことを歓迎する声が多い印象でした。

頭金がなくても新車を手に入れられることで、夢だと思っていたカーライフを楽しめて嬉しいという人が多いといえます。マイカーリースを通じてクルマが身近になったと感じられる口コミが多いので、マイカーリース会社の利用者の口コミを確かめるとよいでしょう。

初期費用なしで新車を借りられるメリット

マイカーリースは、頭金などの初期費用なしでクルマを借りられるメリットがあります。中古車のリースもありますが、新車を借りられる点に魅力を感じる人が多いでしょう。

従来の自動車購入だと、頭金や税金、手数料などでまとまった金額がかかるイメージでした。持ったあとも維持費などで生活が大変という人も多いでしょう。

しかしマイカーリースなら、複雑かつ高額な出費を抑えながら新車を利用できます。実質持ち出し0円で新しいクルマを使えるという意味です。

近年の新車には自動ブレーキや、車線からはみ出さないように自動操縦できるACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)など安全装備つきが増えており、マイカーリースを安心して利用できるという口コミにつながっています。

保険料コミで月額料金を払える場合も

マイカーリースではクルマの利用料金だけでなく、さまざまな要素をコミコミで支払えます。中には自賠責や任意保険料もコミで月額を払えるケースもあり、利便性につながっているでしょう。

メンテナンスや車検などの維持費もリース料にコミコミとしてサービスを提供する会社も増えており、主婦やアルバイトなどでも利用に対するハードルが下がっている印象です。

マイカーリースで借りたクルマの維持に必要な作業で、さまざまな場所を訪れる面倒ぶりも省けることも合わせ、コミコミ金額のメリットを実感できるでしょう。

簡単な手続きで申し込める

マイカーリースなら新車購入より手続きが楽という口コミも目立ちます。さらに事故対策としての保険などの手続きも業者にまかせられるメリットを評価する口コミが多いこともポイントです。

利用希望者にとって手続きへの負担が軽いことが、マイカーリース利用のモチベーションにつながっているのでしょうか。いずれにしても、手続きが楽であることに注目した口コミが集中しているリース会社は要注目です。

新車・中古車を買うときの手続きは複雑

クルマの購入には、新車・中古車どちらでもさまざまな書類や手続きが必要です。たとえば軽自動車以外の購入なら実印や印鑑証明書が必要です。他にも免許証や車庫証明書、任意保険の切替手続きなど、クルマを手に入れるのに必要な書類は多く、取りこぼしがあるともらえません。

書類調達にも警察署、保険会社、運輸支局などさまざまな場所を訪れる必要があります。購入後も納車までは1カ月はかかることもあり、自動車をめぐる手続きがいかに複雑かが想像できるでしょう。

マイカーリースならシンプルな手順で申し込める

マイカーリースはクルマ購入時と違い、手続きがシンプルです。新車や中古車の購入に必要な手続きを大幅にカットできます。

申し込みを終えられれば審査に入り、通過が決まればマイカーリースの契約です。納車まで1カ月程度かかるのは購入時と同じですが、それまでのプロセスがシンプルなことに注目しましょう。

ロートピアなどは、手続きにあたり来店は必要ですが、審査までの書類のやり取りはクルマの購入時より少ないメリットがあります。マイカーリースを使うことへのモチベーションを保ちやすいでしょう。

マイカーリースの悪い口コミは?

マイカーリースの前向きな口コミだけを見ていると、利用したあとにデメリットに気づいて後悔するかもしれません。ネガティブな口コミとも向き合い、総合的な判断に備えましょう。

走行距離の制限が厳しい

マイカーリースで気がつかないうちに走行距離をオーバーした結果、追加料金の請求を受けたという口コミもよくあるようです。

利用者によっては、遠くまでの運転を繰り返しているうちに走行距離を超過し、出費がかさむというデメリットを指摘する声も見られます。

以上から、契約時の走行距離上限の扱いに苦労しているという口コミが多い印象です。契約で決まったぶんを超えた距離を走れば、超過料金が発生し、手痛い支出につながるデメリットがあります。

所定を超過した走行距離には追加料金

多くのマイカーリースでは、契約時に走行距離の上限が決まっており、オーバーすると追加料金を払わなければいけません。クルマを買った場合にはない要素なので、気をつけたいところです。

新車を買ったときと同じような感覚でドライブをすると、契約時に決めた距離の上限に近づきやすいでしょう。契約期間に応じて走行距離の上限を割り算し、1カ月あたりに走れる距離を考えて実践するなどの対策を考えるべきです。

クルマの使用場面を想定しながら契約を決めよう

クルマの使用場面を想定しつつ、契約時の走行距離のリミットを業者と打ち合わせましょう。出張や旅行が多いなら走行距離を長く、子どもの送り迎えや買い物など身近な利用が多いなら短くという形で、自身の生活状況と照らし合わせてください。

バスや電車などを使える環境にお住まいなら、クルマの距離のムダ使いを避けるために適度な利用を考えるなど、マイカーリースの走行距離がリミットを超えないための配慮も重要です。

契約が終わったときの差額で損をした

契約満了時に残価と実際の市場価格との差分を払うことになり、損をしたという趣旨の口コミもあります。マイカーリース終了を受けてクルマを買い取った結果、最終的な支払総額を高く感じたという口コミにも注意が必要です。

契約終了時にクルマを返すときの精算でまとまったお金がかかり、デメリットに感じる人も多いようです。リース契約終了後の精算には、クルマにかかっている残価が関係しており、詳しく学ばないと知らないうちに損をする可能性もあります。

支払総額が新車購入より高くなるケース

マイカーリースは月額で利用できることから安いと感じる人も多いようですが、使い方によっては新車を買った場合より高くつくケースもあります。

月額の利用料金には、メンテナンスや保険料などの維持費を含んでいるケースが多いといえます。また長期の契約の末に買い取った場合、同車種の市場価格より設定残価が高いと、差額が精算費用として支出に加わります。

マイカーリース利用中に事故を起こしての修理費用や、走行距離超過による追加料金も、借りた人の負担です。以上からさまざまな要素で出費がかさんだ結果、新車購入よりリースの支払総額が上回る可能性にも注意しましょう。

残価の決まり方を学ぼう

契約時に決まるクルマの残価とは、リース終了時に残っていると思われる価値を示します。クルマは工場で完成したら、新車として世に出ますが、時期が立てば古くなって少しずつ価値を失っていきます。

マイカーリースで借りたクルマも、最初は新車ですが、契約が終わったころには価値の一部を失い、中古車しての扱いを受けることもあるでしょう。

リース契約時に、満了後の残価が決まり、新車価格との差を契約期間で割って月額が決まります。残価が高いと新車価格との差が縮み、リース料が安くなる仕組みです。しかし契約が終わったときの市場価値が残価より安いと、差額として借りた人が支払わなければなりません。

契約終了時に損をした気分になるユーザーが多いのは、残価と市場価格の関係が原因と考えられます。

口コミチェックで注意すべきポイントは?

マイカーリースに限らず、サービスの口コミをチェックする際は、信憑性を見極めることも大切です。良い口コミが揃っていたからといって、実際に自身に合った業者とは限りませんし、悪い口コミがあっても想定より充実したサービスを受けられるケースもあります。

すべてが真実とは限らない

口コミを書くユーザーの多くは、正直に内容を示すことも多いようですが、個人の感情だけで書いている人もいると想定しましょう。総合的にサービス内容が優れていても、ひとつが悪かっただけで低評価をつけてしまう人もいます。

以上の背景もあり、口コミのすべてが真実とは限りません。何もかもを鵜呑みにせず、参考意見として判断の目安に使いましょう。

基本的に複数のユーザーから同じポイントを指摘している口コミは、真実の可能性が高いといえます。

実際のサービス内容と照らし合わせよう

口コミだけでリース会社を決めず、実際のサービス内容と照らし合わせてのチェックが大切です。ある程度口コミが集まったら、実際のマイカーリースの公式サイトに向かい、サービスの全容に目を通すように心がけましょう。

サービス内容を見ながら口コミを照らし合わせることで、会社のイメージを大まかにつかむことが大切です。コメントを書くユーザーは個人的な感情で書いており、公平性を欠くケースがあります。実際のサイトをチェックし、どこまで口コミを信頼できるかも見極めましょう。

書かれた時期にも注目

口コミを見るときは、時期にも注目すべきです。ネットでの検索の仕方によっては、何年も前の情報が上位に出るあります。コメントを書いた時期と現在では、マイカーリース会社の環境が大きく変わっていることもあるので注意しましょう。

古い口コミよりも新しい方が信憑性は高いといえます。現在展開中だったり、新しくできたりしたサービスへの前向きな口コミが多ければ、信頼できるマイカーリース会社と判断できるでしょう。

利用した証拠の有無を見る

マイカーリース会社を見るときは、サービスを受けた証拠が画像などに残っているかも確かめましょう。画像なしによる口コミはやらせの可能性もあるため、鵜呑みにしない方がよいです。

利用した証拠とともにポジティブな口コミがあれば、マイカーリース会社に対する信頼の裏づけとして判断材料に使えます。

まとめ

マイカーリースに興味があるなら、口コミから判断することもおすすめでしょう。信頼できる口コミの特徴を覚えながら、リース業者の印象を考えることが大切です。良い口コミだけでなく悪い方も参考にすれば、バランスのとれた判断をしやすいでしょう。

口コミはあくまでも利用者個人の主観的な感想であり、あなたが優良なサービスを受けられることを約束するものではありません。マイカーリース会社の実際のサービス内容と照らし合わせながら、人生の役に立つかを確かめましょう。

ロートピアでは保険料やメンテナンス料コミの月額で、新車を借りられるマイカーリースを扱っています。公式サイトにはおかげさまで前向きな口コミをたくさんいただいているので、ぜひ参考にしてください。マイカーリースに興味のある方はロートピアまでご相談いただければ幸いです。

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー