マイカーリース
マイカーリースは車種で選ぶ?新車と中古車の違いやメリットを比較!

マイカーリース契約前に知っておきたい、車種の違いや新古車による違いなどを解説

「新車を購入したいがローンのことが気になる」、「事業者として管理する車の車検費用や税金を抑えたい」といった人におすすめなのがマイカーリースです。

一定料金を支払うだけで、メンテナンス費用と税金が不要になり、新車を購入することなく月額料金だけで乗りたい車を選べるでしょう。

今回は、マイカーリースを車種から選ぶ方法や他のローン、レンタルなどとの違いを比較するなどして詳しく解説します。

マイカーリースは車種で選べる?こだわりの新車を探す方法!

マイカーリースとは、月々の定額料金で車を提供する新しい車の所有の仕方です。所有者はリース会社となるため、実際は使用者名義だけが利用者の名前を冠しますが、レンタル特有のわナンバーではなく、通常ナンバーの車に乗ることができます。

マイカーリースは賃貸契約に似ている

最近、サブスクリプション方式が増加しているため、改めてマイカーリースの方式にも注目が集まっています。

ローンで車を購入するのではなく、1日1台のレンタルでもなく、毎月(月額あるいは月々)の料金を決めて車を使用する方法です。いわゆるアパートやマンションを借りるときの賃貸借契約に近いと考えましょう。アパートに例えるのであれば、1人で車をカーリースする場合は独身アパートを賃借して住む感覚です。

アパートに住み始めてもその建物は本人のものになりませんが、居住者(使用者)の名義は本人のものとなるでしょう。したがって、マイカーリースはアパートに住むことに近い車の使い方という見方ができるのです。

当然、審査して借りた部屋は破損があれば返すときに修繕しなければならず、その費用負担が発生します。マイカーリースでも車の状態によっては違約金や修理のための修繕費などが発生するでしょう。法人契約の場合は、法人の名義でアパートを借りると想定すれば、法人のマイカーリースの在り方も良く分かります。

そして、マイカーリースを契約するためには、リース会社との話し合いでプランや金額を決めることが必要です。希望のプランが合っても毎月(月額/月々)の料金を捻出するのが難しければ、審査以前にリース契約できません。

逆に、月々(月額)のプランと希望する車種や装備に合意がなれば、その車をある程度自由に乗ることができます。それらが済んだ後は、審査によってリース契約できるかどうかを確認する最終段階に入ります。違いがあるとすれば、返却の際に残価の差額を支払う契約が存在することくらいでしょう。

残価とは

残価は車の相場価値を考える上で不可欠な下取り価格を決定するときの「残存価格」のことです。残存、つまり、月々の支払いとは無関係に5年後や10年後にその車が年数経過した際に、どれくらいの価値を残しているかを示す指標です。残価が10年後に30万円しか残らない場合は、300万円の車であっても残価は30万円となります。

マイカーリースでよく残価という用語が出てくるのは、審査前の価格設定や料金プラン(月額いくらで月々どんな費用が含まれるか)がそもそも残価を基準に決められているからです。

5年リースする予定で5年後の価格が100万円残っていれば、リース価格は300万円から100万円を引いた200万円から月々の価格や月額料金が算出されるのです。当然、そのリースした車種の価格が市場で急落すれば、予定された残価の差額を支払う必要があります。

人気の車種から選ぶ

マイカーリースを選ぶときは、当然ながら、乗りたい車種やグレード・装備から選ぶのが基本です。特に、車種のチョイスは車を決めるときには重要な要素です。

車種とは、保険で自動車の区分(普通自動車など)をするためのものですが、ここでいう車種とは車名のことです。車種と車名は出てくる状況によって紛らわしいため、マイカーリースでは車種を車名として定義しておくのが一般的です。車種が別々の意味を持つと車の車種を選ぶときには混乱してしまいます。これからマイカーリースで車種選びをする際は念頭においておきましょう。

トヨタならアイシスやアルフォード、日産ならセレナ、スズキならハスラーといったように、話題の車や人気の車を車種から選ぶのは新車に乗る際の一つの楽しみ方でもあるでしょう。「この前トヨタでフルモデルチェンジして新型が発表されたからこれに乗ってみたい」などマイカーリースを利用することで夢が膨らむでしょう。

基本的におすすめのロートピアやオリックス、ニコニコ、コスモなど国内リース会社のほとんどは国産メーカーの車種を選べる仕組みです。車種から型式や年式などを考慮して選択すれば乗りたい車種をお得なプランで契約できるでしょう。

メーカーから選ぶ

マイカーリースの車種を選ぶ前に決めておきたいのがメーカーです。車のメーカーといえば、日産、トヨタ、ホンダ、スズキ、スバルなどが有名でしょう。高級車や外車ならレクサスなども選択肢に挙がります。

日産、トヨタ、ホンダのようにディーラーが直営でカーリースを提供するところもあります。その場合、メーカー選択は一つに絞られます。それは、ホンダならホンダ、トヨタならトヨタといった具合で、自社メーカー以外のカーリースはできない仕組みです。

トヨタのディーラーがカーリースを提供しているわけですからある意味当然ではあります。トヨタ社のメーカーが車種に別のメーカーを進めることにメリットはほとんどないからです。

ようするに、トヨタはトヨタの車種としてのクルマだけを新車のトヨタのメーカー側が購入し、改めてトヨタの車種から気に入ったクルマをマイカーリースとして使用してもらうのが、トヨタディーラーにとっては車種の選択としても経営戦略的に不可欠な訳です。

トヨタの例だけでなく、他のディーラーも似た状況にあります。ただし、オリックスのような総合リース会社は、特定のメーカーや車種をリースしなくても良いため、オリックだけのブランドにこだわらないオリックスならではの全般的なマイカーリース契約が可能です。

新車・中古車を選択する

車には大別して新車と中古車があります。車種を選んでも新車か中古車かが決まっていなければ先へは進めません。新車・中古車の用語は、原則、乗っていない新しい車を新車、すでに誰かが乗って使われた車を中古車と呼びます。それ以外にも新車が新しく出た車を指す場合もあるでしょう。

中古車市場に出まわるのは基本中古車で、新車はほとんどありません。レンタカーも実質的には中古車です。そして、マイカーリースは、新車と中古車を選ぶことが可能です。もちろん、新車よりも中古車の方が安い傾向にあります。

リースする車は残価の設定で定額料金が決まるため、残価の低い中古車の月額(月々)の定額が安いのは当然でしょう。自家用車のように新品を乗り回したいという場合は、多少定額による月額(月々)の料金が高くなったとしても新車を選ぶと良いでしょう。

グレード、タイプ、装備から選ぶ

メーカー、車種、新車・中古車まで選択したらそれで終わりではありません。マイカーリースでは、車種の選択で満足してしまい忘れがちなのがグレードや装備です。

新車で最新の車種・グレードを選択したが、実際には付いていると思っていた装備が外れていたという話しもない訳ではありません。

実際、グレードや装備は月額料金に大きな影響を与える部分のため、しっかり契約の中でグレード・装備をチェックしないと最新装備なしの車種だけ指定した車を乗る羽目になります。安いから子のプランにするという使い方だけでは不十分なのがマイカーリースです。

したがって、マイカーリースのグレード、タイプ、装備を選んだ上での定額の月額(月々)料金をじっくりと検討するというスタンスで検討するのが正解です。

先に「どんな特徴の車が良いか?」という条件から選びたいときは、特定の車種やメーカーにこだわらず、横並びにグレード、タイプ、装備を比較して選ぶのもおすすめです。

ちなみに、装備はプランの中でもオプション扱いになるため、料金が高くなる可能性があることには留意しておきましょう。

車種から選ぶカーリースと新車購入・レンタルとの違い

新車購入やレンタルは車種選びに時間をかけて納得のいく車を探すように、マイカーリースでも同じように車種選び方始まります。しかし、その両者には大きな違いがあるため、比較して詳しく解説します。

新しい車種をローンで購入する場合で比較

ローンは支払い方法として金額の大きな車や住宅などを購入するときに良く利用されます。では、マイカーリースの料金プランとはなにが違うのでしょうか。

頭金不要・初期費用無し

車をローンで購入するとき、最初に必要となるのが頭金です。それに対して、カーリースで契約するとその頭金は発生しません。初期費用などもないため、現金をある程度用意しなくてもいきなり新車に乗れてしまうのがマイカーリースの魅力です。

定額料金だけ?ボーナス払い・税金・車検・エンジンオイル交換の有無

ローンでは頭金と年2回のボーナス払いを基本とした月額のシミュレーション(シュミレーション)によって月々の価格が決定するでしょう。車は所有する本人が税金を支払い、エンジンオイル交換や車検なども費用を自己負担します。

一方、マイカーリースにもボーナス払いは存在しますが、税金・車検・エンジンオイル交換などに自己負担費用は一切ありません。

事故の場合の修理費用などはかかるプランもありますが、そういった特殊な場合を除けば基本定額(月額)料金だけ支払いで気に入った車に乗れるのです。つまり、マイカーリースでは車検やメンテナンスにかかる費用を月額プランにまとめてくれます。

乗りたい車をレンタルするときとの違いは?レンタルより自由度が高い!

メーカーや車種に関係なく、マイカーリースで契約した車は、所有者のように扱うことができます。例えば、よく知られているのは、駐車場に保管するなど普段からマイカーとして扱えることです。

先の見出しでも取り上げたように、レンタカーのわナンバーではないことも所有者のような扱いができるためには不可欠な点でしょう。

また、マイカーリースでよく用いられる契約内容としては、月額支払いではあるもノンお3・5年のどちらかを選ぶ場合や2~5年より1年単位で選択して決める場合など契約年数のパターンが存在します。

2年未満のような長短期のカーリースはリース会社としても損失が大きいので原則組めませんが、3~5年程度が一般的に利用されるマイカーリースの契約期間なのだと把握しておきましょう。

マイカーリースは車種によって月々の料金相場が異なる

マイカーリースでは、車種により費用相場が違うように契約するプランの月額料金にも車種の選択が影響します。相場が高く残価の設定次第では他の車種よりも割高の見積り料金となるケースがあるのです。

フラットで毎月変わらない料金プランが魅力のカーリースではあってもその前提となり月額料金が高ければ、全体費用も割高となるでしょう。

マイカーリースの料金と希望の車種を両立させる場合は、グレードや装備で調整するか、車種を複数検討しておき、残価やプランの金額を安く抑えられるところで妥協するなどの選択肢も必要となるでしょう。

おすすめのマイカーリース会社は「ロートピア」

全日本ロータス同友会荷関連した会社としてマイカーリースを提供するのが「ロートピア」です。

個人・法人向けにそれぞれカーリースのサービスを提供しており、「新☆車生活」として1万円からのプランをそれぞれ見積もりにあわせて料金をカスタマイズしてくれます。

国産全てのメーカーに対応しているなど、マイカーリースで乗りたい車種が必ず見つかる「ロートピア」をリース先に検討してみるのはいかがでしょうか。

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー