マイカーリース
新車も中古車も選べるマイカーリースがおすすめな理由とは

マイカーリース なら新車、中古車どちらも選べるものが良い理由とは

自分や家族専用の車を入手する方法としては、購入するという方法が一般的です。しかし、最近はその人の生活スタイルに合わせて、カーシェアやマイカーリースなど様々な利用方法が見られるようになりました。

マイカーリースというと新車というイメージもありますが、実は中古車で利用することもできます。

しかし、中古車のマイカーリースは、新車と違い注意点も多く存在。

そこで、この記事では中古車のマイカーリースをテーマに特徴やデメリット並びに選び方の注意点などを詳しく解説していきます。

中古車のマイカーリースを検討している方はぜひ参考にしてみて下さい。

マイカーリースとは

クルマを利用する方法の一つに、マイカーリースがあります。これは、どのような形でクルマを利用することになるのでしょうか。

また、中古車でもマイカーリースを利用することはできるのでしょうか。マイカーリースを利用する前に、こうした気になる疑問点について確認してみましょう。

カーリースとは

サブスクリプションというサービスを聞いたことがある方も多いと思います。これは定額料金を支払って、一定期間サービスを受けること指しています。

たとえば定額料金を支払う代わりに、音楽であれば聴き放題、動画であれば見放題、書籍や雑誌などであれば読み放題となるシステムのことです。

マイカーリースは、言ってみればクルマのサブスクリプションです。クルマを所有すると、自動車税や車検など様々な維持費がかかります。マイカーリースではこうした維持費をまるまる含めた形で、月々定額で費用を負担していきます。

マイカーリースとは、自分で選んだクルマを一定期間、頭金なし、月々定額で利用できるサービスです。毎月の支払いする料金の中には、利用中の自動車税や車検などの諸費用も含まれていますので、クルマを所有しているときのように、まとまった出費がないので、計画的に利用できます。

リースの期間中は、所有しているのとほぼ同じで自由にクルマを使えます。またレンタカーとは異なるので、ナンバープレートも「わ」ナンバーではありません。

マイカーリースの仕組み

それでは、マイカーリースとはどういう仕組みなのでしょうか。

まず新車の場合ですが、マイカーリースの利用者が自分の好きなクルマを選び、リース会社がクルマを購入して納車します。利用者は毎月定額のリース料を支払うことでクルマに乗ることができます。

リース会社の中には、毎年のようにリースやレンタカー用の車両を大量に購入する会社もあります。その場合、新車でも有利な条件で購入できるので、リース料金も安く抑えることが可能になります。

とくに大手のオリックスや、カーディーラーのトヨタやホンダのような会社であれば、新車でも月々の費用を安く抑えられます。毎月定額で支払うリース料を少しでも減らしたいのであれば、これらの会社を選択するのも一つの手です。

つぎに中古車の場合ですが、リース会社が厳選した中古車のなかから、好きなクルマを選ぶことになります。利用者は、中古車の車種や車体のカラー、年式、走行距離、車両の状態などを確認して、リース会社と契約を結びます。

中古車の場合、新車のように自分の思い通りの車を選べませんが、その分費用を抑えられます。リース会社は、年式や走行距離、車両の状態の良い車を厳選していますので、中古車であっても比較的安心して利用できます。

これも大手のオリックスや、トヨタやホンダのようなディーラーであれば、程度の良い中古車を大量に仕入れられます。その中から厳しい審査をクリアした中古車であれば、中古車といえども安心して乗ることが可能です。

また、オリックスやトヨタ、ホンダのような大手の会社であれば、中古車でも保証はしっかりしています。

なお、新車の場合も中古車の場合も、リース契約満了時は、そのクルマを買い取るか手放して別のクルマに乗り換えるかを選びます。

オリックスのように、中古車の場合はマイカーリース終了時に無償で譲渡する会社もあるようです。このあたりはディーラーなどによって違いがあるため、確認しておきましょう。

新車と中古車のマイカーリースの特徴と人気の理由

それでは、マイカーリースの特徴とはなんでしょうか。とくに購入したときとの違いについて比較してみたいと思います。

月々定額費用の明朗会計で安心

クルマをローンで購入した場合、月々のローンの支払いの他に、自動車税などの税金や車検などの維持費がかかります。

自動車税は毎年納めなければいけませんし、車検時には重量税や自賠責保険料、車検費用などをまとめて支払うことになるため、まとまったお金が必要になります。

また、クルマのメンテナンスにかかる費用も、思った以上にかかるものです。こうしたお金の心配をしなくてもすむことがメリットと言えます。

中古車の場合、新車よりもメンテナンス費用がかかることが多いでしょう。マイカーリースであれば、メンテナンス費用も定額費用の中に含まれていますので、中古車であっても急な出費に悩まされることは少なくなります。

マイカーリースの特徴としてまずあげられるのが、車検の費用や自動車税などの税金などの維持費が、毎月支払うリース料に含まれているということです。毎月一定額ですので計算しやすく、また先々の出費もわかりますので、家計の管理がしやすくなります。

購入と違い頭金が不要

一般的に、クルマをローンで購入するときは、頭金が必要になります。しかしマイカーリースの場合は、不要な場合が多くなっています。

またクルマを購入する場合は、購入時の税金や登録にかかる諸費用などもかかります。多くのマイカーリースでは、こうした費用も料金に含まれているため、クルマを手に入れるときにまとまったお金を用意しなくても済みます。

中古車であっても程度が良いクルマであれば、購入するとなると思った以上にお金がかかることがあります。マイカーリースで中古車を契約すれば、頭金なしで利用することが可能です。

車の使用者名義はマイカーリース会社

マイカーリースでは、リース会社がクルマの所有者となります。これを聞いて驚く方もいるかもしれませんが、車を利用する上で支障が出るようなことはありません。車の使用者名義はリース契約を結んだ本人、つまり実際に車を利用される方になりますので、なんの不都合もなくクルマを利用できます。

これは、ローンを組んだときに、クルマの所有者がローン会社になるのと同じです。ローンで購入した場合も、クルマのローンが完済するまでは所有者はローン会社で、使用者はローンを組んでクルマを購入した方となります。

クルマを購入する際も、一般的にはローンで購入する方が多いと思います。所有者がローン会社だからといっても、毎月のローンを支払っている限りは、不都合なことが起きるということはありません。

マイカーリースの場合でも月々の支払いをきちんと行っていれば、なんの不都合もなく利用できます。日々の利用において問題になることはないと考えておいてよいでしょう。

デメリットは

毎月の支払いが定額で頭金も0円となると、いいことばかりのような気がしてきます。しかし、当然ながらデメリットもありますので、詳しく見ていきたいと思います。

走行距離に上限がある

基本的に、マイカーリースでは走行する距離の上限が決められています。この上限の走行距離が短い方が、毎月支払うリース料金は安くなります。

そのため、業者の中には料金を安く見せるため、この走行距離を極端に短くして宣伝している場合もあるようです。上限の走行距離を超えてしまうと、違約金が発生しますので注意した方が良いでしょう。

とはいえクルマの使い方にあわせて、はじめから適切な走行距離を設定しておけば問題はありません。契約を結ぶ際は、走行距離に気をつけて必ず確認するようにしてください。

違約金に注意

マイカーリースではクルマの利用状況によって、違約金が発生することがあります。たとえば定められた走行距離の上限を超えた場合や、クルマを傷つけてしまった場合などです。

とくに事故を起こして全損してしまった場合などは、そのまま中途解約になります。そのような場合は、契約した料金の残り全額をまとめて支払うことになりますので、高額な支払いが必要になる可能性が高くなります。

また契約の途中で解約した場合も、違約金が発生します。クルマが不要になったから途中で解約したいとか、海外転勤などでクルマを手放さなければならなくなったといった場合には、違約金を支払うことになります。

残価清算のリスク

残価設定型の場合、マイカーリース終了時に残価清算をしなければなりません。

ここでいう残価とは、契約時にリースが終了した時点でのクルマの査定価格を予想した金額のことを指します。

利用していたクルマを、マイカーリース終了後もそのまま使い続ける場合は、この残価と実際の査定価格との差額を清算する必要があります。

なお契約によっては残価設定がなく、終了時に残価清算をしなくても、クルマが自分のものになるケースもあります。ただし残価設定をしない場合は、マイカーリース料の月額が高くなります。

いずれにしてもマイカーリース終了時に残価清算が必要になるのか、必要な場合はいくらになるのか、確認をしておいた方がよいでしょう。

割高になる可能性がある

マイカーリースの場合、メンテナンス費用や税金にも金利がかかります。この金利は、一般的な銀行ローンよりも高めとなっています。そのため最終的にそのクルマを購入することを考えていて、なおかつ支払総額が少ない方がいいという場合には、あまりおすすめできません。

しかしこの方法でクルマを購入する場合も、さほど割高にならないケースもあります。購入する車種によって条件がかわるため一概には言えませんが、残価設定型のマイカーリースや、中古車を購入する場合です。

残価設定型のマイカーリースの場合、あらかじめ契約期間終了後の残価が決められています。その残価分を差し引いた金額をリース料として支払い、契約終了時はクルマを返却するか、別のクルマに乗り換えるか、ローンを組んで乗り続けるという選択ができます。

またもともと車両価格自体が安価な中古車で残価設定型を選ぶことで、さらに支払う金額を抑えることもできます。

中古車を選ぶ利点は、価格だけではありません。オリックスのようにマイカーリースを数多く扱っている会社であれば、いろいろな人気車種を選ぶこともできます。ホンダのN-BOXのように660CCのエンジンを積んだ人気の軽自動車の中古車や、4WDのSUV、ハイブリッド車など様々な車種からクルマを選ぶことが可能になっています。

中古車の場合の注意点

つぎに、中古車をマイカーリースで利用するときに、どのような点に注意すれば良いかについて見ていきたいと思います。

車の状態

以前は、カーリースを利用するのは法人が多かったのですが、最近では個人でも利用する方が増えてきています。それに伴い、中古車をマイカーリースで手に入れたいという需要も増えています。

また中古車販売店のなかにも、マイカーリースを積極的に取り入れて販売台数を増やしているところもあります。

中古車はそれぞれの車が同じ状態ではありません。同じ車種でも状態の良い車もあれば、悪い車もあります。中古車の場合は新車とは異なり、同じ車種であっても車の状態をきちんと比較して選ぶ必要があります。

マイカーリースの場合は、車検やメンテナンスなどにかかる費用も含まれていることがほとんどです。契約の内容にもよりますが、修理などにかかる費用も月々の支払いのうちに入ることもありますので、中古車であっても修理費用を抑えることができます。

とはいえマイカーリースでは、契約途中で解約すると違約金が発生します。中古車を選ぶ場合は年式や走行距離だけでなく、内装のへたり具合や外装の傷などをしっかりと確認して、程度の良い車を選ぶよう心がけた方が良いでしょう。

大手のオリックスや、カーディーラーのトヨタやホンダのマイカーリースであれば、中古車も数多く取り扱っています。自分のお気に入りのクルマや、人気の高いハイブリッド車やSUVなどの4WDのような中古車もありますので、新車と比較してどっちの方が良いか検討してみるのも良いでしょう。

残価設定に注意

中古車は新車と比較して価格が安価です。したがって支払い金額も少なくて済むのですが、注意しなければいけないのは残価設定です。

購入時の車の価値が低いため、数年後の価値を予想して決める残価も、0に近い数字になってしまうことがあります。そのため、残価設定をして月々の支払金額を決めようとしても、残価を設定しなかった場合とあまり変わらないケースも出てきてしまいます。

以前は、一定以上の年数の経った中古車は価値が0になってしまうという考え方が一般的でした。ところが最近は、買取専門店が増えたこともあり、中古車も5年や10年くらいでは価値が0になることは少なくなってきています。

中古車でも多少なりとも残価があるようであれば、その金額を差し引いて月々の支払金額を決めることができます。中古車は新車に比べて安いので、残価設定ができれば月々の支払いをさらに減らせます。

マイカーリースの場合、新車の方が残価設定は高くなりますので、車種によっては中古車とあまり月々の費用が変わらなくなることもあります。新車が良いか中古車が良いか、しっかりと比較すると良いでしょう。

マイカーリース会社を選ぶ

中古車をマイカーリースで利用するときは、とくにお客さまの評価が高い会社を選ぶ必要があります。小さな会社では万一のときに保証が受けられないといったことも考えられます。

新車であれば故障する確率も低いですが、中古車の場合は故障する可能性も高くなります。定額の料金が安いからといって、ほかのお客さまからの評価が低い会社を選んでしまうと、あとあと後悔することになるかもしれません。

マイカーリースは、一定の期間解約ができません。したがって、中古車を選ぶ時は保証がしっかりした会社を選ぶことが重要です。

その点、オリックスのようにマイカーリースを手広く扱っている会社や、トヨタやホンダのようなカーディーラーであれば、保証もしっかりしています。

月々の定額料金もそれほど高いものではありませんので、マイカーリースの会社を選ぶときは、費用だけを比較するのではなく、保証についても確認した方がよいでしょう。

マイカーリース会社選びにはロートピアがおすすめ

マイカーリースを選ぶ際に迷ってしまった方は、ぜひともロートピアを検討してみてください。ロートピアはマイカーリースを格安で提供している会社です。

値段が安いだけではなく、定額料金のプランを車検代などが含まれた「車検プラン」、車検プランに加えて法定点検や安全点検まで含まれた「安全プラン」、さらにはタイヤ交換やブレーキパッド交換料金まで含んだ「充実プラン」の3つの料金プランからご自身の利用方法に合わせて選択可能です。

リース期間後も返却・延長・乗り換え・買い取りと多様なリース終了後の選択ができ、都合に合わせて選べることがうれしいポイントです。

車種もトヨタ・日産・ホンダ・スズキ・ダイハツなど国内外問わず自由に車種から選べるため、選択肢が多くなっています。マイカーリースの会社選びで迷ってしまった方は、ぜひロートピアを検討してみてください。

まとめ

車を購入したとしても、同じ車に長期間乗り続ける方は意外と少ないものです。生活環境や家族構成の変化によって、3年から5年程度で買い替えることが多いのではないでしょうか。

同じクルマに長く乗りたい人にはあまり向いていないかもしれませんが、何年かおきに乗り換えたいという方や、ライフステージを考えて、将来クルマを買い替えなければならないような方にとっては、支払い額も一定で、その間大きな出費が不要なマイカーリースは、クルマの入手方法の一つとして、検討する価値のある方法だと言えます。

とくに中古車をマイカーリースで利用する場合は、新車のときよりも月々の支払いを抑えることができます。中古車でも程度の良い車は多くなっていますので、車を買い替えたいけれど毎月の出費をより少なくしたい方にとっては、中古車は良い選択肢になるでしょう。

マイカーリースは、常に新しいクルマに乗り換えていきたいという利用者にとって、計画的に支払いのできる購入方法です。少しでも安価にクルマを買い替えたいという場合は、新車だけを比較するのではなく、中古車も視野に入れたうえで、それぞれの残価もきちんと比較して、クルマ選びをすると良いでしょう。

々8,800円(税込み)から新軽車に乗れちゃう!?お得なプランをご紹

フッターバナー
フッターバナー